[ カテゴリー:災害 ]

<大阪震度6弱>緊急地震速報、間に合わず 震源近く

<大阪震度6弱>緊急地震速報、間に合わず 震源近く

 18日朝に大阪市北区などで震度6弱を観測した地震で、気象庁は初期微動の地震波を検知してから3.2秒後、最大震度5弱以上の揺れへの警戒を促す緊急地震速報を出した。しかし、大阪府北部や京都府南部など震源に近い一部地域では、大きな揺れの到達時刻に間に合わなかった。

今回の地震は震源が地下13キロと浅かったため、地震の初めに小刻みに揺れる速い波(P波)を観測してから短時間で、被害をもたらす強い揺れの主要動(S波)が伝わった。大阪管区気象台は「技術的な限界」と説明している。


<大阪震度6弱>緊急地震速報、間に合わず 震源近く はコメントを受け付けていません。


「大阪地震でシマウマ脱走」のデマが拡散。警察が注意呼びかけ

大阪地震でシマウマ脱走」のデマが拡散。警察が注意呼びかけ

大阪府内で震度6弱を記録した6月18日午前の地震をめぐって、「シマウマが逃げた」というネット上に出回った情報はデマであることが分かった。

大阪府警「事実ではありません」
18日午前9時ごろに投稿された「大阪府北部で震度6弱でシマウマ脱走って #地震速報」といったツイートなどが、ネット上に拡散された。

しかし同日、大阪府警の担当者にハフポスト日本版が取材したところ、「デマ情報です。自分もネット見てびっくりして調べたけど、事実ではありません。ネット上の真偽が不確かな情報には注意してください」とコメントした。

なお、今回出回ったシマウマの写真は、2016年3月に愛知・岐阜県境にある総合農場「三国ウエスト農場」からシマウマが逃走した際に毎日新聞が報道した写真と同一だった。
大阪府も公式サイトのトップページで18日、以下のように注意を促している。

「本日7時58分に発生した地震のあと、SNSでは実際に起こっていない事故など、事実と異なる情報が発信、拡散されています。情報の発信元にはご注意いただき、信頼できる情報かどうか、十分に確認をしてください。また、未確認の情報をむやみに拡散しないでください」
熊本地震ではデマツイートで逮捕者も
2016年4月の熊本地震では、「熊本の動物園からライオンが逃げた」というデマ情報がTwitterで拡散した。この投稿をしたのは、神奈川県に住む会社員の20歳男性だったが、動物園の業務を妨害したとして、後に熊本県警に逮捕されている。

「大阪地震でシマウマ脱走」のデマが拡散。警察が注意呼びかけ はコメントを受け付けていません。


大阪府で震度6弱の地震 近畿地方で強い揺れ観測

大阪府で震度6弱の地震 近畿地方で強い揺れ観測



6月18日(月)7時58分頃、 大阪府で最大震度6弱を観測する地震がありました。

震源地:大阪府北部
マグニチュード:5.9
震源の深さ:約10km
この地震による津波の心配はありません。

交通機関では、高速道路(関西方面)で通行止め多数発生、鉄道も広く運転見合わせとなっております。(8時25分現在)

震度3以上を観測した市町村
震度6弱:【大阪府】
大阪北区茶屋町 高槻市立第2中学校 枚方市大垣内 茨木市東中条町 箕面市粟生外院

震度5強:【京都府】
亀岡市余部町 長岡京市開田 八幡市八幡 大山崎町円明寺 久御山町田井

【大阪府】
高槻市桃園町 高槻市消防本部 箕面市箕面 大阪都島区都島本通 大阪東淀川区北江口 大阪淀川区木川東 豊中市曽根南町 豊中市役所 吹田市内本町 寝屋川市役所 摂津市三島 交野市私部 島本町若山台

震度5弱:【滋賀県】
大津市南郷

【京都府】
亀岡市安町 京都西京区樫原 宇治市宇治琵琶 宇治市折居台 城陽市寺田 向日市寺戸町 京田辺市田辺 南丹市八木町八木 井手町井手 精華町南稲八妻

【大阪府】
大阪東淀川区柴島 大阪国際空港 大阪福島区福島 大阪此花区春日出北 大阪生野区舎利寺 池田市城南 守口市京阪本通 大東市新町 豊能町余野 能勢町役場

【兵庫県】
尼崎市昭和通 西宮市宮前町 西宮市平木 伊丹市千僧 川西市中央町

【奈良県】
大和郡山市北郡山町 御所市役所 高取町観覚寺 広陵町南郷

震度4:【福井県】
高浜町宮崎

【岐阜県】
岐阜市柳津町 養老町高田 安八町氷取

【愛知県】
名古屋南区鳴尾

【三重県】
四日市市新浜町

【滋賀県】
大津市御陵町 大津市国分 近江八幡市桜宮町 近江八幡市出町 草津市草津 栗東市安養寺 甲賀市信楽町 野洲市西河原 湖南市中央森北公園 湖南市石部中央西庁舎 湖南市中央東庁舎 東近江市池庄町 東近江市市子川原町 東近江市五個荘小幡町 竜王町小口 彦根市城町 長浜市西浅井町大浦 米原市下多良

【京都府】
南丹市園部町小桜町 京都北区紫竹 京都上京区薮ノ内町 京都上京区今出川御前 京都左京区田中 京都中京区西ノ京 京都東山区清水 京都下京区河原町塩小路 京都南区西九条 京都右京区京北周山町 京都右京区太秦 京都右京区嵯峨 京都右京区嵯峨樒原 京都山科区安朱川向町 京都山科区西野 木津川市加茂町里 木津川市木津 木津川市山城町上狛 宇治田原町荒木 笠置町笠置 南山城村北大河原 京丹波町蒲生 京丹後市弥栄町溝谷

【大阪府】
能勢町今西 大阪大正区泉尾 大阪天王寺区上本町 大阪浪速区元町 大阪東成区東中本 大阪城東区放出西 大阪阿倍野区松崎町 大阪住吉区遠里小野 大阪東住吉区杭全 大阪西成区岸里 大阪鶴見区横堤 大阪住之江区御崎 大阪平野区平野南 大阪中央区大手前 八尾市本町 柏原市安堂町 門真市中町 東大阪市荒本北 大阪堺市堺区山本町 大阪堺市堺区大浜南町 岸和田市畑町 泉大津市東雲町 富田林市高辺台 松原市阿保 大阪和泉市府中町 羽曳野市誉田 藤井寺市岡 大阪太子町山田 河南町白木 千早赤阪村水分

【兵庫県】
西宮市名塩 神戸東灘区住吉東町 神戸灘区八幡町 神戸兵庫区烏原町 神戸兵庫区上沢通 神戸長田区神楽町 神戸垂水区日向 神戸北区南五葉 神戸北区藤原台南町 神戸中央区脇浜 神戸西区竹の台 明石市中崎 明石市相生 芦屋市精道町 宝塚市東洋町 三木市細川町 三木市福井 三田市下深田 三田市下里 篠山市北新町 篠山市宮田 猪名川町紫合 豊岡市城崎町 姫路市豊富 洲本市物部 淡路市富島 淡路市久留麻 淡路市志筑

【奈良県】
奈良市西紀寺町 奈良市月ヶ瀬尾山 奈良市二条大路南 大和高田市野口 大和高田市大中 天理市川原城町 橿原市八木町 桜井市初瀬 桜井市粟殿 生駒市東新町 香芝市本町 葛城市柿本 葛城市長尾 宇陀市大宇陀迫間 平群町吉新 三郷町勢野西 斑鳩町法隆寺西 安堵町東安堵 奈良川西町結崎 田原本町役場 御杖村菅野 上牧町上牧 王寺町王寺 河合町池部 吉野町上市 大淀町桧垣本

【香川県】
小豆島町池田

大阪府で震度6弱の地震 近畿地方で強い揺れ観測 はコメントを受け付けていません。


与板アーケード倒壊

与板アーケード倒壊





与板アーケード倒壊 はコメントを受け付けていません。


台風18号情報(2017.9.13)

台風18号の進路予想

【新潟接近はいつ頃?】
画像参照:
九州接近および上陸は16日~17日、新潟接近は18日~19日か?
台風18号は13日(水)16時現在、沖縄県宮古島を暴風域に巻き込みながら北西に進み、その後、中国大陸方面へと向かいますが、ブーメランのように急カーブして本州方面へと向かってくる予想です。

気象庁は今のところ16日までの予報しか発表していませんので、アメリカ、ヨーロッパ発表の中期予報を参考に今後の進路についてお知らせしています。


台風18号情報(2017.9.13) はコメントを受け付けていません。


台風18号情報(2017.9.13)

台風18号の進路予想

【新潟接近はいつ頃?】
画像参照:
九州接近および上陸は16日~17日、新潟接近は18日~19日か?
台風18号は13日(水)16時現在、沖縄県宮古島を暴風域に巻き込みながら北西に進み、その後、中国大陸方面へと向かいますが、ブーメランのように急カーブして本州方面へと向かってくる予想です。

気象庁は今のところ16日までの予報しか発表していませんので、アメリカ、ヨーロッパ発表の中期予報を参考に今後の進路についてお知らせしています。


台風18号情報(2017.9.13) はコメントを受け付けていません。


台風5号の進路予想(8/4現在)

台風5号は、気象庁によれば、6日から7日にかけて九州に上陸し、その後は西日本に進む予想となっています。
気象庁の予想は現時点ではここまで。その先は発表されていません。

そこで、その他の予想を見てみました。

【米軍・台風5号最新進路予想】
米軍予想によれば、6日から7日にかけて九州に上陸。
7日から8日にかけて中国~山陰を縦断し日本海に抜ける予想です。
その後は日本海上を北上する予想になっています。
↓↓↓












【ヨーロッパ・台風5号最新進路予想】
米軍の予想とほぼ同じ内容の予想となっています。
↓↓↓

台風5号の進路予想(8/4現在) はコメントを受け付けていません。


台風5号の進路予想(8/4現在)

台風5号は、気象庁によれば、6日から7日にかけて九州に上陸し、その後は西日本に進む予想となっています。
気象庁の予想は現時点ではここまで。その先は発表されていません。

そこで、その他の予想を見てみました。

【米軍・台風5号最新進路予想】
米軍予想によれば、6日から7日にかけて九州に上陸。
7日から8日にかけて中国~山陰を縦断し日本海に抜ける予想です。
その後は日本海上を北上する予想になっています。
↓↓↓












【ヨーロッパ・台風5号最新進路予想】
米軍の予想とほぼ同じ内容の予想となっています。
↓↓↓

台風5号の進路予想(8/4現在) はコメントを受け付けていません。


新潟大と産総研、新潟市域の地質図作成 活断層が起こす大地震に警鐘

 〈新潟〉新潟大学と産業技術総合研究所(茨城県つくば市)は、越後平野の中心に位置する新潟市域の地質分布や地形などの詳細な情報を盛り込んだ5万分の1の地質図を作成した。地震など自然災害の被害を抑える減災や防災に役立ててもらうのが狙い。1千~1500年に1度、大きく動くとされる活断層「角田・弥彦断層」の場所も示し、大地震の発生に警鐘を鳴らしている。

 地質図は学術用としてだけでなく、土地利用や資源探査、防災などで重要な基礎資料となる。新大などは今回、河川など水辺の堆積物で形成され、軟弱な地盤の「沖積層」が覆う新潟市域の地質について、これまでの研究成果を基に細かく分類。産総研が作成している全国各地の地質図では5種類程度なのに対し、深さ5メートルまでの地質を20種類に色分けして示した。

 例えば、濃いピンクで示した腐植土が40%以上の「砂及(およ)び泥」の地盤は、地震の際に液状化が起きる可能性がより高い。薄いピンク色は腐植土が40%を下回る軟弱な地盤で、鳥屋野潟周辺や亀田地区などに広がる。また「砂丘列」の砂が分布する黄色の地盤は比較的固いという。

 また、沿岸部を震源とする地震の場合、押し寄せた津波が信濃川などからあふれ出るとみられ、地質図の作成に携わった新大災害・復興科学研究所の卜部(うらべ)厚志准教授は「川も氾濫するということを知ってほしい」と注意を促している。

 今回、国内最大の沖積平野である越後平野の西にある角田・弥彦断層一帯の地質について、5万分の1のスケールでは初めて公開。「(新潟を含む)東北地域の中で最も活発な活断層」(卜部准教授)という同断層の活動は、新潟市域での強い揺れや津波、液状化の予測に大きな影響を持つ。

 同断層が前回、大きく動いたのは約1200年前と確認されており「角田・弥彦断層を要因とする大地震はいつ発生してもおかしくない。大地震に備え、住み替えなどの際に地盤改良工事などを施す必要がある」と卜部准教授は話す。

 今回の地質図は「5万分の1地質図幅」シリーズの「新潟及び内野」として産総研が発行している。税込み2375円。問い合わせは産総研の地質情報基盤センター出版室(電)029・861・3601。

新潟大と産総研、新潟市域の地質図作成 活断層が起こす大地震に警鐘 はコメントを受け付けていません。


新潟大と産総研、新潟市域の地質図作成 活断層が起こす大地震に警鐘

 〈新潟〉新潟大学と産業技術総合研究所(茨城県つくば市)は、越後平野の中心に位置する新潟市域の地質分布や地形などの詳細な情報を盛り込んだ5万分の1の地質図を作成した。地震など自然災害の被害を抑える減災や防災に役立ててもらうのが狙い。1千~1500年に1度、大きく動くとされる活断層「角田・弥彦断層」の場所も示し、大地震の発生に警鐘を鳴らしている。

 地質図は学術用としてだけでなく、土地利用や資源探査、防災などで重要な基礎資料となる。新大などは今回、河川など水辺の堆積物で形成され、軟弱な地盤の「沖積層」が覆う新潟市域の地質について、これまでの研究成果を基に細かく分類。産総研が作成している全国各地の地質図では5種類程度なのに対し、深さ5メートルまでの地質を20種類に色分けして示した。

 例えば、濃いピンクで示した腐植土が40%以上の「砂及(およ)び泥」の地盤は、地震の際に液状化が起きる可能性がより高い。薄いピンク色は腐植土が40%を下回る軟弱な地盤で、鳥屋野潟周辺や亀田地区などに広がる。また「砂丘列」の砂が分布する黄色の地盤は比較的固いという。

 また、沿岸部を震源とする地震の場合、押し寄せた津波が信濃川などからあふれ出るとみられ、地質図の作成に携わった新大災害・復興科学研究所の卜部(うらべ)厚志准教授は「川も氾濫するということを知ってほしい」と注意を促している。

 今回、国内最大の沖積平野である越後平野の西にある角田・弥彦断層一帯の地質について、5万分の1のスケールでは初めて公開。「(新潟を含む)東北地域の中で最も活発な活断層」(卜部准教授)という同断層の活動は、新潟市域での強い揺れや津波、液状化の予測に大きな影響を持つ。

 同断層が前回、大きく動いたのは約1200年前と確認されており「角田・弥彦断層を要因とする大地震はいつ発生してもおかしくない。大地震に備え、住み替えなどの際に地盤改良工事などを施す必要がある」と卜部准教授は話す。

 今回の地質図は「5万分の1地質図幅」シリーズの「新潟及び内野」として産総研が発行している。税込み2375円。問い合わせは産総研の地質情報基盤センター出版室(電)029・861・3601。

新潟大と産総研、新潟市域の地質図作成 活断層が起こす大地震に警鐘 はコメントを受け付けていません。


団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp