[ カテゴリー:あんしんあんぜんトピックス ]

第7回自治体災害対策全国会議が長岡市で開催されます

阪神・淡路大震災を契機に、全国各地で開催されてきた自治体災害対策全国会議が、今年度は長岡グランドホテルで開催されます。
今回は、「被災者支援と災害復興・地域創生」をテーマに、新潟県中越地震をはじめ、東日本大震災、熊本地震などの対応事例をもとに、今後の被災者支援のあり方や、創造的復興の実現方策について考えます。
どなたでも無料で参加いただけますので、希望される方は所定の申込書に記入のうえ、下記の事務局へFAXまたはEメールによりお申込みください。

〈自治体災害対策全国会議実行委員会事務局〉
(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構研究戦略センタ-
E-mail:zenkoku@dri.ne.jp
URL:http://www.hemri21.jp/dcp/index.html

詳しくは、こちらをご覧ください。

第7回自治体災害対策全国会議が長岡市で開催されます はコメントを受け付けていません。


台風21号にご注意ください

台風21号は、20日(金)午前3時現在、フィリピンの東を時速約15キロで北に進んでいます。今後は発達してさらに大型化しながら北寄りに進み、23日(月)頃に非常に強い勢力で西日本から東日本に接近または上陸の恐れがあります。

長岡市への影響は、ウェザーニューズ社によると、23日(月)午前10時頃に最も接近する予想となっており、22日(日)の夕方から23日(月)の夜にかけて暴風や強風、大雨、高波に注意してください。

 

今後の台風情報に留意するとともに、土砂災害、低い土地の浸水、河川の洪水等にご注意ください。また、増水した河川や用水路には近づかないようにするとともに、不要不急の外出は控えてください。

台風21号にご注意ください はコメントを受け付けていません。


「2017避難支援セミナーin南魚沼」の開催について

新潟県より、「2017避難支援セミナーin南魚沼」への参加希望について案内がありました。
つきましては、下記のとおり募集いたしますので、参加御希望の場合は添付のチラシに従いお申込みいただくようお願いします。


1.セミナーの概要

(1) 日時 平成29年11月12日(日) 14:00~16:00(開場13:00)

(2) 会場 南魚沼市民会館

(3) 内容 基調講演

「ふだんの支援、避難の支援~日常と災害時の地域の役割~」

講師 松田 曜子 氏

    (長岡技術科学大学環境社会基盤工学専攻 准教授)

2 参加申込み

(1) 申込方法

参加費は無料です。参加希望の場合は、添付のチラシに従い、お申込みください。

 <申込先>南魚沼市総務課(電話:025-773-6660)

(2)定員等

  200名(先着順)

チラシ

「2017避難支援セミナーin南魚沼」の開催について はコメントを受け付けていません。


イノシシにご注意ください

10月17日火曜日、午後11時ころ、川西地域の左岸バイパス七日町付近にて2~3頭のイノシシが目撃されるとともに、イノシシと軽乗用車による衝突事故が発生しました。

車と衝突したイノシシは、関越自動車道方面へ逃げましたが、広い範囲で目撃情報が寄せられていることから、目撃情報のあった付近にお住まいの皆様はご注意ください。

出没場所はこちらから→出没位置図

イノシシにご注意ください はコメントを受け付けていません。


気象観測装置の点検について

市内に設置している雨量観測局及び河川監視カメラ等の気象観測装置について、下記のとおり点検を実施します。

 

点検期間:10月17日(火曜日)~10月27日(金曜日)

※点検の状況により、予定が変わることがあります。

 

点検に伴い一時的に雨量計の数値が上がったり、カメラ映像が途切れることがありますので、ご承知おきください。

気象観測装置の点検について はコメントを受け付けていません。


腎臓がん判別、血液検査で…がん研など「マーカー」たんぱく質発見

血液検査で腎臓がんを判別できるたんぱく質を発見したと、公益財団法人がん研究会(東京都)と大阪大の研究グループが発表した。
検査での目印となる精度の高い腫瘍マーカーとして実用化されれば、腎臓がんの早期発見につながる可能性があるとしている。
 研究グループは、腎臓がんの細胞から分泌され、がん細胞の情報を血液中などにばらまく微粒子に着目して調べた。その結果、「アズロシディン」というたんぱく質が、正常な腎臓細胞の30倍以上あった。さらに腎臓がん患者19人の血液を調べたところ、10人(52・6%)から、このたんぱく質を検出した。健康な10人からは見つからなかった。
研究グループは、総合化学メーカーと共同で、少量の血液でこのたんぱく質の濃度を測る簡易検査キットの開発を始めた。2~3年後の実用化を目指すとしている。
研究グループの植田 幸嗣こうじ ・がん研究会プロジェクトリーダーは「腎臓がんの5年生存率は、早期に見つかれば高いが、最も進行した状態だと大きく下がる。早期発見によって、治療成績の向上が期待できる」と話している。
腎臓がんは日本で年間約2万5000人がなり、約9000人が亡くなる。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171012-OYTET50008/

腎臓がん判別、血液検査で…がん研など「マーカー」たんぱく質発見 はコメントを受け付けていません。


ヒアリ?1000匹、中国から届いたコンテナに…女王アリとみられる死骸も

京都府は12日、中国から大阪港経由で同府向日市に運び込まれたコンテナ内から、南米原産の強い毒性を持つヒアリとみられるアリ約1000匹が見つかったと発表した。
 府によると、コンテナには毛布が積み込まれ、9月23日に中国海南省から出港。香港を経由して10月3日に大阪港に到着し、12日朝に向日市内の倉庫に運びこまれた。倉庫業者がコンテナを開けた際に気付き、殺虫処分した。府が調べたところ、女王アリとみられる死骸も含まれていたという。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171013-OYTET50011/

ヒアリ?1000匹、中国から届いたコンテナに…女王アリとみられる死骸も はコメントを受け付けていません。


10/22(日)十日町市総合防災訓練における緊急速報メールによる緊急情報伝達訓練について

平成29年10月22日(日曜日)午前8時00分から、十日町市役所(松代支所)で総合防災訓練が開催されます。その際、訓練の一環として、携帯電話主要3キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)の緊急速報メールにより緊急情報伝達訓練が行われます。

そのため、十日町市に隣接する長岡市でも、この緊急速報メールを受信する可能性がありますのでご承知おきください。

以下、緊急速報メール文

【※訓練※】避難勧告発令
これは訓練です。
こちらは十日町市災害対策本部です。市総合防災訓練実施に伴い、訓練情報を配信します。午前8時00分に、松代地区に避難勧告を発令しました。土砂災害にも警戒し、避難所への避難を行ってください。
これは訓練です。
(新潟県十日町市)

10/22(日)十日町市総合防災訓練における緊急速報メールによる緊急情報伝達訓練について はコメントを受け付けていません。


「アダルトサイトとのトラブル解決」をうたう探偵業者に注意

内容

以前トラブルに遭ったアダルトサイト業者から「裁判所から督促状が届く」等と度々電話がかかってきた。インターネットで「消費者センター」を探して電話したところ「解決に5~7万円かかる」と言われた。お金がかかるのはおかしいと思い「消費生活センターか」と尋ねると「公安委員会に届出をしているのでご安心ください」と言われ、あやしいと思い電話を切った。名前と電話番号を知られている。大丈夫か。(60歳代 男性)


ひとこと助言

  • アダルトサイトのトラブルを解決しようと、インターネットで探した「返金・解決ができる」等とうたう窓口に電話したところ、実際には探偵業者だったため、問題は解決しないのに料金を請求されたという相談が寄せられています。
  • 「消費者○○センター」など、自治体の消費生活センターと似た名称を名乗る探偵業者もあるので、注意が必要です。
  • 不安に思ったら、早めにお住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン188)。



本情報は、国民生活センターの公表情報をもとに編集・発行しています。

「アダルトサイトとのトラブル解決」をうたう探偵業者に注意 はコメントを受け付けていません。


接種を取りやめる医療機関も インフルエンザワクチン不足の理由

コラム【医者も知らない医学の新常識】

 今年も10月1日からインフルエンザの予防注射が始まりました。しかし、いつもなら早めのワクチン接種が勧められるところですが、今年はちょっと事情が違っています。供給されているワクチンの量が非常に少ないため、予約はしてもまだ接種を始めていない医療機関が多く、今年は接種自体を取りやめる、というところまであるようです。

 なぜ今年のインフルエンザワクチンは不足しているのでしょうか? インフルエンザのワクチンには4種類の抗原が含まれていますが、そのうちのひとつを新しくしたところ、それをうまく増やすことに失敗。途中で急きょ昨年と同じ抗原に切り替えたというのが真相のようです。

 このために普段より大幅に作る時期が遅れてしまい、いつもなら10月の初めには十分な量が供給されているところが、年末くらいまでずれ込む見通しなのです。インフルエンザが最も流行するのは、通常12月の後半から来年の1月くらいにかけてです。本来は11月の中旬までには接種を完了するのが望ましいのですが、それを達成するのは難しい状況です。

 こうした時にはお子さんやお年寄り、肺の病気のある方など、ワクチンの必要性の高い人に優先的に接種するのが大事なことで、少ないワクチンを有効に活用することが、今年は必要になりそうです。

(石原藤樹/「北品川藤クリニック」院長)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000016-nkgendai-hlth

接種を取りやめる医療機関も インフルエンザワクチン不足の理由 はコメントを受け付けていません。


団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp