[ カテゴリー:あんしんあんぜんトピックス ]

<秋の味覚>毒キノコに注意を 大豊作の兆し

キノコ狩りの本格シーズンを控え、今年は野生キノコに大豊作の兆しがある。各地の里山で野生キノコが大発生し、毒キノコの判別に保健所へ相談に訪れる人もいる。9月末〜10月の最盛期に向け、新潟県や専門家は「食べられるかどうか分からないものは採ったり、食べたり、近所の人にあげたりしないで」と注意を呼びかけている。【内藤陽】
 「あら、お花畑みたい」。同県柏崎市西山町別山のキャンプ場で9月中旬、女性従業員が緑色の芝生の上に黄色いキノコの群生を見つけた。「5〜6年勤務しているけど、芝生にニョキニョキ生えたキノコなんて見たことない」。珍しさからカメラで写真を撮影し、毒キノコだと思い、宿泊客の子どもが誤って口に入れないように急いで踏み潰した。よく見ると芝生のあちこちに同じキノコが出ていた。専門家によると、問題のキノコはアキヤマタケとミイノベニヤマタケで毒性はないものの食の対象ではないことが分かった。
 県などによると、今夏は猛暑が続き8月末から9月上旬にかけてまとまった雨があったことや残暑もなく朝晩涼しくなったことで、野生キノコの発生に最適な気象条件がそろっている。「天候が野生キノコの大豊作だった2011年に似ている」との話もある。
 すでに各地で兆候も見られる。妙高市の笹ケ峰や上越市、群馬県の山を訪れた人は「ナラタケなどがたくさん採れた」と証言。併せてテレビゲームソフト「スーパーマリオブラザーズ」に登場するような毒々しいテングタケやシロハツ、傘の裏がスポンジ状のイグチ科など、地面に生えるキノコ大量発生の報告もある。今月に入り、村上市や阿賀野市などでは地元の保健所に食べられるかどうかの相談も来始めている。
 今後は木に生えるキノコがシーズンを迎えるため、新潟県は毒キノコによる食中毒の発生に警戒を強めている。その中でも特に注意が必要なのは、県内で最も食中毒被害の多いツキヨタケ。毎年、ヒラタケやシイタケと間違えて食べ、嘔吐(おうと)、下痢、腹痛に苦しむ患者が発生している。シイタケのほだ木から生えてきたという事例もある。1982年以降、県内の毒キノコ被害は199件669人に上り、このうちツキヨタケによるものが104件375人と半数以上を占める。
 「柏崎きのこ研究会」会長の布施公幹(きみよし)さん(87)のもとには、保健所や個人の依頼で数多くの野生キノコが持ち込まれる。布施さんは傘の表面と裏面を入念に観察し、茎を指でつぶさに触診する。それでも分からなければ半分に切って特徴を見極める。
 県内でよく食べられる野生のナラタケでも9種類あるうえ、似たものに有毒のドクササコがある。誤って食べると、手足の先が赤く腫れ、焼け火箸を刺すような激痛が1カ月以上続く。毒性の強いクサウラベニタケはウラベニホテイシメジに酷似し、“名人泣かせ”と呼ばれる。猛毒のカエンタケでは県内で死亡例がある。
 毒キノコの見分け方には多くの迷信があり、当てにならないので信じてはいけないという。「判別は面倒だが、実際に現場で生えている様子を見るのが一番いい。安全にキノコ狩りの醍醐味(だいごみ)と実りの秋を楽しんでほしい」と話した。
 ◆毒キノコの判別にまつわる迷信と事実◆
「柄(傘のつけ根)が縦に裂ければ大丈夫」→多くの毒キノコは柄が縦に裂ける
「ナスと一緒に煮れば毒が消える」→ナスと一緒に煮ても毒は消えない
「虫が食べているキノコは食べられる」→毒キノコでも虫は食べる
「地味な色は食用、派手な色は毒キノコ」→多くの毒キノコは地味な色をしている
「塩漬けにすれば毒が消える」→塩漬けにしても毒は消えない
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/life/mainichi-20180922k0000e040241000c.html

<秋の味覚>毒キノコに注意を 大豊作の兆し はコメントを受け付けていません。


<秋の味覚>毒キノコに注意を 大豊作の兆し

キノコ狩りの本格シーズンを控え、今年は野生キノコに大豊作の兆しがある。各地の里山で野生キノコが大発生し、毒キノコの判別に保健所へ相談に訪れる人もいる。9月末〜10月の最盛期に向け、新潟県や専門家は「食べられるかどうか分からないものは採ったり、食べたり、近所の人にあげたりしないで」と注意を呼びかけている。【内藤陽】
 「あら、お花畑みたい」。同県柏崎市西山町別山のキャンプ場で9月中旬、女性従業員が緑色の芝生の上に黄色いキノコの群生を見つけた。「5〜6年勤務しているけど、芝生にニョキニョキ生えたキノコなんて見たことない」。珍しさからカメラで写真を撮影し、毒キノコだと思い、宿泊客の子どもが誤って口に入れないように急いで踏み潰した。よく見ると芝生のあちこちに同じキノコが出ていた。専門家によると、問題のキノコはアキヤマタケとミイノベニヤマタケで毒性はないものの食の対象ではないことが分かった。
 県などによると、今夏は猛暑が続き8月末から9月上旬にかけてまとまった雨があったことや残暑もなく朝晩涼しくなったことで、野生キノコの発生に最適な気象条件がそろっている。「天候が野生キノコの大豊作だった2011年に似ている」との話もある。
 すでに各地で兆候も見られる。妙高市の笹ケ峰や上越市、群馬県の山を訪れた人は「ナラタケなどがたくさん採れた」と証言。併せてテレビゲームソフト「スーパーマリオブラザーズ」に登場するような毒々しいテングタケやシロハツ、傘の裏がスポンジ状のイグチ科など、地面に生えるキノコ大量発生の報告もある。今月に入り、村上市や阿賀野市などでは地元の保健所に食べられるかどうかの相談も来始めている。
 今後は木に生えるキノコがシーズンを迎えるため、新潟県は毒キノコによる食中毒の発生に警戒を強めている。その中でも特に注意が必要なのは、県内で最も食中毒被害の多いツキヨタケ。毎年、ヒラタケやシイタケと間違えて食べ、嘔吐(おうと)、下痢、腹痛に苦しむ患者が発生している。シイタケのほだ木から生えてきたという事例もある。1982年以降、県内の毒キノコ被害は199件669人に上り、このうちツキヨタケによるものが104件375人と半数以上を占める。
 「柏崎きのこ研究会」会長の布施公幹(きみよし)さん(87)のもとには、保健所や個人の依頼で数多くの野生キノコが持ち込まれる。布施さんは傘の表面と裏面を入念に観察し、茎を指でつぶさに触診する。それでも分からなければ半分に切って特徴を見極める。
 県内でよく食べられる野生のナラタケでも9種類あるうえ、似たものに有毒のドクササコがある。誤って食べると、手足の先が赤く腫れ、焼け火箸を刺すような激痛が1カ月以上続く。毒性の強いクサウラベニタケはウラベニホテイシメジに酷似し、“名人泣かせ”と呼ばれる。猛毒のカエンタケでは県内で死亡例がある。
 毒キノコの見分け方には多くの迷信があり、当てにならないので信じてはいけないという。「判別は面倒だが、実際に現場で生えている様子を見るのが一番いい。安全にキノコ狩りの醍醐味(だいごみ)と実りの秋を楽しんでほしい」と話した。
 ◆毒キノコの判別にまつわる迷信と事実◆
「柄(傘のつけ根)が縦に裂ければ大丈夫」→多くの毒キノコは柄が縦に裂ける
「ナスと一緒に煮れば毒が消える」→ナスと一緒に煮ても毒は消えない
「虫が食べているキノコは食べられる」→毒キノコでも虫は食べる
「地味な色は食用、派手な色は毒キノコ」→多くの毒キノコは地味な色をしている
「塩漬けにすれば毒が消える」→塩漬けにしても毒は消えない
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/life/mainichi-20180922k0000e040241000c.html

<秋の味覚>毒キノコに注意を 大豊作の兆し はコメントを受け付けていません。


「メタボ」減るどころか微増、目標達成できず

厚生労働省は、2013~22年度の国民の健康づくり計画「健康日本21」の中間評価を公表した。メタボリックシンドロームの該当者と予備軍は15年度時点で約1412万人となり、同年度に約1050万人まで減らす目標を達成できなかった。このため厚労省は目標の達成時期を22年度まで先送りする。
 健康日本21は、適正体重や運動習慣、食生活などについて22年度までの10年間の数値目標を定めた計画。中間評価では、全53項目のうち健康上の問題がなく日常生活を送れる「健康寿命」など6割の項目で改善がみられた。
 一方で、メタボ該当者と予備軍については08年度(約1400万人)よりも25%減らす目標に届かなかった。
 また、進行した歯周病の人の割合は、16年度時点で40歳代が44.7%、60歳代が62.0%で、22年度までにそれぞれ25%、45%とする目標値を大きく下回っている。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180922-OYTET50011/

「メタボ」減るどころか微増、目標達成できず はコメントを受け付けていません。


セット契約やスマートフォンの使い方などの携帯電話のトラブル-高齢者の相談が増加しています-

携帯電話の契約数は年々増加傾向にあり、今や多くの人の生活に欠かせないインフラとなっています。その一方で、全国の 消費生活センター等には、「スマートフォンを契約しに行ったら、不要なタブレット端末を契約してしまった」「違約金が かからない月に解約したら、その月の料金が日割りにならなかった」等の契約・解約時に関するトラブルや、「スマートフ ォンが使いたくて契約したが、使いこなせない」「スマートフォンで通話を切り忘れて通話料が高額になった」等の利用時 のトラブル等の携帯電話に関する相談(注1)が年間2万件以上寄せられており、契約当事者が60歳以上のトラブルは増加し ています。そこで、トラブルの未然防止、拡大防止の観点から消費者に注意を呼びかけると共に、関係機関へ要望および情 報提供を行います。
2013年度の相談件数は21,545件、携帯電話の内スマートフォンの件数は9,321件、携帯電
話の内契約当事者60歳以上の件数は3,947件、2014年度の相談件数は22,744件、携帯電
話の内スマートフォンの件数は9,564件、携帯電話の内契約当事者60歳以上の件数は
5,276件、2015年度の相談件数は26,281件、携帯電話の内スマートフォンの件数は
13,734件、携帯電話の内契約当事者60歳以上の件数は6,672件、2016年度の相談件数は
24,385件、携帯電話の内スマートフォンの件数は14,251件、携帯電話の内契約当事者60
歳以上の件数は6,960件、2017年度の相談件数は23,354件、携帯電話の内スマートフォン
の件数は14,705件、携帯電話の内契約当事者60歳以上の件数は7,399件、2018年度の相
談件数は8,215件、携帯電話の内スマートフォンの件数は5,297件、携帯電話の内契約当
事者60歳以上の件数は2,706件です。
(注1)本資料に関する相談件数は、携帯電話端末(スマートフォンを含む)や、通信契約等の携帯電話サービスに関する 相談のこと(いわゆる“格安スマホ”“格安SIM”等のMVNOの携帯電話等の相談も含む)。携帯電話の相談の内数であるスマー トフォンの相談件数は、消費者の申し出等からスマートフォンと判別できたもの。 (注2)PIO-NET(パイオネット:全国消費生活情報ネットワークシステム)は、国民生活センターと全国の消費生活セン ター等をオンラインネットワークで結び、消費生活に関する相談情報を蓄積しているデータベースのこと。相談件数は、 2018年8月31日までの登録分。消費生活センター等からの経由相談は含まれていない。 相談事例
【事例1】
必要ないと断ったのに、スマートフォンを契約させられた
【事例2】
スマートフォンを契約したら、不要なタブレット端末や付属品とのセット契約だった
【事例3】
解約した月は割引が適用されず、月額料金も日割りではなかった
【事例4】
タブレット端末、光回線、電気等も契約したが、スマートフォンさえ使いこなせない
【事例5】 スマートフォンの通話を切り忘れて高額な通話料を請求された
相談事例からみる問題点 消費者の当初の希望とは異なる契約となっている 今後支払う料金を消費者が正しく認識できていない解約時に発生する料金を消費者が認識できていない消費者が積極的に契 約をしても、端末操作や料金プランの内容を正しく理解できずトラブルになっている 消費者へのアドバイス 契約内容の中でも、特に料金が発生する契約は何か確認しましょう解約時にかかる料金や割引サービスの内容も確認しまし ょうスマートフォンに慣れるために、携帯電話会社等が提供するスマートフォン教室等も活用しましょう契約後にキャンセ ル・解約したいと思った場合は、すぐに携帯電話会社に申し出ましょう不安に思った場合やトラブルになった場合は、最寄 りの消費生活センター等に相談しましょう 行政への要望 総務省総合通信基盤局電気通信事業部消費者行政第一課(法人番号2000012020001)電気通信事業者および代理店等に対 し、以下の事項について継続的に行うことを要望します。 販売勧誘等を行う際は、同時に契約する他のサービスも含め、今後発生する月額料金や契約期間、解約料等を含めた注意点 等についても説明が徹底されるよう指導すること 特に、高齢者に関する相談の割合が増加していることから、消費者の知識および経験、契約の目的、利用実態等を踏まえ、 消費者が契約内容を理解し、契約が必要かどうかも含めた適切な判断ができるような説明が徹底されるよう指導すること 契約時の説明不足等が原因となるトラブルが発生している実態に鑑み、市場の健全化、消費者被害防止の観点から、電気通 信事業法の消費者保護ルールに違反した電気通信事業者および代理店等に対する行政指導等の対応を行うこと 業界団体への要望 電気通信サービス向上推進協議会(法人番号なし)特に高齢者に関する相談が増加していることに鑑み、以下の事項につい て継続的に行うことを要望します。 加盟事業者において、電気通信事業法および「電気通信事業者の営業活動に関する自主基準及びガイドライン」等に基づ き、消費者の知識および経験、契約の目的、利用実態等を踏まえた営業活動を行うこと 消費者が自分にとって必要な契約か主体的に判断できるように、今後発生する月額料金や契約期間、解約料等についての説 明が徹底されるように加盟事業者に対して周知徹底すること 特にスマートフォンの契約および利用に関して、消費者の理解を助ける取り組みをより一層推進すること 一般社団法人全国携帯電話販売代理店協会(法人番号2011005006137) 特に高齢者に関する相談が増加していることに鑑み、以下の事項について継続的に行うことを要望します。 携帯電話販売店の店頭販売において、電気通信事業法等に基づき、消費者の知識および経験、契約の目的、利用実態を踏まえた営業活動を徹底すること 勧誘時の説明においては、契約関係や今後発生する月額料金や契約期間、解約料等を含めたサービスの特性や注意点等の説明を徹底し、携帯電話等の同時に契約になるサービスも含め、消費者が契約内容を十分に理解した上で、主体的にサービスの選択ができるよう、加盟事業者に対して周知徹底すること 特にスマートフォンの契約および利用に関して、消費者の理解を助ける取り組みをより一層推進すること 情報提供先 消費者庁 消費者政策課(法人番号5000012010024)内閣府 消費者委員会事務局(法人番2000012010019) 本件連絡先 相談情報部 ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。  

セット契約やスマートフォンの使い方などの携帯電話のトラブル-高齢者の相談が増加しています- はコメントを受け付けていません。


花角・新潟知事単独インタビュー 柏崎刈羽原発、年明け早々に避難計画策定

■廃炉ビジネスには疑問視

 本県の対応が問われる重要課題の一つで、東京電力が経営再建の柱として再稼働を目指す柏崎刈羽原発(柏崎市、刈羽村)をめぐり、花角英世知事は産経新聞の取材に対し、今年度中をめどに重大事故に備えた避難計画を策定し、訓練も実施したいとの意向を示した。一方、柏崎市の桜井雅浩市長が掲げている廃炉ビジネスの育成に関しては「廃炉技術の拠点は福井県に既にある」と指摘し、実現のハードルは低くないとの認識を示した。

 避難計画について、花角知事は「今の(県の)行動指針にマニュアル的なものを加えて、不足部分を補い、名実ともに避難計画といえるものにしようと作業しているところだ。年明け早々には作り上げる」と明言した。

 一方、桜井市長が目指す廃炉技術のビジネス化に関しては「新しい経済活性化のタネにしたいという気持ちは理解できる」と一定の理解を示しつつも「廃炉が地域のビジネスになるかは分からない」と指摘。さらに、本格的な廃炉作業が8月末に始まった高速増殖炉原型炉「もんじゅ」を抱える福井県敦賀市が廃炉技術の蓄積では先行しているとの認識を示した。

 東電が柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働を目指す中、桜井市長は1~5号機のいずれかの廃炉を東電に求めている。花角知事は「1~5号機をどうするのか東電は何も意思表示をしていない」と言及し、東電に対応を促した。

 花角知事は米山隆一前知事の路線を継承し、東電福島第1原発事故をめぐる県独自の「3つの検証」を終えるまでは、柏崎刈羽原発の再稼働について議論はしないとしている。取材に対し、この方針に「変更はない」と強調した。

花角・新潟知事単独インタビュー 柏崎刈羽原発、年明け早々に避難計画策定 はコメントを受け付けていません。


新米を米泥棒から守りましょう!

[内容]
お米の収穫季節になりました。
収穫したお米は、鍵の掛かる場所で保管していますか?

三条市内では、収穫したばかりの玄米6袋、180kgが盗まれる被害が発生しています。

お米は新潟県の宝です。皆さんが愛情を込めて大切に育てたお米を米泥棒から守りましょう!

★被害防止ポイント★
○保管場所の施錠の徹底
○ロープを張る、柵を設置するなどして車や人が敷地に侵入できないようにする
○防犯カメラ・センサーアラーム・センサーライトの設置

新米を米泥棒から守りましょう! はコメントを受け付けていません。


「来て、見て、学ぼう!みんなの防災フェア2018&スマートエネルギーフェア」開催!

市民の防災意識の向上を図る目的で、今年も「みんなの防災フェア」を9月29日(土曜日)と9月30日(日曜日)の2日間、ハイブ長岡を会場に開催します。楽しみながら防災について学べるブースがたくさんあります。

9月30日、10月1日はぜひハイブ長岡にお越しください。

防災フェアのチラシはこちら

ホームページはこちら

「来て、見て、学ぼう!みんなの防災フェア2018&スマートエネルギーフェア」開催! はコメントを受け付けていません。


【フェニックス安全安心情報】犯罪被害に遭われた方を支援します

 ○ 犯罪被害者支援
  長岡市では、犯罪被害に遭われた方への相談・支援を行っている専門機関をご紹介しております。

○ 性犯罪被害者への支援
性暴力被害者支援センターにいがた」では、性犯罪被害に遭われた方の相談・支援無料で行っております。

連絡先は、「025-281-1020」です。

詳しい内容は、長岡市ホームページでご確認ください

長岡市ホームページ「防犯・交通安全情報」
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kurashi/cate15/higaisya-shien.html

【フェニックス安全安心情報】犯罪被害に遭われた方を支援します はコメントを受け付けていません。


小千谷市総合防災訓練を行います

大地震などの大規模災害に備え、自主防災会、防災関係機関と防災関係団体相互の連携を強化することにより円滑な応急対策の実施を可能にし、併せて住民の「自らの身体と財産は自ら守る」という防災意識の高揚と地域防災力の強化を目的に行います。

日時
9月30日(日曜日)午前8時30分~11時30分※雨天決行。ただし、状況によっては訓練の一部を中止、または内容を変更することがあります。※訓練中止の場合はホームページ等でお知らせ致します。
会場
信濃川河川公園ほか
訓練概要
防災訓練のしおり [PDFファイル/875KB]
参加地区東小千谷地区
災害の想定
9月30日(日曜日)午前8時30分、小千谷市において強い地震が発生し、消防本部の地震計は震度6強を記録した。
この地震により市街地、とりわけ東小千谷地区において家屋の倒壊などにより多数の負傷者が発生し、加えて避難行動要支援者が避難できない状況にある。また、ガス・水道などのライフラインにも被害が発生し、さらに住宅地の数か所で火災が発生し、延焼拡大と前日までの大雨による信濃川の増水に伴い、表沢川の水位が上がり内水氾濫のおそれがあ
る。

このように複合的な被害が発生し、また二次災害発生のおそれがあることから、東小千谷地区の住民はそれぞれの指定緊急避難場所に避難する。
主な訓練内容
災害情報伝達訓練、住民避難訓練、現地災害対策本部等設置訓練、救護本部設置訓練、市職員非常招集訓練、応援要請訓練、避難広報訓練、基幹・指定避難所開設訓練、被害情報等収集・伝達訓練、衛星携帯電話による通話訓練、道路障害物撤去訓練、応急給水・仮設給水栓設置訓練、緊急救援物資支援要請・受入れ訓練、災害ボランティアセンター立上げ訓練、炊き出し訓練、河川増水対応訓練、排水ポンプ車による排水訓練、新潟県消防防災ヘリコプターによる救出訓練、避難行動要支援者等避難訓練、トリアージ訓練、負傷者応急処置訓練、初期消火訓練、火災防ぎょ訓練、倒壊家屋救出訓練、交通事故救出訓練、ドクターヘリコプター対応訓練
展示・体験コーナー
ドクターヘリコプター(実災害発生時は訓練なし)、地震体験車、煙体験ハウス、非常用食料の展示と試食・防災資器材・防災用品・活動紹介などの展示
主な参加団体など(順不同)
国土交通省北陸地方整備局信濃川河川事務所、陸上自衛隊第2普通科連隊、新潟県小千谷維持管理事務所、小千谷警察署、小千谷市社会福祉協議会、日本郵便株式会社小千谷郵便局、小千谷市魚沼市医師会、JA新潟厚生連小千谷総合病院、越後おぢや農業協同組合、赤十字安全奉仕団小千谷市分団、小千谷市赤十字奉仕団、小千谷市建設業協会、小千谷市食生活改善推進委員協議会、小千谷アマチュア無線クラブ、魚沼地区生コンクリート協同組合、小千谷市婦人防火クラブ連絡協議会、健康倶楽部中子の森、ケアハウスひう・ひうの家、イオンリテール株式会社イオン小千谷店、NPO法人コメリ災害対策センター、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、東北電力株式会社長岡電力センター、東日本電信電話株式会社新潟支店、株式会社ドコモCS新潟支店、株式会社渡海教栄社、株式会社船山、おぢや震災ミュージアムそなえ館、NPO法人防災サポートおぢや、NPO法人おぢや元気プロジェクト、NPO法人住民安全ネットワークジャパン、民生委員児童委員、東小千谷地区町内会長協議会、東小千谷各町内会、小千谷市自主防災組織連絡協議会、小千谷市消防団、小千谷市消防本部、小千谷市
ご協力をお願いします。

  • 当日会場周辺では、救急車や消防車などのサイレンを鳴らします。事故や火災と間違えないようお願いします。
  • 当日午前8時30分に緊急告知ラジオの起動・割り込み放送と、携帯電話への緊急速報メール配信訓練を行います。市内全域が対象になりますので、ご承知ください。
  • 会場(信濃川河川公園)への車の乗り入れは、駐車場係の指示にしたがってください。
  • 会場の駐車場は限りがあるので、お車での来場はできるだけご遠慮ください。
  周辺道路で交通規制をする場合があります。
避難訓練に関するお問合せ先

小千谷市総合防災訓練を行います はコメントを受け付けていません。


豚コレラに関する情報について

平成30年9月9日、岐阜県の養豚場で、豚コレラに感染した豚が確認されたとの発表が、農林水産省からありました。迅速に防疫措置を講じており、感染豚の肉が市場に出回ることはありません。

[消費者の皆様へ]
○ 豚コレラは豚、いのししに固有の病気です。人に感染することはありません
○ 仮に感染豚の肉を食べても、人に影響はないと考えられます。
○ 根拠のない噂などにより混乱することなく、正確な情報に基づいて冷静に対応していただきますようお願いします。

 

http://www.pref.niigata.lg.jp/shohishagyosei/1356902658090.html


団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp