[ カテゴリー:食の安全 ]

▽▲ 暑い日が続きますが食中毒に注意しましょう ▲▽

 ▽▲ 暑い日が続きますが食中毒に注意しましょう ▲▽

5月も後半に差し掛かりますが、暑い日が続いています。
気象庁によると、新潟県の春の平均気温はここ100年間で約2.0℃も
上昇しているそうです。
気温が高くなると食中毒菌が増殖しやすくなり、食中毒の危険性が高まります。
以下に紹介する食中毒予防の3原則を徹底し、食中毒を防ぎましょう。

◎食中毒予防の3原則
(1)細菌を「つけない」
   食中毒予防の基本は手洗いです。
   調理前や、お刺身や生肉、卵を触った後、トイレに行った後、食事前は手を洗い、
  手についた細菌を洗い流しましょう。
(2)細菌を「増やさない」
   料理や食材は冷蔵庫や冷凍庫で保管することで、細菌の増殖スピードを
  抑えることができます。
   また、調理した食品は、食中毒菌が増える前に、調理後2時間以内を
  目安に速やかに食べきりましょう。
(3)細菌を「やっつける」
   多くの食中毒菌は加熱することで殺菌することができます。
   加熱をする際は、食材の中心部まで、「75℃で1分間以上」しっかりと
  加熱しましょう。
   また、二枚貝などのノロウイルスによる汚染のおそれがある食品は、
  「85~90℃で90秒間以上」中心部まで十分に加熱しましょう。

(参考)にいがた食の安全インフォメーション「夏場の食中毒に注意しましょう」

(参考)東京管区気象台HP「北陸地方のこれまでの気候の変化(観測成果)」

▽▲ 暑い日が続きますが食中毒に注意しましょう ▲▽ はコメントを受け付けていません


有毒植物の誤食 農水省が注意

 有毒植物の“誤食”に要注意 死亡例も 農水省が注意喚起

有毒な植物を野菜や山菜だと勘違いして食べ、食中毒を引き起こすケースが発生しているとして、農林水産省がXの公式アカウントで注意を呼び掛けています。

農林水産省によると、有毒植物を食用のニラやギョウジャニンニクなどと勘違いして食べてしまうケースが発生しているということです。

ニラやギョウジャニンニクと間違えやすい有毒植物は次の通りです。

■ニラと間違えやすい有毒植物
スイセン、スノーフレーク(スズランスイセン)、キツネノカミソリ、ゼフィランサス(タマスダレ)など

■ギョウジャニンニクと間違えやすい有毒植物
イヌサフラン(コルチカム)、スズラン、バイケイソウ類など
⇒イヌサフランをギョウジャニンニクだと勘違いして食べたことにより、死亡した事例も

農水省は「食用かどうか確実に見分けられない植物は、採らない、食べない、売らない、人にあげない!を徹底しましょう」とXで注意を呼び掛けています。

有毒植物の誤食 農水省が注意 はコメントを受け付けていません


酒×エナジードリンク危険 農水省

 「お酒のエナジードリンク割りは危険」農水省が注意喚起 動画の影響?問い合わせ相次ぐ

お酒とエナジードリンクを一緒に飲むとカフェインの過剰摂取による健康被害につながりかねないとして、農林水産省が注意喚起している。5月8日に問い合わせが相次いだことを受けての対応で、同省は直前に人気ユーチューバーがお酒とエナジードリンクを一緒に飲む動画を投稿した影響とみている。

農水省は8日、「カフェインは、コーヒーや茶のほか、エナジードリンクにも入っており、過剰摂取すると、めまい、震えなどが起こる可能性があります」と公式X(旧ツイッター)に投稿。お酒とカフェイン入り飲料を一緒に飲むことで、「カフェインだけでなくアルコールの取り過ぎにつながります」と注意を呼びかけ、カフェインの過剰摂取による影響などをまとめた同省のホームページ(HP)を案内した。

HPでは、エナジードリンクの多用により中毒死した例もあるとして、カフェイン濃度の高い飲料などを紹介し、過剰摂取にならない飲み方を提示。一方で、適切に摂取すれば健康やスポーツパフォーマンスの向上に有用であることも紹介している。

同省食品安全政策課によると、8日午前中にお酒とエナジードリンクを一緒に飲むことによる健康への影響に関する問い合わせが8件あったという。その後も問い合わせが相次いだため、Xで注意喚起することにした。

問い合わせが急増した理由について同省は詳細を明かしていないが、「動画投稿サイトでお酒とエナジードリンクを一緒に飲む内容の動画を見たので問い合わせしたという声が一部であった」としている。

酒×エナジードリンク危険 農水省 はコメントを受け付けていません


酒×エナジードリンク危険 農水省

 「お酒のエナジードリンク割りは危険」農水省が注意喚起 動画の影響?問い合わせ相次ぐ

お酒とエナジードリンクを一緒に飲むとカフェインの過剰摂取による健康被害につながりかねないとして、農林水産省が注意喚起している。5月8日に問い合わせが相次いだことを受けての対応で、同省は直前に人気ユーチューバーがお酒とエナジードリンクを一緒に飲む動画を投稿した影響とみている。

農水省は8日、「カフェインは、コーヒーや茶のほか、エナジードリンクにも入っており、過剰摂取すると、めまい、震えなどが起こる可能性があります」と公式X(旧ツイッター)に投稿。お酒とカフェイン入り飲料を一緒に飲むことで、「カフェインだけでなくアルコールの取り過ぎにつながります」と注意を呼びかけ、カフェインの過剰摂取による影響などをまとめた同省のホームページ(HP)を案内した。

HPでは、エナジードリンクの多用により中毒死した例もあるとして、カフェイン濃度の高い飲料などを紹介し、過剰摂取にならない飲み方を提示。一方で、適切に摂取すれば健康やスポーツパフォーマンスの向上に有用であることも紹介している。

同省食品安全政策課によると、8日午前中にお酒とエナジードリンクを一緒に飲むことによる健康への影響に関する問い合わせが8件あったという。その後も問い合わせが相次いだため、Xで注意喚起することにした。

問い合わせが急増した理由について同省は詳細を明かしていないが、「動画投稿サイトでお酒とエナジードリンクを一緒に飲む内容の動画を見たので問い合わせしたという声が一部であった」としている。

酒×エナジードリンク危険 農水省 はコメントを受け付けていません


▽▲ 4~6月はカンピロバクター食中毒の予防強化期間です ▲▽

 ▽▲ 4~6月はカンピロバクター食中毒の予防強化期間です ▲▽

カンピロバクターは、鶏や牛などの腸の中で生息している食中毒菌の一種です。
食肉はカンピロバクターに汚染されていることがあり、生又は加熱不十分の肉を
食べると、1~7日間後に下痢、腹痛、発熱等の症状を起こすことがあります。
また、カンピロバクターに感染した数週間後に、手足の麻痺や顔面神経麻痺、
呼吸困難などを起こす「ギラン・バレー症候群」を発症する場合があることが
指摘されています。
 食肉のほかに未殺菌の井戸水や沢水などが原因となることもあります。

カンピロバクターによる食中毒は、令和元年から令和5年までの直近5年間で、
全国で1,018件発生し、患者数は6,513人でした。
春は気温が高くなり、バーベキューなどで肉を食べる機会も増えることから、
県では4月から6月末までを「カンピロバクター食中毒予防強化期間」と位置づけ、
重点的に啓発を行っています。
カンピロバクターの食中毒の予防方法をお知らせします。

<カンピロバクター食中毒の予防ポイント>
◎ 肉の予防ポイント
(1)生や生焼けの肉料理を避け、中心部までしっかり火を通す。
(2)食肉を扱った後は十分に手を洗う。
(3)食肉に触れた調理器具等は使用後洗浄・殺菌を行う。
(4)焼き肉をするときは、生肉と焼けた肉を扱う箸、トングなどを別に用意する。
◎ 水の予防ポイント
(1)水道が普及している地域では、水道水を飲用する。
(2)家庭で井戸水を飲用する場合は、塩素滅菌器を設置するか、十分に煮沸して
   から飲用する(未殺菌の水を飲用しない)。

カンピロバクターの特徴や県内の発生状況等については、こちらから御覧になれます。

▽▲ 4~6月はカンピロバクター食中毒の予防強化期間です ▲▽ はコメントを受け付けていません


受験シーズン、カフェインとり過ぎに注意 エナジードリンクなど過剰摂取で救急搬送や中毒症状も

 受験シーズン、カフェインとり過ぎに注意 エナジードリンクなど過剰摂取で救急搬送や中毒症状も

受験シーズン真っ只中。眠気覚ましのため、ついついカフェインに手が伸びる人も多いのでは? 子どもがとりすぎると、中毒症状や体に悪影響を及ぼすのにも注意が必要です。


大学入学共通テストも終わり、25日から国公立大学の入試が始まります。
 
夜遅くまで勉強するとき、眠気覚ましのためにコーヒーやエナジードリンクで気合を入れる!という受験生も多いのでは?

しかし、この時期に気を付けたいのが「カフェイン中毒」です。名古屋大学病院の山本尚範救急科長に聞きました。

Q.カフェインを取りすぎることで注意することは?
「たくさん取るとひどい場合は、心臓が止まるという報告も」(名古屋大学医学部附属病院・山本尚範 救急科長)

カフェインはコーヒー豆やカカオ豆、茶葉などに含まれ、最近はカフェインを含むエナジードリンクも自動販売機などで手軽に購入できるようになりました。

めまいやふるえも
カフェイン過剰摂取で中毒症状も

カフェインは適量を摂取することによって頭を冴えさせたり眠気を覚ましたりする効果があるとされていますが、過剰に摂取すると中枢神経が刺激され、めまいや心拍数の増加、手のふるえなど中毒症状を引き起こす可能性もあります。

食品安全委員会によると、体に悪影響がない1日あたりの摂取量は、健康な成人で400ミリグラム以下、10歳から12歳は85ミリグラム以下とされています。

コーヒーだけでなく、緑茶や紅茶などにも含まれているカフェイン。特にエナジードリンクには、1缶あたりコーヒー2杯分に相当するカフェインを含むものもあります。

Q.どれくらい摂取すると中毒症状が出る?
「相当な量を取らないと中毒にはならない。短時間で1000ミリグラム以上のカフェインを摂取すると中毒の危険性がある」(山本尚範 救急科長)

どういうタイミングで服用すれば?
食品中のカフェイン濃度

日本中毒学会の調査によると、2011年から5年間で101人がカフェイン中毒により救急搬送され、そのうち3人が亡くなっています。

カフェイン中毒を防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。

「血中濃度が高くなると作用が強くなる。水分が取れていないときにカフェインを取ると危険」(山本尚範 救急科長)

一方で、カフェインには覚醒作用だけでなく疲労感を軽減する効果もあるとされ、用量を守れば受験勉強の助けになると山本医師は話します。

Q.大事な試験の日にどういうタイミングで飲めば?
「普段飲むタイミングを自分の中で作っておくのが大事」(山本尚範 救急科長)

(2月15日放送 メ~テレ『ドデスカ!』『ドデスカ!+』より)

受験シーズン、カフェインとり過ぎに注意 エナジードリンクなど過剰摂取で救急搬送や中毒症状も はコメントを受け付けていません


▽▲ (食物アレルギーをお持ちの方向け)外食・中食を利用するときに気をつけること ▲▽

 ▽▲ (食物アレルギーをお持ちの方向け)外食・中食を利用するときに気をつけること ▲▽

容器包装に入れられた加工食品は、食品表示法により、食物アレルギーの原因となる8品目のアレルゲン(えび、かに、くるみ、小麦、そば、卵、乳、落花生)の表示が義務付けられています。
一方で、外食や中食(※)では、食物アレルギーに関する情報提供が義務付けられていません。
消費者庁では、食物アレルギーの患者さん、ご家族の方向けにリーフレットを作成し、外食・中食を利用する際の注意事項をまとめています。その中から外食・中食を楽しむときに気をつけるべきポイントをいくつか紹介します。

※ 中食:あらかじめ容器包装されずに販売される弁当や総菜等の店頭での対面販売

(1)アレルギー情報の確認は、食物アレルギーに詳しい店員さんにしましょう
外食・中食では店員の入れ替わりが早いこともあるため、食物アレルギーの確認は、食品衛生責任者など、食物アレルギーの知識がある方に聞きましょう。

(2)食物アレルギーであることをきちんと伝える工夫をしましょう
注文を受ける店員さんと調理人とは別であることが多いです。調理人にもきちんと情報が伝わるよう、口頭ではなく、消費者庁が作成した食物アレルギーコミュニケーションなどを利用して確認しましょう。

○消費者庁「食物アレルギーコミュニケーションシート」

(3)お店では調理中にアレルゲンが混入することがあります
外食・中食でアレルゲンの意図しない混入(コンタミネーション)を完全に防ぐことは困難です。外食・中食の利用は慎重に判断をしましょう。

その他のポイントや食物アレルギーに関する情報は、消費者庁HPをご覧ください。

▽▲ (食物アレルギーをお持ちの方向け)外食・中食を利用するときに気をつけること ▲▽ はコメントを受け付けていません


カキ「生食用」「加熱用」違いは

 カキ「生食用」「加熱用」何が違う? おいしさもそれぞれ…プロが解説

冬に旬を迎えるカキ。ぷりぷりとした乳白色の身で、栄養も豊富なことから「海のミルク」とも呼ばれる。生で味わうだけでなく、蒸したり、鍋にしたりするなど食べ方はさまざまだ。スーパーの店頭で、カキのむき身は「生食用」と「加熱用」に分かれて並んでいる。見た目はほぼ同じ。違いは何なのか―。魚のプロに聞いた。(時事通信水産部 岡畠俊典)


◆鮮度の違いではなく…

師走に入り、東京・豊洲市場(江東区)でも、全国から集まるカキの取引が活発化している。今シーズンは成長の遅れが心配されていたが、「身入りが良くなってきた」(同市場の卸会社)といい、入荷量が増えて取引価格も下がってきた。

そんなシーズン本番のある日、カキが大好物という40代女性に生食用と加熱用の違いを尋ねてみた。返ってきた答えは「生食用のほうが新鮮なのでは?」。生食用は魚の刺し身のように鮮度が良いイメージがあり、加熱用は鮮度が落ちていて火を通す必要がある、と思っていたという。自宅でカキフライを調理するのに、生食用を買ったこともあったそうだ。鮮度の差、が一般的なイメージなのかもしれない。

全国漁業協同組合連合会(全漁連)の担当者は、生食用と加熱用の違いについて「鮮度は関係なく、取れる海域の違いです」と説明する。どちらも新鮮な状態を保って出荷されており、鮮度に関しては「基本的にほとんど変わらない」(同)という。

◆生食用の衛生対策、栄養豊富な加熱用

海域の違いとは何か。全漁連の担当者は、生食用と加熱用は「養殖される場所が異なり、生食用は海域が定められている」と解説する。生食用として出荷されるカキは、水質検査で食品衛生法の基準を満たした、菌が少ない海域などで生産される。その海域以外で採取されたものは加熱用となる。国内養殖量トップの広島県では、生食用と加熱用で育てる海域を分けている。

生食用には、身に含まれる細菌数などの衛生基準もある。大量の海水を吸って取り込まれた菌や不純物を、出荷前に数十時間かけて取り除く浄化処理が行われている。各産地では「安全に食べてもらうための衛生対策に取り組んでいる」(水産関係者)という。

一方、加熱用は河口付近で養殖されたカキが多い。川から流れてくる栄養分を豊富に摂取しているため「身が大きくなりやすい」(同)とされているが、菌なども多く、生食には向かない。

カキの主産地は広島県のほか宮城県や岩手県などで、地域性もある。全漁連の担当者は「瀬戸内海の河口近くで生産が盛んな広島県産は加熱用が多く、主に太平洋の沖合で養殖される三陸産は生食用の割合が高い」と話す。

◆それぞれのおいしさは?

カキで懸念されるのが、ノロウイルスなどによる食中毒だ。その原因の多くは「加熱用カキの加熱が不十分なケース」(全漁連担当者)という。加熱用を調理する際は「必ず十分に火を通してほしい。生で食べるのは絶対にやめて」(同)と注意を促す。生食用も、消費期限をしっかりと確認し、近年増えている殻付きを扱うときは、殻でけがをしないよう気を付けてほしいと呼び掛けている。

生食用と加熱用では、おいしさに違いがあるようだ。豊洲市場の仲卸業者「吉善」の吉橋善伸社長によると、生食用は「水揚げ後の浄化処理で風味が落ちることもあるが、独特ののどごしや香りを楽しめる」、加熱用は「蒸したり焼いたりすると多少縮むが、風味が良くてうま味が強い」という。そのため、フライや鍋、グラタンなど加熱調理する場合は「生食用ではなく、加熱用を選んだほうがより風味を楽しめる」(吉橋社長)とアドバイスする。生食用では「レモン汁のほか、タバスコなどと合わせてもおいしい」(同市場卸会社)との声もあった。

おいしいカキの見分け方について、吉橋社長は「身が濃い乳白色で、ふっくらとしていて形が崩れてないものがお薦め。黒いふちが際立っていると鮮度も良い」と説明する。

ビタミンや鉄分、たんぱく質、グリコーゲンなどを蓄え、栄養価が高いことでも知られるカキ。全漁連担当者は「クリーミーで濃厚な味わいのカキをおいしく食べてほしい」と消費をアピールしている。

カキ「生食用」「加熱用」違いは はコメントを受け付けていません


▽▲ 「毒きのこ食中毒発生注意報」を発令しました ▲▽

 ▽▲ 「毒きのこ食中毒発生注意報」を発令しました ▲▽

10月22日に、毒きのこ(ツキヨタケ)による食中毒が県内で今秋初めて
発生しました。
今後も毒きのこ食中毒の発生が懸念されることから、県では、10月24日に
「毒きのこ食中毒発生注意報」を発令しました。

きのこ狩りの際は、「きのこによる食中毒の予防ポイント」を守って楽しみましょう。

◎きのこによる食中毒の予防ポイント
1 食用と正確に判断できないきのこは、絶対に「採らない」、「食べない」、「人にあげない」
2 様々な「言い伝え」は全く根拠のない迷信であるため、信じない
 (主な迷信)
(1)柄が縦に裂ければ食べられる → 毒きのこの多くは柄が縦に裂ける
(2)ナスと一緒に料理すれば食べられる → 食中毒を起こした例は多数ある
(3)虫が食べているきのこは食べられる → 虫は毒きのこも食べる

・県のホームページ「本日、「毒きのこ食中毒発生注意報」を発令しました」はこちらから
https://www.pref.niigata.lg.jp//sec/seikatueisei/2023chuuihou.html
・県のホームページ「毒きのこによる食中毒のご注意ください!」はこちらから       
http://www.fureaikan.net/syokuinfo/01consumer/con02/con02_03/con02_03_01.html

▽▲ 「毒きのこ食中毒発生注意報」を発令しました ▲▽ はコメントを受け付けていません


ギンナン食べ過ぎ注意 中毒症状も

 ギンナン中毒「結構死ぬ…死亡率は約13%」小さな子どもは特に…医師が「食べ過ぎ注意」呼びかけ 昔は「年齢の数以上ギンナンを食べるな」

秋に旬を迎える味覚のひとつが「ギンナン」ですが、実は小さな子どもが食べると中毒を起こす可能性があるとして、医師が注意を呼びかけています。

【写真を見る】ギンナン中毒「結構死ぬ…死亡率は約13%」小さな子どもは特に…医師が「食べ過ぎ注意」呼びかけ 昔は「年齢の数以上ギンナンを食べるな」

秋の味覚、ギンナン。
ほくほくの食感や独特の味がクセになるという人も多いかもしれません。

しかし、このギンナン。小さな子どもにとっては、ある危険性が…

新生児科医・小児科医 今西洋介 医師
「けいれんを起こして、次に多い症状としては嘔吐を起こして、対処が遅れれば死亡してしまうということもあります」

最悪の場合は死に至る。
一体、どういうことなのでしょうか。

新生児科医・小児科医 今西洋介 医師
「ギンナン中毒は秋に多い中毒のひとつで、あとやっぱり、結構死ぬんですよね。死亡率は約13%と言われています。
近年はあまり死亡例はないんですけど、戦後の食糧不足の時に、大量に食べて亡くなってしまったという死亡例が結構あります」

日本中毒情報センターによりますと、ギンナンは、デンプンやビタミンCなど栄養価の高い食材ですが、一度にたくさん食べ過ぎると嘔吐やけいれんなどの中毒症状が現れることがあるといいます。

森林総合研究所九州支所 勝木俊雄さん
「ギンナンの中に、ビタミンB6によく似た物質が入っていて、この物質がビタミンB6の成長の働きを阻害するということが知られていて、個人差がありますが、たくさん食べると中毒を起こすということが言われています」

日本中毒情報センターの中毒110番には、ギンナンによる食中毒を心配する相談が、2010年からの10年間に252件寄せられました。その7割にあたる173件が5歳以下の子どもだったということです。

また、ギンナンの有毒成分は熱に強く、煮る、焼くなど加熱調理をしても消失しないと言います。

専門家、医師ともに、特に子どもは食べ過ぎないように注意が必要だと話します。

森林総合研究所九州支所 勝木俊雄さん
「人によっては食中毒を起こすということがあります。なので、子どもさんなんかは特にたくさん食べ過ぎないようにする、これが大事なことです」

新生児科医・小児科医 今西洋介 医師
「なるべくなら、小さい子どもに関しては、摂取を控えるように言っています。
昔は年齢の数以上ギンナンを食べるな、というおばあちゃんの豆知識みたいなのが言われていたんですけど、それはあながち間違いではなくて、食べすぎると容易にこういうことが起きる。なので、まず、食べ過ぎないということだと思います」

大人でも、体調によっては中毒を引き起こすことがあるということで、旬の味覚も、食べ過ぎには注意が必要です。

ギンナン食べ過ぎ注意 中毒症状も はコメントを受け付けていません


団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp