[ カテゴリー:食育 ]

そのゴミ箱…危険!「糖尿病」になりやすい人の家の特徴5つ

治療しないで放置しておくと、恐ろしい合併症を引き起こす糖尿病。平成26年10月のある1日に糖尿病の外来で医療機関に訪れた人は、ざっと22万人にも上ったといいます。ちょっと驚きの数字ですよね?

糖尿病は生活習慣病の1つ。生活習慣はその人の家にいろいろな形で表れますから、家を見ればある程度その人の糖尿病リスクが分かるといいます。

そこで今回は、厚生労働省や世界保健機関(WHO)などの情報を基に、糖尿病のリスクが高い人の家の特徴をまとめます。

 

■1:ゴミ箱にタバコの吸い殻やお酒の缶がたくさん見つかる

ゴミ箱にタバコの吸い殻や、お酒の缶・瓶がありませんか? 厚生労働省によればお酒の飲み過ぎは、糖尿病のリスクを高めるとか。

喫煙も血糖を上昇させ、血糖値を下げるインスリンの働きを妨げるそう……。要注意ですね。

 

■2:たんすにスポーツウエアがない!

たんすにスポーツウエアはありますか? スニーカーは靴箱にあったとしても、運動をしていない人の家にスポーツウエアはないはず。

WHOも指摘していますが、運動不足は肥満のリスクを高めます。肥満は糖尿病を引き起こす主な原因の1つ。ぜひスポーツウエアをそろえましょう。もちろん、揃えるだけではダメですよ。

 

■3:体重計がない!

米コーネル大学の調べによると、家に体重計がない、あっても頻繁に乗っていない人は、体重が重くなる傾向があるとか……。肥満は先にも書いたように糖尿病の引き金に。なければ用意して、定期的に計りたいですね。

 

■4:ゴミ箱にポテトチップスや即席めんの容器がたくさん!

ポテトチップスや即席めんなど、カロリーの高い食べ物の容器がゴミ箱にたくさん入っていませんか?

あくまでも一例ですが、文部科学省の食品成分データベースによると、即席めん100gのカロリーは448kcal。ポテトチップスは554kcal。食べすぎれば当然、肥満の原因になりますよね……。

 

■5:洋菓子の袋がゴミ箱にいっぱい!

チョコレートケーキやパフェなどの洋菓子は、脂質を多く含みます。脂質は1gあたりのカロリーが高く8kcal。

適度に楽しむ分には全く問題ないのですが、口当たりがいいのでぺろりと食べられてしまいますよね。食べすぎの人は既におデブ化している恐れも……。

 

以上、糖尿病リスクの高い家の特徴をまとめましたが、いかがでしたか? 自身の家を繰り返しチェックしてみてください。

(ライター 坂本正敬)

http://wooris.jp/archives/182153


食べるだけで寿命が延びる?1日1皿で「死亡率が5%も下がる」食品とは

新年に「健康で長生きできますように!」とお願いした人もいると思います。自分だけでなく、家族の長生きを願った人もいるはずですよね。

ただ、健康で長生きしようと思ったら、実際に何をすればいいのでしょうか?

そこで今回は、ハーバード公衆衛生大学院の情報を参考に、“1日1皿食べるだけで長生きできる食べ物”を紹介します。

 

■野菜や果物は死亡リスクを下げる!

あなたは年末年始、野菜や果物をたくさん食べましたか? 油断をするとすぐに不足してしまいますが、ハーバード公衆衛生大学院の調べによると、1日の合計で5皿の野菜や果物を食べると、平均25%も死亡リスクを下げられると分かったそうなんです。

「1日5皿も!?」と驚いてしまうかもしれませんが、1日には3回食べるチャンスがありますし、果物も含めれば決して高過ぎるハードルではないはずです!

のべ約83万人の被験者が参加した16の既存の調査を、ハーバード公衆衛生大学院が分析。その結果、野菜や果物を1日に1皿増やすごとに、死亡率が5%下がると分かりました。つまり、“5皿を食べると25%下げられる”計算なのです。

ただ、人間の体は健康に役立てられる栄養素の量に限りがあります。6皿以上食べても死亡率は5皿と変わらなかったそうですから、健康で長生きしたい人は1日5皿が目標になります。

 

■野菜や果物をたくさん食べる方法は?

「でも、夫の外出中はコントロールできないし」という方、確かにそうですよね。その場合は、まず外食や飲み会での注文方法を変えさせてみては?

例えば、お昼に夫がラーメンを食べているとしたら、野菜ラーメンをオーダーさせる。牛丼やカレーライスを食べているならサラダも注文させるなど、外で野菜を食べるように仕向けるのです。

あるいは、お昼ご飯を野菜たっぷりのお弁当に切り替えたり、冬の今ならみかんを夫に持たせて食べさせたりする工夫も良いかもしれません。

また、一般的に生野菜より火を通した方が量をたくさん食べられます。自宅での食事は、生野菜サラダを毎食出すわけにはいかないと思いますので、煮たり焼いたり蒸したりして野菜を食卓に並べてみてください。

 

以上、1日1皿で死亡率が5%も下がる野菜や果物の効果をご紹介しましたが、いかがでしたか?

健康にいいと分かっていながら、どうしても不足してしまいがちな野菜と果物。調理や外食時のオーダーを工夫して、量を増やしたいですね。

(ライター 坂本正敬)

http://wooris.jp/archives/181744


えっ…ショウガも?うっかり食べてしまうと「体を冷やしてしまう食品」4つ

体の芯まで冷え切る寒い日は、担々麺、麻婆豆腐、カレーうどん、チゲなどの料理が恋しくなりませんか?

「辛〜くて温かいものを食べて、冷えた体を温めよう」と思う人も多いですが、これらを食べて本当にあなたの体は温まっているのでしょうか?

実は、食べ方や食べた後の行動によって体を冷やしていることもあるんです! せっかく体を温めるために食べたのに、「なんだか逆に冷えて寒い……」なんてことにならないように、管理栄養士の筆者が、うっかり食べてしまうと“体を冷やしてしまう食べ物”についてご紹介いたします。

 

■1:生の生姜

“しょうが”は体を温めるということで女性に人気の食材ですが、生で食べるとかえって体を冷やす働きがあるのをご存知でしたか?

熱がでたり、体が火照っているときには生のしょうがを食べるようにし、体を温める働きを期待するのであれば、熱を加えたり、天日に干したものを食べたりするようにしてみてください。

 

■2:生のトマト

同じように、“トマト”も生のままでは水分が多く、体を冷やしてしまいます。この時期は、なるべく熱を加えて食べるようにしたいですね。

 

■3:豆板醤や唐辛子

豆板醤や唐辛子などの調味料を使った辛〜い料理は、体を温めるというのは知られていますよね? 確かにこれらは食べると血行促進作用があり体を温めます。

しかし、食べることで体を冷やすこともあるんです! それは、発汗作用といって、汗を出す働きによるものです。

食べた後に汗をかいてそのまま放置したら、その汗のせいで体は冷えてしまいます。せっかく辛い料理で体を温めても、その後体が冷えてしまってはもったいないですよね!

 

■4:甘味

糖分の多い甘味は体を冷やすので、デザートの後は、ノンカフェイン飲料をゆっくり飲むようにするといいです。

ほうじ茶、紅茶、ウーロン茶のようなノンカフェイン飲料を“ぬるめ”でゆっくり飲むことも、体全体を温めてくれます。

 

いかがでしたか? 今回は、うっかり食べてしまうと“体を冷やしてしまう食べ物”についてご紹介いたしました。

体が冷えてしまうと、免疫力が弱くなったり、乾燥しやすくなったりするだけでなく、肩こりや腰痛もひどくなってしまうこともあります。体の芯から温めて、元気に冬を過ごしたいですね!

(ライター 望月理恵子)

http://wooris.jp/archives/177326


塩分のおはなし

12月は忘年会シーズンですね。年末年始はどうしても外食や飲酒の機会が
増えてしまいますが、私は夜に塩分を多めに摂ってしまうと翌朝顔がパンパ
ンにむくんでしまうので、外食する際は食事の内容に気を付けるようにして
います。

ところで「日本人の食事摂取基準2015年版」(厚労省)によると、健康な成
人の場合の一日の食塩摂取量は、男性8.0g未満、女性7.0g未満、ということ
です。(ちなみに計量スプーンの小さじ1杯で5gです。)
塩分を摂りすぎてしまったなーと思った時は、カリウムを含んだ食べ物を
水分と一緒に摂取すると、体内にある余分な塩分を排出する効果が期待でき
るそうです。(カリウムを簡単に摂れる食品で言うと、納豆、バナナ、豆乳、
青菜のおひたし、焼きいも・ふかしいもなどがあります。ただし、腎臓に機
能障害がある方はカリウムの摂取には注意が必要なようです。)
外食や飲み会が続くときなどは、上手に食べて自己管理、ですね☆

そういえば今月初めにニューヨーク市が、15店舗以上を展開する飲食チェ
ーン店に対して、1日当たりの塩分量を超過したメニューに「塩マーク」の
表示を義務づけた、というニュースを見ました。日本の商品は塩分や油分、
糖分が少ないことがアピールされていますが、アメリカは“多いから注意し
てね!”という表示なんですねf^_^;)


死亡者数4つ合わせてタバコ超え!? あなたの寿命を縮めるNG生活習慣4つ

長生きできるか・できないか、どちらかを選べと言われれば「長生きしたいな~」と普通は思いますよね?

ただ、寿命は生活習慣に大きく影響を受けてしまいます。喫煙は体に悪いといったイメージがありますが、それ以外にも寿命を縮めてしまう習慣が幾つもあるとご存じでしょうか?

そこで今回は、厚生労働省の情報を参考に、タバコ級に寿命を縮めてしまう悪習慣を4つまとめました。ぜひともチェックしてみてください。

 

■1:運動不足で毎年5万人近くが亡くなっている

最初のNG生活習慣は運動不足。運動不足は体に悪いといった印象がありますが、実際に運動不足で病死してしまった人は年間で5万人近く存在するそう。

特に循環器系の病気やがんには要注意。運動とはスポーツだけでなく、家事や育児なども含まれますので、運動不足の人は1日10分でも体を動かす時間を増やしたいですね。

 

■2:塩分の過剰摂取で年間3万人以上が亡くなっている

次のNG生活習慣は塩分の過剰な摂取。日本人の食事には塩が多く使われていますので、特に要注意ですね。

塩分濃度の高い食品や塩の摂取は、過剰になると胃がんリスクを高めると知られていますし、日本人には胃がん患者が実際に多いというデータも……。

塩分の過剰摂取はがんのみならず、高血圧を招き、循環器系の病気も引き起こします。塩分の過剰摂取で年間3万人が亡くなっているそうですので、ドキッとした人は日々の食事を見直したいですね。

 

■3:飲酒で年間3万人近くが亡くなっている

次は飲酒。大人になると、お酒の力を使って全てを忘れたくなる夜もあるはずですが、飲み過ぎも寿命を縮める要因に……。

飲酒は各種のがんリスクを高めると知られています。実際に飲酒が原因で年間3万人ほどが亡くなっているそうですので、お酒の飲み過ぎには要注意。

女性は1日350mlの缶ビール1本、ワインはグラス1杯までが限度とされています。それ以上飲んでいる自覚のある人はお酒の量を減らしたいですね。

 

■4:野菜や果物不足で年間1万人近くが亡くなっている

最後は野菜や果物不足です。野菜や果物の不足はがんのリスクを高めると考えられていますし、循環器系の病気のリスクも高めると分かっています。野菜不足で年間1万人近くが亡くなっているという統計も……。

できるだけ野菜や果物の摂取量を増やし、各種の病気を未然に防いで寿命を伸ばしたいですね。

 

以上、喫煙と同じく寿命を縮める各種の生活習慣をまとめましたが、いかがでしたか? 運動不足、食塩の過剰摂取、飲酒、野菜や果物の不足など、放っておくと誰もがやってしまいがちなNG習慣。十分に注意したいですね。

http://wooris.jp/archives/166346


エッまさかウチの子も…!? 気づかれにくい「子どものグルテン不耐症」症状4つ

米国では、“グルテン不耐症”の人用に作られた“Gluten-free(グルテン未使用)”のラベルがついた食品をよく見かけます。

グルテン不耐症は、小麦や大麦、ライ麦などに含まれるタンパク質へのアレルギーで、小腸に炎症が起き、さまざまな症状が出てきます。

近代は欧米並にパンや小麦粉を使ったお菓子を食べる日本でも、実は子どもがグルテン不耐症になっているのに気づかない可能性は大。

今回は、子どもがグルテン不耐症かもしれないサインを、海外の情報サイト『Real Fit Mama』、『WebMD』などの記事を参考にお伝えしましょう!

 

■1:腹痛、下痢

パンやピザ、ケーキなどを食べた後に、子どもが「お腹が痛い」と訴えたり、お腹がゆるくなることはありませんか? これは、グルテン不耐症の最も典型的な症状だそうです。

 

■2:肌の小さなボツボツ・湿疹

グルテンが消化機能に悪影響を及ぼすことで、角質が毛穴を塞ぎ、腕の上部やお尻などに小さなボツボツができる“毛孔性角化症”という皮膚症状が出ることもあるそうです。また皮膚に湿疹が出やすい場合も要注意。

 

■3:疲労しやすい・集中力がない

子どもは普通、エネルギー満点。なのに、やけに「疲れた」という言葉を連発していませんか? または、頭がボーッとして集中力に欠ける、という場合もあるそうです。

 

■4:イライラ・不安症・ADD

「うちの子、落ち着きがない……」「気分に浮き沈みがあるな」「キレやすくて困る」という精神的な症状の場合も、グルテン不耐症の可能性があるそうです。

 

いかがでしょうか? 子どもの心と体に上記のような症状があったら、症状だけではなく、その原因を追究してみましょう。

もしグルテン不耐症を疑うようなら、食品からパンなど小麦製品を抜いてみて、様子をみてください。グルテン不耐症は、食事から小麦製品などを完全に抜き、グルテン抜きの食生活を送るほかは治療方法がないそうです。

人間は、口にする食品に精神状態を含む体調が影響される場合も多いもの。麦類だけでなく、普段食べている食品に付着した農薬や殺虫剤などの影響も考えてみましょう。

http://wooris.jp/archives/166023


毒きのこ注意報を発令しました

9月26日、長岡保健所管内でクサウラベニタケによる毒きのこ食中毒が
発生しました。県は本格的なきのこ狩りシーズンを迎え、今後も毒きのこ
による食中毒の発生が懸念されることから、毒きのこ注意報を発令しまし
た。
クサウラベニタケは、秋に広葉樹林の地上に群生し、食べられるきのこ
のウラベニホテイシメジ、ホンシメジ、ハタケシメジ等とよく似ており、
誤って採取されて食中毒なることがあります。特にウラベニホテイシメジ
は、同じ時期に同じ場所で発生することがあるため、1本1本見分ける必
要があります。食べたときの症状は、おう吐、下痢、腹痛などの消化器症
状のほか、クサウラベニタケが持つムスカリンという毒素による発汗など
の神経症状も呈すことがあります。

今回の食中毒事件は「前に採って食べたきのこに似ていたから」という
不十分な知識で安易に採取した結果発生しました。
野生きのこを採取する際は、「○○という食べられるきのこ」と正確に
判断できるきのこだけを採取するようお願いします。それ以外のきのこは、
絶対に「採らない」「食べない」「人にあげない」ことをしっかり守って、
安全なきのこ狩りをお楽しみください。

にいがた食の安全インフォメーション/毒きのこ食中毒情報
http://www.fureaikan.net/syokuinfo/01consumer/con02/con02_03/con02_03_01.html


苦手な野菜を食べさせる方法を教えて!!

1歳半になる子供が、葉物野菜など苦手な野菜を食べません。お好み焼きなどに入れると食べてくれますが、メニューがマンネリ化してしまうのが悩みのママからの相談です。管理栄養士さんたちはなんと答えているのでしょうか。

苦手な野菜を食べさせる方法を教えて!!

ママからの相談:「苦手な野菜を食べさせるためのメニューがマンネリ化して困っています」

1歳半になる子供はたくさん食事を食べるのですが、葉物野菜やきのこなどを食べないことが悩みです。他の野菜は食べても、葉物やきのこはそのままだと食感が苦手なようで、お皿の中でよけてしまいます。お好み焼きやハンバーグ、オムレツ、芋巾着に入れてしまえば問題なく食べます。しかし、メニューがマンネリ化しているので、他に良い食べさせ方はないでしょうか?そのうち野菜炒めのキャベツを食べるようになりますか?(30代、女性)

切る形状を変えてみたり、お菓子に混ぜる方法もあります。

ミキサーを使って細かく刻む、煮込み料理にする、お菓子に混ぜ込むなど様々なアドバイスがありました。

『お好み焼きにすれば食べるのであれば、切り方を変えてあげると食べられるかもしれません。ほうれん草や小松菜はミキサーにかけポタージュスープにしてはいかがでしょうか。きのこ類や葉物は繊維質を感じやすい食材なので、2cmくらいの長さに切ると食べやすいでしょう。エリンギやえのきは人参やいんげんと一緒に薄切りの豚肉で巻いてみてはいかがですか。食べるときに1口大に切ると食べやすくなります。しいたけは挽肉を詰めて焼くと食べやすくなります。一度に数種類野菜が入ると食べにくければ、1種類ずつ慣れていくと良いでしょう。(管理栄養士)』

『キノコは小さく切って、ミートソースや餃子、グラタン、シチュー、カレー、コロッケ、チーズをのせてホイル焼き、炊き込みご飯、ホットケーキに入れたりしてはどうでしょうか?味も食感もほとんどなくなります。葉物野菜も同じように使えますし、果物と一緒にジュースにしたり、スープもできます。(看護師)』

『ホットケーキやカップケーキのような焼き菓子にすりおろした野菜をいれたり、ジュースやプリン、ゼリー、アイスなどにもできますよ。(管理栄養士)』

『葉物はやわらかく煮てお味噌汁の具や、ロールキャベツにしたり、温野菜にしてシーチキンなどと混ぜてはいかがでしょうか。ちょっと甘めの煮物など和風のお料理を活用しても良いですね。(看護師)』

食べ物も好みは成長で変化します。

食べ物の好き嫌いは成長で変化します。また、料理をしている様子を見せたり手伝わせることで、食べられるものが増えた実体験も教えてくれました。

『お子さんの好みは年齢とともにかわってきますので、そのうち好き嫌いも減ると考えます。我が家で一番好き嫌いの激しかった子供は、スープやジュースにすると野菜も食べられました。常に台所で料理をするところを見せたり、手伝わせたりするうちに、だんだん食べられないものが減ってきたようです。(薬剤師)』

刻んだり、煮込んだり、お菓子にしたりといろいろなバリエーションがあることがわかりました。野菜類は切り方ひとつで子供の印象が変わるようなので試してみるとよいかもしれません。

http://medical.yahoo.co.jp/diet/column/18329/


「骨粗しょう症予備軍」の20~30代にオススメの食べ物とは?

「骨粗しょう症」と聞くと、お年寄りがなる病気というイメージを持つ女性も多いのではないでしょうか? 実際に、50歳以上の日本人女性のうち3人に1人は骨粗しょう症だと言われ、60代、70代、80代と加齢するに従い、骨粗しょう症の割合は増加していきます。

とはいえ、若いからといって骨粗しょう症と関係がないわけではありません。むしろ、将来骨粗しょう症にかかるかどうかは、若い間の生活習慣にかかっているのです。いったい将来骨粗しょう症になる人とならない人には、どのような違いがあるのでしょうか?

◆そもそも…骨粗しょう症ってどんな病気?

「骨粗しょう症」とは漢字で「骨粗鬆症」と書きます。これは、骨の強さが低下して、まるで鬆(す)がかかったように骨のなかがスカスカの状態になってしまう状態を表しているからです。ゆえに、骨粗しょう症になると、わずかな衝撃でも骨折しやすくなります。また、骨全体が弱まっているため、一度骨折すると折れた骨が元に戻るのにも時間がかかります。

骨粗しょう症は、がんや脳卒中のように、その病気自体が命をおびやかすわけではありません。しかし、骨折をしやすくなることから、外出するのが億劫になり、どんどん身体が弱まっていき、次第に寝たきり状態になるケースが多いのです。骨粗しょう症によって、介護が必要になっている人も少なくありません。

◆若い人のなかにも、すでに「骨粗しょう症予備軍」である可能性も…

人は、加齢とともに骨密度が低くなり、骨粗しょう症になりやすくなります。女性の骨量は、18歳頃にピークを迎え、40歳を過ぎると徐々に減少していきます。つまり、年をとったときに骨粗しょう症になる人とならない人の違いは、若いうちにどれだけ「骨の貯金」を蓄えることができるかどうかにかかっているのです。

最近ではダイエット志向が高まり、適正体重よりも軽い体重を求めて過度なダイエットをする女性も少なくありません。無理なダイエットは次の3つの理由から、骨にとって悪影響を与えます。

・女性ホルモンの分泌が減少するから
急激にやせると卵巣の働きが低下し、女性ホルモンの分泌が少なくなります。この女性ホルモンは骨を壊す破骨細胞の働きを抑え、骨をつくるのを増進してくれる大事な役割を担っています。

・体重減少によって骨への負荷が少なくなる
骨は体重を支えることで強くなっていきます。体重が減少すると、骨への負荷が少なくなり、骨が強くなっていく仕組みがうまく働いてくれなくなるのです。

・骨に必要な栄養素が不足する
偏った食生活や極端な食事制限をすると、骨をつくるのに必要な栄養素が不足しがち。特に、カルシウムやビタミンDは、不足すると骨粗しょう症を招く要因になります。

それではいったいどうすれば、骨量の減少を抑制し、「骨の貯金」を蓄えることができるのでしょうか?

◆最近の研究でわかった骨量増に役立つフルーツとは?

2015年6月に開催された「骨粗しょう症の栄養学的側面に関する国際シンポジウム」のなかでは、プルーンが骨の形成を促すという研究結果が発表されました。

このなかで、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の内科教授であるバーナード・ハロラン博士が発表したマウス実験によると、餌にプルーンを取り入れたことで幼体期と成長期、そして若年成体と成体のマウスであっても、骨量の増加を助ける可能性が高いことがわかったのです。

さらに、過去の研究において閉経した女性が1年間にわたって1日100グラムのプルーンを摂取した結果、骨密度が増加し、骨の代謝が改善されたというのです。プルーンを摂取することによって骨量が増え、骨の老化を食い止める可能性が高いことがわかりました。

◆「健康な骨」をつくるために、出来ること

ヘルシーで自然な甘さに満ちている風味豊かなプルーンを摂取しておくことで、健康的な骨が育ち、将来の骨粗しょう症を免れることができるかもしれません。将来の骨粗鬆リスクを低減するため、小腹が空いたときの甘いおやつとして積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか?

参考:プルーンと健康な骨の関係(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000003337.html)

Mocosuku編集部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150908-00010009-mocosuku-hlth

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150908-00010009-mocosuku-hlth&p=2


原因は食事かも!落ち着きのない我が子に摂らせたい「たった1つの成分」

何度注意しても言うことを聞かない。朝から晩まで騒いでいる。バタバタ暴れてゆっくり食事もできない。こんな子どもに困っている家庭も多いのではないでしょうか。

こういった子どもの行動の原因、実は普段の食事にあるかもしれない、というのです。

そこで今回は、雑誌『クーヨン』2014年4月号の「台所からはじまる育児」の記事を参考に、“子どもを落ちつかせる魔法の食材”を紹介します。

 

ミネラル不足が原因

<子どもが落ち着かないのは、ミネラル不足が原因。ミネラルは成長に関わる重要な成分で、とくに子どもに必要です。また、白砂糖や添加物を摂ると、それらを消化する際に体内のミネラルをたくさん使ってしまうため、さらに不足してしまいます>

yasming’s kitchenを主催している陣田靖子さんは、このように話しています。落ち着きのない子も、めそめそしてしまう子も、食事で穏やかになれるというのです。

ただ摂るだけではNGで、大切なのはバランスです。体の中のミネラルがいつもアンバランスな状態だと、身体の調節や脳内の神経伝達に悪影響を与えてしまいます。そのために、気持ちの起伏が激しくなるのだそうです。

 

■質の良いミネラルが入った食材

体液のミネラルバランスと同じと言われる食材は以下の4つです。

(1)自然塩・・・ミネラルの供給源で一番重要な食材。体が必要とするすべてのミネラルをバランスよく含みます。

(2)みそ、しょうゆ・・・塩を多量に含むみそやしょうゆも、ミネラルの供給源となります。梅干しやつけものなど、自然塩を使った発酵食品もミネラルがバランスよく含まれています。

(3)海藻類・・・海水のミネラルをたっぷり含んだ海藻類も積極的に摂りたい食品。種類によって成分が異なるので、様々な種類の海藻を摂るようにしましょう。

(4)根菜類・・・野菜の中でも、土の中で育った根菜はミネラルが豊富です。海藻と同じく、種類によって成分が異なりますので、様々な種類の根菜を摂るようにしましょう。

もちろん、子どもが持って生まれた資質により、もともと活発な子どもがいたり、アクティブな子どもがいたりするので、これらの食材を使った料理で、すぐに効果が現れるというわけではないでしょう。

しかし、これらの素材を上手に作った料理を多く食べるようにすることで、そうした気質の出方がゆるやかになり、子どもが自然と落ち着けるようになるというのです。

 

以上、“子どもを落ちつかせる魔法の食材”でしたが、いかがだったでしょうか? せっかくバランスよく摂ったミネラルも、お菓子などのオヤツを食べ過ぎると損なわれてしまいます。子どもの食生活全体を考える必要がありそうですね。

さっそく今日から、普段の生活に意識して摂り入れてみましょう。

http://wooris.jp/archives/119568


団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp