[ カテゴリー:警報注意報 ]

台風12号 九州北部を北東進 大雨・暴風に警戒

 台風12号は、5日未明に長崎県長崎市付近に上陸した。台風は間もなく日本海へ抜ける見込みだが、引き続き九州や中国地方を中心に大雨や暴風・高波に警戒が必要で、四国や近畿、東海でも大雨に対して警戒だ。

 台風12号は、5日午前5時には福岡市の西にあり、北北東におよそ20kmの速さで進んでいると見られる。台風はこの後も北東へ移動し、今夜には山陰沖で熱帯低気圧に変わる見込みだ。
大雨
 台風本体の雨雲に加えて、台風によって南から流れ込む暖かく湿った空気の影響で、台風から離れた地域でも大雨が予想され、6日かけては太平洋側でも強く降るところがある見込みだ。局地的には雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれもあるため、土砂災害や河川の増水に警戒が必要だ。
■5日の予想雨量(6日明け方まで・多い所)
四国 150ミリ
近畿 120ミリ
九州北部、中国、東海 100ミリ

暴風・高波
 台風12号は規模が小さいため、台風の接近に伴い風が急激に強まるおそれがある。台風が上陸した九州北部だけでなく、このあと台風が近づく中国地方でも、暴風や高波に警戒が必要だ。
 予想される最大瞬間風速は九州北部で25メートル、予想される波の高さは九州北部、四国、中国地方で3メートルとなっている。
 

台風12号 九州北部を北東進 大雨・暴風に警戒 はコメントを受け付けていません。


台風12号 強い勢力で西日本に接近のおそれ 暴風・大雨に警戒

 台風12号が接近するため、2日は奄美地方を中心に、3日から4日にかけては九州を中心に西日本で大荒れや大雨となる見通し。暴風や高波、大雨による土砂災害や川の増水、低い土地への浸水に警戒が必要だ。

 台風12号は1日午後3時現在、沖縄の南海上を1時間に25キロの速さで北東へ進んでいる。台風は今後、勢力を強めながら沖縄の南海上を北上し、2日には暴風域を伴いながら奄美地方に接近する見通し。その後、3日から4日にかけては強い勢力となって、九州を中心とした西日本に近づくおそれがある。
◆暴風・高波
【2日にかけての予想最大瞬間風速】
奄美 35メートル
沖縄 30メートル

【2日にかけて予想される波の高さ】
奄美 6メートル
沖縄 5メートル
 奄美地方では非常に強い風が吹き、海はうねりを伴い大しけとなる見通し。
◆非常に激しい雨、奄美・西日本で大雨のおそれ
 台風の接近により、2日は奄美地方を中心に非常に激しい雨が降り、2日午後6時までの24時間に予想される雨量は多い所で100ミリとなっている。また、3日から4日にかけては西日本で大雨となる見通し。台風は足早に北上するため、早めの台風対策が必要だ。



台風12号 強い勢力で西日本に接近のおそれ 暴風・大雨に警戒 はコメントを受け付けていません。


台風12号発生 週末、西日本に接近か

 きょう(1日)午前9時、沖縄の南で台風12号が発生した。台風は発達しながら北上し、3日(土)から4日(日)にかけて、西日本に接近するおそれがある。

 台風12号の中心気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートルで、中心から半径150キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風の北上に伴い、大東島地方ではきょう(1日)夕方から南西の風が強まる見込み。また、台風は、3日午前には屋久島の南西海上に達し、暴風域を伴いながら西日本に近づくおそれがある。台風は足早に北上するため、早めの台風対策が必要だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00010000-wmap-soci

台風12号発生 週末、西日本に接近か はコメントを受け付けていません。


台風10号、「猛烈な」台風に成長して30日に北上か 気象庁予報

 沖縄南東沖で停滞する台風10号が最強レベルの台風に成長し、30日にも列島へ接近する恐れが高まった。海面水温が高い影響で発達し続け、25日に強さの表現が「強い」から「非常に強い」となったが、27日夜に最も強いレベルを示す「猛烈な」台風へ成長する見込み。30日には本州へ進路を向ける予想になっており、気象庁が注意を呼びかけている。

 気象庁によると台風10号は25日午前9時には沖縄県・南大東島の南約260キロ沖を南西へゆっくり進んだ。中心気圧は945ヘクトパスカル、最大風速は45メートル。

 今後の予想では26日午前9時に最大風速50メートル、27日午前9時に55メートルとなり、「猛烈な」台風の基準を超える。その後、徐々に北東へ進路を変えて29日には本州南方に到達し、30日に進路を北へ変える見込みになっている。

 フィリピン沖の海面水温が高く、列島西側に高気圧が停滞し続けている影響で日本近海では海面水温が1、2度高い状態になっており、台風10号は発達を続けている。列島沖を西へ進んだ21日頃は最大風速20メートルほどだったが、九州南方沖で速度を緩めて以降、22日に25メートル、24日には40メートルと勢力を蓄えた。

 台風の強さは中心付近の最大風速を基準に表現され、特に言い表さない最初の段階から、「強い」(風速33メートル以上、44メートル未満)▽「非常に強い」(44メートル以上、54メートル未満)▽「猛烈な」(54メートル以上)-の計4段階。

 ただし、同じ場所に留まるほど台風自体が起こす激しい風で海面がかき混ぜられて水温は下がるため、発達には限りがある。また、進路予想が難しい状態が続いており、予想が変わる可能性もある。気象庁の松本積主任予報官は「今後の台風情報に注意してほしい」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160825-00000530-san-soci

台風10号、「猛烈な」台風に成長して30日に北上か 気象庁予報 はコメントを受け付けていません。


〔大気不安定〕あす27日にかけて北日本で大雨 土砂災害などに警戒を(8/26)

気象庁は26日05:01に、「大雨と雷及び突風に関する全般気象情報 第2号」を発表しました。オホーツク海の低気圧から南西にのびる寒冷前線が、きょう26日の朝には北日本へ進み、あす27日は北日本から西日本に停滞するでしょう。このため、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、北日本では27日にかけて、大気の状態が非常に不安定となる予想です。気象庁は、低地の浸水、河川の増水やはん濫、土砂災害に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風に注意するよう呼びかけています。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6212308

〔大気不安定〕あす27日にかけて北日本で大雨 土砂災害などに警戒を(8/26) はコメントを受け付けていません。


三重県で竜巻などの突風発生か レジャーボートなどが転覆との通報

三重県の津地方気象台は、四日市の楠漁港で竜巻らしき現象の目撃情報を受け、4日午後4時25分、竜巻注意情報を発表した。

気象台によると、午後3時52分頃、三重県四日市市の楠漁港で突風が発生し、陸揚げをしていたレジャーボート3隻が転覆したとの連絡が警察を通じてあった。

当時、四日市市付近には発達した積乱雲が通過し突風が発生した。四日市市ではきょうの最高気温は33.4℃で、気温が高くなったため大気の状態が不安定になっている。

同様に、気温が上昇している東日本から西日本でも局地的に積乱雲が発達し、竜巻などの激しい突風が起こるおそれがある。

気象庁では、空の様子に注意し、雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めるよう呼びかけている。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160704-00010003-wmap-soci


各地で猛暑日 熱中症か、救急搬送相次ぐ 水の事故も

3日、熱中症とみられる症状での救急搬送も各地で相次いだ。大阪府河内長野市では、畑で農作業をしていた女性(84)が倒れ、搬送先の病院で死亡が確認された。京都市では路上でランニング中の男児(9)、公園でサッカーをしていた女性(19)がそれぞれ「意識がもうろうとする」などと訴えた。徳島県阿南市では屋外で70代の女性が倒れているのが見つかり、意識不明の重体。また、今年最高の35・5度を記録した高松市で開かれたトライアスロンの大会に出場した選手6人が体調不良を訴え、3人が病院に搬送された。

一方、山陰地方は、停滞した梅雨前線の影響で大雨に見舞われた。島根県では住宅が一部壊れる被害が出たほか、JR山陰線の線路に土砂が入り込むなどしたため、一部区間で運転を見合わせた。

水の事故も起きた。愛媛県宇和島市の石応(こくぼ)海岸では、県内の特別支援学校に通う高校3年の男子生徒(17)が海底に沈んでいるのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。男子生徒は市内の児童養護施設の職員や子どもたち十数人と海水浴をしていたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160703-00000044-asahi-soci


台風1号発生 過去2番目に遅い記録に

3日午前9時、カロリン諸島付近で台風1号が発生した。

台風1号は3日午前9時現在、中心の気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、ゆっくりとした速さで北西へ進んでいる。

今後も北西へ進み、5日火曜日にはフィリピンの東の海上へ達する予想だ。

今年は台風の統計が残る1951年以降で2番目に遅い台風1号の発生となった。なお、これまで最も遅い台風1号の発生は1998年7月9日である。

また、昨年の台風1号の発生は、1月13日だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160703-00010001-wmap-soci


関東や東海で厳しい暑さに 奄美は梅雨明け

再生
[ 前の映像 | 次の映像 ]
関東や東海で厳しい暑さに 奄美は梅雨明け
日本テレビ系(NNN) 6月18日(土)11時55分配信
 東日本は18日、朝から強い日差しが照りつけ、関東や東海では今年一番の暑さになりそうだ。

 日本付近は高気圧に覆われ、晴れている所が多くなっている。関東地方では朝から快晴の青空が広がり、午前11時までの最高気温は埼玉・鳩山で32.5℃、群馬・館林で32.3℃、東京都心でも30.9℃と広い範囲で午前中から30℃を超える厳しい暑さとなっている。

 このあと、関東や東海を中心にさらに気温が上がる見込みで、日中の予想最高気温は埼玉・熊谷で35℃、甲府や岐阜で34℃、東京都心と名古屋で33℃などとなっている。水分を小まめにとるなど熱中症には十分な注意が必要。

 また、気象庁は18日午前、奄美地方で梅雨が明けたと発表した。16日に梅雨明けした沖縄に続き、平年より早い梅雨明け。奄美市内では朝から夏空が広がり、名瀬の11時までの気温は33.1℃となっている。梅雨前線は九州の南岸まで北上し、奄美地方ではこの先もしばらく暑い夏空が続く見通し。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160618-00000010-nnn-soci


8.10高温注意報

 

新潟県では、10日の日中は気温が35度以上となるところがあるでしょう。
熱中症など健康管理に注意してください。
予想最高気温(前日の最高気温)
新潟 33度(32.4度)
長岡 33度(33.2度)
高田 33度(32.9度)
相川 30度(30.0度)
湯沢 33度(33.9度)
津川 34度(33.7度)
新潟で30度以上の時間帯は、9時頃から16時頃まで。
長岡で30度以上の時間帯は、9時頃から16時頃まで。
高田で30度以上の時間帯は、8時頃から16時頃まで。
熱中症の危険が特に高くなります。
特に、外出時や屋外での作業時、高齢者、乳幼児、体調のすぐれない方がおられるご家庭などにおいては、水分をこまめに補給し多量に汗をかいた場合は塩分も補給する、カーテンで日射を遮る、冷房を適切に利用し室温に留意するなど、熱中症に対して充分な対策をとってください。

新潟県では、10日の日中は気温が35度以上となるところがあるでしょう。熱中症など健康管理に注意してください。
予想最高気温(前日の最高気温) 新潟 33度(32.4度) 長岡 33度(33.2度) 高田 33度(32.9度) 相川 30度(30.0度) 湯沢 33度(33.9度) 津川 34度(33.7度)
新潟で30度以上の時間帯は、9時頃から16時頃まで。長岡で30度以上の時間帯は、9時頃から16時頃まで。高田で30度以上の時間帯は、8時頃から16時頃まで。
熱中症の危険が特に高くなります。特に、外出時や屋外での作業時、高齢者、乳幼児、体調のすぐれない方がおられるご家庭などにおいては、水分をこまめに補給し多量に汗をかいた場合は塩分も補給する、カーテンで日射を遮る、冷房を適切に利用し室温に留意するなど、熱中症に対して充分な対策をとってください。

 


団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp