[ カテゴリー:あんしんあんぜんトピックス ]

海水浴での「フロート使用中の事故」に気を付けましょう!

間もなく始まる子どもの夏休み。夏休みに、海水浴に出かける方も多いのではないでしょうか。
海水浴は楽しいものですが、海は、天気、風向、風速、潮位、潮の満ち引きなどにより大きく姿を変え、それが事故につながることがあります。
海上保安庁の平成 21 年から平成 30 年までの 10 年間の事故情報によると、子どもの海での遊泳中の事故者数(溺水、漂流による帰還不能など)は累計 583 人
に上り、平成 30 年中は 70 人(前年比+18 人)で過去 10 年間で最も多くなりました。
子どもが海で使用する遊具には、浮き輪やフロートなどがありますが、フロートは、風による影響を特に強く受ける遊具です。海上保安庁によると、平成
30 年中の事故の中には、フロートに乗った子どもが陸からの風により沖に向かって流された事例が複数見られ、中には、4歳児が溺れて中等症 3
になった事故も発生しました。フロートに乗って、一度、子どもが流されてしまうと自力で帰還することは難しく、すぐに発見されなければ死に至ることも考えられ、大
変危険です。
海で楽しくフロートで遊ぶために、主に以下のことに注意しましょう。
事故を防止するためのアドバイス
(1)フロートの対象年齢を確認しましょう。
(2)保護者はフロートに乗った子どもから目を離さない、手を離さないようにしましょう。
(3)ライフジャケットを正しく着用させましょう。
(4)遊泳可能な海水浴場で使用しましょう。
(5)風の強い日は使用を控えましょう。
(6)フロートの上で立ったり座ったりするときは慎重にさせ、取っ手がある場合は、しっかりつかまるように教えましょう。

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20190717_1.html

海水浴での「フロート使用中の事故」に気を付けましょう! はコメントを受け付けていません。


室内が危険 高齢者の熱中症対策

体内水分量少なく暑さの影響受ける高齢者、室内の熱中症対策
猛暑だった昨年、熱中症で救急搬送された「9万5073人」は2008年の調査開始以降で最多、そのうち48.1%が65才以上の高齢者だ。

老親を見守る立場としては、もはや夏は厳戒態勢の季節だ。帝京大学医学部教授、同大附属病院高度救命救急センター長の三宅康史さんに、中年の子供世代が知っておくべき夏の高齢者の体の状態と熱中症対策を聞いた。

外気温が上がり、体温調節が追いつかずに体温が異状に上がると、めまいやけいれん、失神などを起こす熱中症。脳や肝臓、腎臓、血液循環などにダメージがあれば、命にもかかわる重大な病気だ。

「人の体は一定の体温を保つことで、脳や臓器などの働きを守っています。通常は、体温が上がると皮膚表面の血流量が増えて熱を外気に放熱したり、汗をかいて乾く時に熱を奪ったりして体温を下げようとします。暑いと不快に感じ、思わずあおいだり、冷水に触れたり、無意識にも放熱を促します。これは体温が異状に上がることへの回避行動ともいえます」(三宅さん・以下同)

ただこれは比較的健康な一般成人の場合。高齢者は暑さの感覚や体の反応が鈍くなり、基礎代謝も落ちているため、同じ環境下でも、暑さを感じない、汗をかかないということもよくあるという。

「それでも、暑い場所にいて体温が上がっていないわけではないのです。高齢者は成人に比べて体内の水分量が少なく、例えれば、同じ大きさのやかんの中の水の量が少なく、加熱すればすぐに沸騰するわけです。つまり高齢者の方が、暑さなど環境の影響を受けやすいということです」

暑さを感じにくく、自らエアコンをつけるなどの回避行動につながらない。それどころか独居の場合、夏でも冬の服や布団を使っていたりすることも少なくないという。

「本人も気づかないうちに熱中症を発症し、結果的に重症に至ることも多いのです。特に油断しがちな家の中が危険。窓を開けて風を入れれば大丈夫と思っている高齢者も多いのですが、今は昼も夜も暑い。事実、高齢者の熱中症の多くが家の中で発症しています。“暑ければエアコンをつけるだろう”という、家族の思い込みも禁物です」

◆涼しい室内の目安は感覚ではなく数値で確認

高齢者がいちばん長く過ごす家の中。熱中症にならないための対策を聞いた。

「まず室温と湿度を下げること。温度はいうまでもなく、湿度が高いと汗が乾かず、気化熱による冷却が効かないからです。環境省が“室温28℃、湿度70%”という数値を掲げていますが、これは体を冷やしすぎず、環境や節電効果も見越して推奨している目安です。

本来は個々にちょうどいい温度を見つけるのが理想。室温が低すぎれば室内外の温度差が大きくなり体に負担がかかり、また寒くてエアコンを消してしまっては元も子もありません。28℃以下を目安に暑からず寒からずの温度を測り、数値で覚えましょう。温湿度計を設置し、目で見て確認することも大切です」

エアコンの冷気は低位置にたまりやすいので、扇風機などの風で攪拌し、室温を均一にすることも重要だという。

「熱帯夜が続く時期などは、エアコンを止めて就寝中に熱中症になるケースも続出しています。つけたり消したりすることによる温度差も負担になりますから、心地よい温度が均一に行き渡るようエアコンや扇風機を工夫。厳しい暑さの時期だけでも部屋で過ごす間はつけっぱなしにすることがおすすめです」

【Profile】三宅康史さん●東京医科歯科大学医学部卒。帝京大学医学部附属病院高度救命救急センター長、日本救急医学会評議員・専門医・指導医。熱中症に関する委員会前委員長、環境省「熱中症予防声かけプロジェクト」実行委員長も務める。

https://news.goo.ne.jp/article/postseven/life/postseven-1410318.html

室内が危険 高齢者の熱中症対策 はコメントを受け付けていません。


手足口病患者が増加、過去10年同期比で最多 – 3週連続で警報基準値を上回る

手足口病の1日から7日までの週の患者報告数が過去10年の同期と比べて最も多くなっていることが16日、国立感染症研究所がまとめた患者報告で分かった。この週の患者報告数(定点医療機関約3000カ所)は、前週比約46%増の1医療機関当たり9.76人で、3週連続で警報基準値(5.0人)を上回っている。【新井哉】

 都道府県別では、福井が31.13人で最も多く、以下は、
石川(26.76人)、香川(17.11人)、三重(17.05人)、滋賀(16.41人)、鳥取(16.21人)、高知(16.07人)、福島(15.66人)、山口(15.57人)、兵庫(15.19人)、千葉(14.22人)、富山(13.28人)、福岡(13.1人)、茨城(12.41人)、佐賀(12.35人)、京都(11.21人)、新潟(11.11人)、埼玉(11.03人)などの順だった。

 流行の本格化に伴い、「手足口病警報」を発令する都道府県が増えている。10日に警報を発令した山形県は、手足口病が5歳以下の乳幼児を中心に夏季に流行する感染症であることや、飛沫や接触などで感染することに触れ、手洗いの徹底などを呼び掛けている。

 手足口病は、水疱性の発疹を主な症状とした急性ウイルス性感染症で、乳幼児を中心に夏季に流行することが多い。原因病原体はコクサッキーウイルスやエコーウイルス、エンテロウイルスなどで、感染から3―5日の潜伏期間後、口腔粘膜や手のひら、足の甲・裏などに2―3ミリの水疱性発疹が現れる。飛沫や接触によって感染する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-13200000-cbn-soci

手足口病患者が増加、過去10年同期比で最多 – 3週連続で警報基準値を上回る はコメントを受け付けていません。


本当に怖い“はしか” 夏休みの海外旅行前にワクチン接種を!

東京オリンピック・パラリンピックまであと1年となりました。今年9月にはラグビーワールドカップ日本大会も開幕します。このような国際的なイベントでは、多種多様な国の人々が1カ所に集まる機会が多くなります。すると日本国内では流行していない感染症が、海外から持ち込まれる可能性が高くなります。中でも最も懸念されるのが麻疹(はしか)です。日本国内では免疫が不十分な人が少なくないため、持ち込まれれば大規模な流行になる危険性があります。また、夏休みに海外旅行に出かける予定がある人は、渡航先で感染する可能性もあります。どのような備えがあれば安心でしょうか。【藤沢市民病院臨床検査科・清水博之/メディカルノートNEWS & JOURNAL】

◇東南アジア旅行から帰国後に発熱
もともと健康で元気だった20代男性Aさんは、東南アジアに7日間の旅行をしました。現地では世界遺産などの名所を巡り、アクティブに過ごせたようです。日本に帰国して10日目から38℃台の発熱と、せきや鼻水が出はじめました。近くの内科を受診したところ“風邪”と診断されて、解熱薬やせき止めをもらいました。3日ほどして、一旦平熱に戻りましたが、その翌日から再度発熱、同時に全身に発疹が出てきました。解熱剤を飲みながら、何とか仕事を続けていましたが、徐々にせきも悪化してきたため、もう1度内科を受診しました。

Aさんを診察した医師は当初、症状から一般的な風邪と考えました。しかし、2回目の受診時には発疹が出ていたため、普通の風邪とは違うのではないかと思い、いくつかの感染症を頭に浮かべました。海外での感染も考えて、「最近海外旅行に行っていませんか」と尋ねたところ「2週間くらい前まで東南アジアを旅行していました」「もうだいぶ前のことなので、今の熱や発疹は関係ないですよね?」と答えが返ってきました。

日本では少なくなっても海外では流行している感染症はたくさんあります。また、感染症の原因になる病原微生物によっては、感染してから発症するまでの期間(これを潜伏期間といいます)が長いものもあります。特に発疹が現れるウイルス感染症として有名な麻疹、風疹、水痘(水ぼうそう)などは、いずれも2週間ほどの潜伏期間があります。Aさんは帰国して10日目に症状が出てきたので、渡航先で感染した可能性は十分にあるということになります。東南アジアに滞在していたこと、症状の経過から、医師は麻疹が疑わしいと考えました。

◇「はしかのような」と軽視は禁物
昔から「はしかのようなもの」という言い回しがあり、麻疹は誰もがかかる“通過儀礼”のような病気というイメージがあるかもしれません。実際、数十年前の日本では、近所の子どもから感染して発症した人もたくさんいました。1960年代にワクチンが開発され、78年から定期接種化(公費助成による接種)されたことにより、あらかじめ防ぐことができる病気となりました。おかげで感染者の数は徐々に減り、ついに2015年に日本は国際的に「麻疹排除国」の認定を受けることができたのです。

ところが、海外、特にアジアとアフリカではまだ流行していて、世界中で年間9万人の死亡者が出ています。そのため、最近はAさんのように海外で感染して日本に帰国してから発症するケースがとても増えています。さらに、オリンピックのような大きなイベント時には、潜伏期間中に入国した外国人旅行者が起点となって、国内で流行が起こることも想定しておかなければなりません。

◇1人から14人に感染拡大
麻疹は、実はとても恐ろしい感染症です。その理由は2つあります。

1つ目は感染力の強さです。麻疹は空気感染で人から人へと感染します。発症している人がくしゃみやせきをすると、その人の周りには麻疹ウイルスを含んだしぶきが飛び散ります。そして乾燥し水分がなくなると、軽くなったウイルス粒子はそのまま空気中を長時間漂います。これを他の人が吸い込むことで、感染します。

例えば麻疹を発症した人が1人いると、周囲の12~14人が感染するといわれています。インフルエンザウイルスなどは長い時間漂うことができず、1人の発症者から感染するのは周囲の1~2人に限られるのと比べると、麻疹ウイルスの感染力が圧倒的に強いことがお分かりいただけると思います。

2つ目の理由は、合併症が多いことです。肺炎、中耳炎、心筋炎、脳炎などを合併することがあり、この確率は全体の30%にも達するといわれています。また、頻度は低いですが、麻疹に感染して7~10年後に発症する亜急性硬化性全脳炎(SSPE)は、有効な治療法がなく、知的障害や運動障害が出現しやがては死に至る恐ろしい合併症です。

◇典型的な症状が出ないケースも
麻疹はおよそ10~14日間の潜伏期間を経て、発熱やせき、鼻水などの風邪症状が出現します。発熱は38℃前後で、さらに目ヤニや目の充血などの結膜症状を伴い、徐々に悪化します。その後1度熱が下がりかけますが、半日くらいのうちに再び発熱し、このときに発疹が出現します。発疹は頭や顔から始まり、全身に広がります。

ところが、麻疹を発症する人全員で上記のような症状が見られるわけではありません。冒頭で紹介したAさんは子どものときに1回だけワクチンを接種していました。1回では確実に免疫がついているとはいえません。このような人が麻疹を発症した場合、発熱が微熱であったり、発疹が体の一部にしか出なかったりすることがあります。「修飾麻疹」と呼ばれるこのような発症の仕方では、医師が麻疹を疑うことが難しく、診断が遅れてしまう可能性があるという問題が生じます。

◇ワクチンを接種すべき人は
麻疹の感染力は極めて強く、手洗いやマスクでは防ぐことはできません。最も確実で効果の高い予防方法はワクチン接種です。1才以上で2回接種している人、もしくは過去にかかったことが明らかな人は充分に免疫を持っていると考えます。自分の母子手帳を確認していただき、この条件を満たさない人は、ぜひワクチンを接種しましょう。特に1972年(昭和47年)9月30日より前に生まれた人は、定期接種化されたときに6歳以上で対象から外れていたため1回もワクチンを接種していない可能性があり要注意です。

もし免疫がない人が麻疹ウイルスにさらされたらどうすればよいでしょうか。発症している人に接触してから72時間以内であれば、緊急にワクチンを接種することで発症を予防できる可能性があります。また接触してから6日以内であれば、「ガンマグロブリン」を注射することで予防できる可能性もあります。ただし、どこの病院でもできるわけではありませんので、かかりつけの医師と相談してください。

◇周囲に多大な迷惑も
冒頭のAさんは2回目の受診時の検査で麻疹に感染していたことが判明しました。幸い合併症もなく、症状は徐々に改善して発疹も消えました。Aさんもほっと一安心の様子でしたが、問題は周りの人たちへの影響です。麻疹の感染力は強烈です。Aさんは発症している状態にもかかわらず、仕事に行っていました。さらに家には小さい子どももいます。ワクチンを1度も接種していない子どもが感染したら、発症する可能性は100%です。会社の同僚や家族は皆、麻疹に感染している可能性があり、保健所の調査が行われることになりました。

Aさんは「麻疹は聞いたことのある病気でしたが、これほど感染力が強いとは知りませんでした」と話していました。麻疹を発症してしまうと、周りの人たちに多大な迷惑がかかることも知っておいてほしいと思います。

夏休みに海外旅行に行かれる方は、出発前に2回の麻疹ワクチン接種を終えておくほか、渡航先によってはほかにも接種が必要なワクチンがあります。こうした対策を講じたうえで、安心して出発してください。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00010000-medical-sctch
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00010000-medical-sctch&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00010000-medical-sctch&p=3

本当に怖い“はしか” 夏休みの海外旅行前にワクチン接種を! はコメントを受け付けていません。


気象情報にご注意ください

一部地域で、一時的な集中降雨がありましたが、新潟県河川防災情報システムによる河川水位や土砂災害警戒情報システムによる危険度等の状況確認により、現在、長岡市からは避難情報を発令しておりません。

・栖吉川(地蔵)の水位は、22時00分現在で堤防の高さまで3.64mです。

・栖吉川(長倉)の水位は、22時00分現在で堤防の高さまで3.27mです。

今後、長岡市から避難情報が発令された場合には、速やかに適切な避難行動をとってください。

気象情報にご注意ください はコメントを受け付けていません。


▽▲「腸炎ビブリオ情報」▲▽

腸炎ビブリオは、主に沿岸の海水中に生息している食中毒菌で、海水温が20℃以上になると増殖が活発になり、発育条件が良ければ3~4時間で菌数が100万倍になります。海産魚介類にはこの菌が付着していることがあるため、刺身などを原因として激しい腹痛と下痢を伴う食中毒を起こすことがあります。

◆県では腸炎ビブリオの検査をしています◆
夏期の食中毒予防の参考とするため、6月下旬から9月上旬にかけて、県内で水揚げされたアジや、海水・海底の泥について腸炎ビブリオの数と毒素を産生する遺伝子を検査しています。結果は「腸炎ビブリオ情報」としてホームページ上に掲載しており、7月1日に掲載した第1号の検査結果では、アジ、海水、海底の泥から腸炎ビブリオが見つかったものの、毒素を産生する遺伝子は見つかりませんでした。
しかしこれからの時期は海水温が上昇し、腸炎ビブリオの増加が予想されますので注意が必要です。

◆腸炎ビブリオ食中毒の予防ポイント◆
○魚介類は、調理前に魚体の表面やエラの部分を水道水でよく洗う(腸炎ビブリオは真水に弱いため)
○刺身などは、食べる直前まで冷蔵庫に保管する
○焼き魚、煮魚等で加熱して食べる場合は、中心部まで十分に加熱する
○魚の調理に使った包丁・まな板等は、洗剤で洗った後しっかり乾燥させる

「腸炎ビブリオ情報」はこちら
http://www.fureaikan.net/syokuinfo/01consumer/con02/con02_02/con02_02_01_01.html

▽▲「腸炎ビブリオ情報」▲▽ はコメントを受け付けていません。


郵便料金値上げ 増税にあわせ10月から

日本郵便は、10月から通常はがきの郵便料金を62円から63円に、25グラムまでの手紙など定形郵便物を82円から84円に、それぞれ値上げすると発表した。

10月に消費税が8%から10%に引き上げられる分を転嫁したもので、レターパックや、ゆうパックなども値上げする。

新しいはがきと切手は、8月20日から販売される。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190708-00420463-fnn-bus_all

郵便料金値上げ 増税にあわせ10月から はコメントを受け付けていません。


「逃げなきゃコール」で大切な人の避難を後押ししましょう!!

雨の多い季節です。
九州では、数日で1089.5㎜という大変多くの雨量を観測し、行政から避難情報が発令され、土砂災害も発生しました。

「逃げなきゃコール」は、離れた場所に暮らす高齢者等の家族に危険が差し迫ったときに、避難行動を直接呼びかける電話のことです。

アプリを入手して離れて暮らす家族の地域を登録すると、家族の暮らす地域の防災情報が通知されます。通知された防災情報を伝えて、大切なご家族の避難を後押ししましょう!!

(国土交通省ホームページ)
http://www.mlit.go.jp/river/risp/policy/33nigecall.html

(チラシ)
逃げなきゃコール(PDF)

 

長岡市では、「ながおか土砂災害Dメール」で、登録した地域の防災情報を発信しています。どなたでも登録、ご利用いただけますので、ぜひご活用ください。

登録方法はこちら

「逃げなきゃコール」で大切な人の避難を後押ししましょう!! はコメントを受け付けていません。


おぢや☆うき☆うき☆しゃっこいまつりに出店しませんか

出店者を募集します

今年はサンプラザ駐車場で「おぢや☆うき☆うき☆しゃっこいまつり」を開催します。
真夏のしゃっこい雪イベントに集まるたくさんの子どもや大人がうきうきするような、焼きそば、フランクフルト、綿あめなどの出店を募集します。
 

出店場所

城内1丁目 サンプラザ駐車場内飲食出店ブース

出店日時

8月24日(土曜日)午前10時30分~午後2時30分

出店料

無料

出店資格

小千谷市内の消費者グループ、ボランティアグループ、団体、一般市民、事業所

申込締切

8月2日(金曜日)午後5時

申込方法及び必要書類など

募集要項の内容に同意の上で、必要書類を受付期間内に申込先へ郵送もしくはご持参ください。
詳しくは募集要項をご確認ください。
臨時食品営業許可が必要な方は下記書類に検便結果のコピーを添付して、出店申込書と一緒に提出してください。(実行委員会でまとめて申請します。)

その他

・食品営業許可が必要な品目かどうかは長岡保健所(33-4936)にお問い合わせください。
・テントや机、イス等は出店者でご用意ください。
・申込多数の場合は抽選となります。

申込・問い合わせ

おぢや☆うき☆うき☆しゃっこいまつり実行委員会
事務局 小千谷市建設課 管理克雪係 まで

おぢや☆うき☆うき☆しゃっこいまつりに出店しませんか はコメントを受け付けていません。


令和元年度 中越市民防災安全大学 受講生募集!

中越市民防災安全大学(主催:中越防災安全推進機構、共催:長岡市)では、令和元年度(第14期)の受講生を募集しています。
地元大学をはじめ、全国の防災専門家、市民活動団体等の講師により、専門的な知識や災害時に役立つノウハウ、実技を学ぶことができます。

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日時:令和元年8月24日・25日・31日、9月7日・8日
8月31日は、安全大学受講者以外の市民も受講できる公開講座です。問合先まで御連絡ください。
会場:ながおか市民防災センターなど
対象:高校生以上
定員:70名
受講料:10,000円(学生5,000円)
申込期限:令和元年7月25日(木)
問合:(公社)中越防災安全推進機構(電話0258-39-5525)

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

※ 長岡市内の自主防災会から安全大学を受講する方がいらっしゃる場合は、受講者1名につき自主防災会の活動報償金を8,000円(学生の場合は5,000円)加算します。なお、中越市民防災安全士の認定を受けた場合に限りますので、受講終了後に領収書の写しと中越市民防災安全士の認定証の写しを添えて、活動報償金の申請を行ってください。

令和元年度 中越市民防災安全大学 受講生募集! はコメントを受け付けていません。


団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp