[ カテゴリー:災害 ]

【気象情報】引き続き暴風暴風に警戒

[台風の現況と予想]
 台風第25号は7日3時に温帯低気圧に変わりましたが、引き続き暴風を伴って日本海を東北東に進む見込みです。
7日朝にかけて暴風に、7日昼前にかけてうねりを伴った高波に警戒してください。

[台風の現況と予想]
 台風第25号は7日3時に温帯低気圧に変わりましたが、引き続き暴風を伴って日本海を東北東に進む見込みです。
[風の実況]
10月6日00時から7日05時までの最大瞬間風速と最大風速は、
(アメダスによる速報値 単位:メートル)
 佐渡市両津
   最大瞬間風速 37.4 西南西 7日03時39分
     最大風速 25.6 西南西 7日03時47分
 佐渡市相川
   最大瞬間風速 30.8 南西 7日03時25分
     最大風速 21.5 南西 7日03時29分
 新潟市巻
   最大瞬間風速 29.9 西南西 7日03時43分
     最大風速 18.1 西南西 7日03時44分
 新潟市新津
   最大瞬間風速 27.8西南西 7日04時04分
     最大風速 17.2 西南西 7日04時09分
 佐渡市弾崎
   最大瞬間風速 26.6西南西 7日04時17分
     最大風速 12.0西 7日05時00分
 となっています。

[風の予想]
 下越、中越、上越の海上や佐渡では、7日朝にかけて南西の風が非常に強く吹く所があるでしょう。
 7日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
  下越  陸上 18メートル(30メートル)
      海上 25メートル(35メートル)
  中越  陸上 15メートル(30メートル)
      海上 25メートル(35メートル)
  上越  陸上 15メートル(30メートル)
      海上 25メートル(35メートル)
  佐渡  陸上 25メートル(35メートル)
      海上 25メートル(35メートル)
 の見込みです。

[波の予想]
 新潟県の海では、7日夕方にかけてうねりを伴ったしけとなり、昼前にかけて大しけとなる所があるでしょう。
 7日に予想される波の高さは、
  下越  8メートル
  中越  6メートル
  上越  6メートル
  佐渡  8メートル
 の見込みです。

[防災事項]
 新潟県では、7日朝にかけて暴風に警戒し、7日昼前にかけてうねりを伴
った高波に警戒してください。
 また、落雷や突風、急な強い雨にも注意してください。

[特記事項]
 今後、気象台の発表する警報、注意報、気象情報等に留意してください

【気象情報】引き続き暴風暴風に警戒 はコメントを受け付けていません。


台風25号、昼過ぎに九州北部最接近か 交通機関に影響

 大型で強い台風25号は長崎県と佐賀県の一部を暴風域に巻き込みながら東シナ海を北上し、6日昼過ぎにかけて九州北部に最接近する見通しになっている。気象庁によると、午前7時には長崎県対馬市の西約170キロ付近を進んでいるとみられ、九州北部は最大風速30メートル、最大瞬間風速45メートルの暴風への警戒が必要。風雨がおさまるまで、不要不急の外出は避けたほうがよさそうな状況だ。

 3連休初日の交通機関への影響も出ている。JR九州によると、博多と長崎を結ぶ特急「かもめ」が始発から上下線の6本で運転を見合わせ、在来線の各路線も本数を減らして運転している。日本航空は長崎空港を発着する午前中の便をすべて欠航とした。西日本鉄道も午前9時以降、すべての列車で運転を見合わせる予定。

 九州電力によると、6日午前6時の時点で、長崎県内で約4600戸が停電になっているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00000010-asahi-soci

台風25号、昼過ぎに九州北部最接近か 交通機関に影響 はコメントを受け付けていません。


台風25号、昼過ぎに九州北部最接近か 交通機関に影響

 大型で強い台風25号は長崎県と佐賀県の一部を暴風域に巻き込みながら東シナ海を北上し、6日昼過ぎにかけて九州北部に最接近する見通しになっている。気象庁によると、午前7時には長崎県対馬市の西約170キロ付近を進んでいるとみられ、九州北部は最大風速30メートル、最大瞬間風速45メートルの暴風への警戒が必要。風雨がおさまるまで、不要不急の外出は避けたほうがよさそうな状況だ。

 3連休初日の交通機関への影響も出ている。JR九州によると、博多と長崎を結ぶ特急「かもめ」が始発から上下線の6本で運転を見合わせ、在来線の各路線も本数を減らして運転している。日本航空は長崎空港を発着する午前中の便をすべて欠航とした。西日本鉄道も午前9時以降、すべての列車で運転を見合わせる予定。

 九州電力によると、6日午前6時の時点で、長崎県内で約4600戸が停電になっているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00000010-asahi-soci

台風25号、昼過ぎに九州北部最接近か 交通機関に影響 はコメントを受け付けていません。


【気象情報】台風25号週末に要警戒

[新潟地方気象台発表]
大型で強い台風第25号は、7日未明から明け方にかけて、新潟県に最も接
近する見込みです。暴風や高波に警戒してください。
  
[台風の現況と予想]
 大型で強い台風第25号は、5日16時には五島市の南西約440キロの北緯29度50分、東経125度40分にあって、1時間におよそ30キロ
の速さで北へ進んでいます。
中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで中心から半径2
60キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。
台風は5日は東シナ海を北上し、6日にはチェジュ島付近で北東に進路を変えて強い勢力のまま九州北部地方に接近し、その後やや勢力を弱めて日本
海に達し、7日未明から明け方にかけて、新潟県に最も接近する見込みです。

[風の予想]
新潟県では、次第に南東から南の風が強まり、6日夜のはじめ頃から強い風が吹く見込みです。
6日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は
下越  陸上 15メートル(30メートル)
    海上 15メートル(25メートル)
中越  陸上 15メートル(30メートル)
    海上 15メートル(25メートル)
上越  陸上 15メートル(30メートル)
    海上 15メートル(25メートル)
佐渡  陸上 15メートル(25メートル)
    海上 15メートル(25メートル)
の見込みです。
 その後、7日は南西の風に変わってさらに強まり、新潟県の海上や佐渡で
は暴風となる所がある見込みです。
 
[波の予想]
 新潟県の海は、6日は波がやや高いでしょう。7日は波が急激に高まり、
佐渡や下越ではうねりを伴って大しけとなる見込みです。 

[防災事項]
 新潟県の海上や佐渡では、7日は暴風や高波に警戒してください。

【気象情報】台風25号週末に要警戒 はコメントを受け付けていません。


【大型で強い台風25号】2004年以来の強さで北日本直撃か

新潟地方気象台によれば、非常に強い台風第25号は、6日夕方から7日朝にかけて、スピードを上げながら日本海を東進し、7日(日)朝には台風のままで東北北部から北海道に上陸するおそれがあります。以下のことを確認し、今から出来る準備はしっかり整え、危険から身を守りましょう。


●強風により飛散しそうな物を屋内へしまう、固定するなど家の周りの再点検をする
●テープを貼るなど窓や雨戸を補強する
●懐中電灯等の停電の備えをする

また、最新の台風情報等にご注意ください。

【大型で強い台風25号】2004年以来の強さで北日本直撃か はコメントを受け付けていません。


大型で強い台風25号 東シナ海を北上 三連休は日本海側で暴風警戒(5日5時更新)

大型で強い台風25号 東シナ海を北上 三連休は日本海側で暴風警戒(5日5時更新)
 今日5日(金)5時には、大型で強い勢力の台風25号(コンレイ)は、沖縄本島と宮古島の間を通過し、久米島の北西を北上しています。まもなく沖縄本島も暴風域から抜ける見込みです。

 ▼台風25号 5日(金)5時(推定)
 存在地域   久米島の北西約120km
 大きさ階級  大型
 強さ階級   強い
 移動     北北西 25 km/h
 中心気圧   965 hPa
 最大風速   35 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 50 m/s
大型で強い台風25号 東シナ海を北上 三連休は日本海側で暴風警戒(5日5時更新)
沖縄 台風通過後も激しい雨風に警戒
 台風25号は、沖縄からは徐々に離れつつありますが、中心の東側には活発な雨雲あり、沖縄本島にかかっています。

 また、昨夜には沖縄本島の西にある渡嘉敷島で最大瞬間風速40.3m/sを観測したのをはじめ、日付が変わってからも、那覇で36.2m/s、うるま市の宮城島で36.0/sを記録するなど、暴風が続いています。
大型で強い台風25号 東シナ海を北上 三連休は日本海側で暴風警戒(5日5時更新)
三連休には日本海を通り北日本へ
 台風25号は、このあとも東シナ海を北上して、6日(土)には九州北部にかなり接近し、日本海へ進む予想です。
 このため九州北部では、風が強まり、本州の日本海側でも7日(日)にかけて南風が強く吹く見通しです。

 7日(日)には、東北北部や北海道へと接近し、北日本で強い雨を降らせるおそれがあります。
 北海道胆振東部地震の被災地でも大雨の可能性がありますので、二次災害の発生が懸念されます。

 8日(月)までには、温帯低気圧へと変わる見込みです。

大型で強い台風25号 東シナ海を北上 三連休は日本海側で暴風警戒(5日5時更新) はコメントを受け付けていません。


台風25号 三連休に影響か!? 一気に猛烈な勢力に発達

台風25号 三連休に影響か!? 一気に猛烈な勢力に発達


 台風25号は24時間で急速に発達し、火曜日の午前3時に猛烈な勢力になりました。4日から5日にかけては沖縄、7日あたりは本州付近にも影響が出るおそれがあり注意が必要です。

 台風24号が月曜日に通過したばかりですが、早くも次の台風が迫っています。その台風25号は台風の目もハッキリとしていて猛烈な勢力にまで発達しています。

 実はこの台風、1日で急激な変化を遂げているんです。月曜日の午前3時の段階では、雲画像を見ても台風の目はなく、強い勢力、965hPaでした。これが24時間後、火曜日の午前3時になると915hPa、50hPaも下がって急激に発達したのがわかります。

 ではこの台風、どのコースを通りそうなのかを見ていきますと、このあと北上し、4日から5日にかけてはまた沖縄に大きな影響がありそうです。そして土曜日からは3連休という方も多いと思いますが、連休初日は東シナ海を北上する予想です。連休2日目になりますと、予報円が西日本にもかかるようになり影響が出てきそうです。今回の台風、上陸しなかったとしても連休後半、各地で風の影響が大きくなるおそれがあります。今後の情報にご注意ください。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00010001-wmapv-soci

台風25号 三連休に影響か!? 一気に猛烈な勢力に発達 はコメントを受け付けていません。


新潟地方気象台発表 風の実況

[風の実況]
9月30日00時から10月1日14時までの最大瞬間風速と最大風速
(アメダスによる速報値 単位:メートル)
佐渡市両津
最大瞬間風速 26.5 西南西  1日12時53分
最大風速 18.2 西南西  1日11時04分

佐渡市弾崎
最大瞬間風速 26.0 北北西  1日03時24分
最大風速 19.0   北  1日02時46分

上越市高田
最大瞬間風速 25.3 西北西  1日06時53分
最大風速 11.8   西  1日05時47分

佐渡市相川
最大瞬間風速 25.0 北北西  1日02時51分
最大風速 17.0 北北西  1日03時22分

新潟地方気象台発表 風の実況 はコメントを受け付けていません。


台風24号を追いかける台風25号。週末からの3連休への影響は?

フィリピンの東を西進している台風25号ですが、きょう午前9時には中心気圧965hPaの強い勢力となっています。
今後も台風24号と同じようなコースでさらに発達しながら北西方向へ進み、木曜日から金曜日頃に沖縄近海へ達する見込みです。
その後、3連休初日の土曜日にかけて、東シナ海を北上する見込みですが、この時点では予報円の直径が約1000キロあり、西寄りへ進めば台湾から大陸方面へ進む一方、東寄りに進むと沖縄本島から九州へ近づくという、まさに台風24号と同じようなコース取りをする心配があります。
もし本州付近に大きな影響があるとすれば、土曜日からの3連休ということになりそうで、秋の行楽シーズンの週末を2週連続で台風が直撃するということにもなりかねません。
今後もこの台風の進路予想から目が離せない状況です。

今回も転向するかは太平洋高気圧がカギ


台風25号と太平洋高気圧(ウェザーマップ)
台風25号と太平洋高気圧(ウェザーマップ)

台風25号が本州付近へ向かってくるかどうかは、今回も太平洋高気圧の勢力が大きなカギを握っています。
今のところ、台風25号が沖縄付近に達しているであろう金曜日(5日)の予想では、今の時期としては太平洋高気圧の勢力が南海上から日本付近にかけて強く、台風をブロックしているような感じとなっており、このため台風25号は東シナ海を大回りして朝鮮半島へ向かうような計算もあるようです。
ただ今回の台風24号の時もそうでしたが、太平洋高気圧の勢力予想は数日でぶれることも多々あり、もし金曜日から土曜日頃にこの予想よりも弱くなれば、九州に接近するように東寄りの進路をとることも十分に考えられます。
また東シナ海では大回りするものの、偏西風にのって急激に九州に接近してくることも考えられます。
一方、高気圧が強まれば大陸方面へ進むことも考えられますが、これは今のところ少数派といった感じです。
また時期的に10月になれば、東シナ海へ進む台風の多くが本州付近へ転向してくるという統計もあり、この点からも要注意と言えるでしょう。
いずれにしても沖縄では直接の影響を受けそうですから、厳重な警戒が必要です。




台風24号を追いかける台風25号。週末からの3連休への影響は? はコメントを受け付けていません。


<台風24号>45.6m 関東で記録的な暴風

 台風24号は1日、本州を北上し、岩手県付近から三陸沖へ抜けた。東京都八王子市で最大瞬間風速としては観測史上1位の45.6メートルを記録するなど、関東を中心に記録的な暴風が吹き荒れた。総務省消防庁などによると、鳥取と山梨の両県で計2人が死亡。16府県で104人が重軽傷を負い、鳥取、宮崎の両県で計2人が行方不明になっている。30日夜に首都圏の全在来線を計画運休したJR東日本は1日午前、倒木などの確認のため山手線など多くの路線で運転の見合わせが相次ぎ、通勤客らに混乱が生じた。東京電力管内では1日正午現在、約39万戸が停電している。

 気象庁によると、1日午前9時までに、関東などの7地点で最大瞬間風速40メートル以上を観測。千葉県銚子市で42メートル、山梨県富士河口湖町で41.9メートルを記録した。

 台風の北上に伴って前線が活発化した影響で、各地で激しい降雨があった。静岡市では1日未明までの1時間で72.5ミリの非常に激しい雨が降った。

 台風24号は強い勢力を保ったまま北海道の南東海上を進み、1日午後に温帯低気圧になった。同日午前10時現在、襟裳岬の東の海上を時速約95キロで北東に進んでいる。中心気圧は970ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心の南東側280キロ以内と北西側130キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。

 東京電力によると、茨城、栃木、東京、山梨などで計約39万700戸が停電。中部電力管内では1日正午現在、静岡や愛知、三重などの計約64万戸が、東北地方では福島、岩手などの計約6900戸が停電している。

 また、日本航空と全日空は9月30日にダイヤが乱れた影響で機体が手配できないなどの理由で、1日も羽田や大阪(伊丹)空港を発着する国内線を中心に欠航を決めた。

<台風24号>45.6m 関東で記録的な暴風 はコメントを受け付けていません。


団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp