[ カテゴリー:あんしんあんぜんトピックス ]

「腸炎ビブリオ情報」

腸炎ビブリオは主に沿岸海水中に生息している食中毒菌で、水温上昇に伴い
増殖が活発になります。
        海産魚介類にはこの菌が付着していることがあるため、刺身などを原因とし
て激しい腹痛と下痢を伴う食中毒を起こすことがあります。

 県では毎年夏期に腸炎ビブリオによる食中毒予防の参考のため、県内で水揚
げされたアジ、海水、海底の泥を対象に、腸炎ビブリオの数と病原性のある毒
素を産生する遺伝子の有無を検査し、結果を「腸炎ビブリオ情報」としてホー
ムページ上に掲載しています。
 今年度は、7月2日と17日に、第1号と第2号を掲載しました。
  アジ・海水・海底の泥のいずれも腸炎ビブリオの菌数が増加傾向にあり、こ
れから海水温が上昇してくることから注意が必要です。
    なお腸炎ビブリオ情報は各週で全6号の発行を予定していますので、ぜひご
覧ください。

<腸炎ビブリオ食中毒予防のポイント>
 ○ 加熱して食べる食品は、中心部まで十分に加熱する。
 ○ 一本物の魚など、魚介類の表面を水道水で十分に水洗いする。
 ○ 刺身などは4℃以下で低温保管する。
 ○ 魚介類・肉・野菜は、まな板・包丁等の調理器具を使い分ける。

新潟県の「腸炎ビブリオ情報」はこちらから
http://www.fureaikan.net/syokuinfo/01consumer/con02/con02_02/con02_02_01_01.html

「腸炎ビブリオ情報」 はコメントを受け付けていません。


【平成30年7月豪雨】岡山県高梁(たかはし)市へ第2陣を派遣しました

本日、「平成30年7月豪雨災害」で甚大な被害を受けた、岡山県高梁市に7月11日から13日まで派遣した先遣隊からの報告を受け、被災地のニーズに応じた支援活動に従事する職員を派遣しました。
先遣隊に引き続き、官民のユニットで職員を派遣することにより、今後の復旧・復興に向けて、中越大震災などの復興経験を生かした「長岡ならでは」の支援活動を継続します。
出発式で金子危機管理監は、任務をしっかりと遂行するとともに、長丁場になるので健康に留意してほしいと激励し、派遣隊を送り出しました。

 

1 派遣先  岡山県高梁市

 

2 派遣日程  7月18日(水)から25日(水)まで(8日間)

 

3 派遣者  3人
 【長岡市】 
今井 和行(危機管理防災本部 課長補佐)

山岸 俊夫(危機管理防災本部 主事)
【社会福祉法人 長岡市社会福祉協議会】

阿部 奈津実(長岡市ボランティアセンター 活動推進・センター活用係長)

 

4 支援内容

・災害対策本部業務の支援
・災害ボランティアセンター業務の支援
・支援ニーズの把握

 

〇金子危機管理監が派遣隊を激励

gekirei1

【平成30年7月豪雨】岡山県高梁(たかはし)市へ第2陣を派遣しました はコメントを受け付けていません。


【平成30年7月豪雨】先遣隊が岡山県高梁(たかはし)市での活動を磯田市長に報告

「平成30年7月豪雨」で甚大な被害を受けた、岡山県高梁市に7月11日から13日まで派遣した先遣隊が磯田市長へ被災地の状況、支援のニーズ等を報告しました。
先遣隊からの報告を受けた磯田市長は、被災地のニーズに応じた支援活動に従事する職員を引き続き派遣することを指示しました。

 

〇先遣隊が磯田市長に岡山県高梁市の活動を報告
houkoku5

 

〇避難所用更衣室・授乳室を配達(高梁市職員と組み立て)

houkoku2

 

〇子育て中の母親から避難生活について聞き取り
houkoku3

 

〇高梁市役所で被災地のニーズをヒアリング

houkoku4

【平成30年7月豪雨】先遣隊が岡山県高梁(たかはし)市での活動を磯田市長に報告 はコメントを受け付けていません。


平成30年7月豪雨被災地復興支援募金


平成30年7月豪雨被災地復興支援募金 はコメントを受け付けていません。


LINEから勝手に個人情報を覗き見られる恐れ

【注意】
LINEから勝手に個人情報を覗き見られる恐れ
LINE設定変更をおススメします。  

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、今年行われたアップデートにより、会話の内容をLINE社が自由に利用することに合意するという項目が追加されました。  
 
ご自分のスマホを何も設定しない場合、その項目はオンになっていて、LINE社に会話内容が情報として提供されています。  
 
つまりLINEを使っている人は  個人情報を提供する意思がある、ないにかかわらず、  
・あなたの個人情報が  
・あなたの知らない間に  
・どこかへ提供されて  
・誰かのために利用されているということなのです!  
 
さらにはトークをしているお友達の情報も一緒に提供されている可能性もあります!  
知らないうちに!!
 
というわけで、このような個人情報の流失を防ぐためには、あなた自身によるLINEの設定が必要となります。
 
設定方法を共有しますので、以前に設定している方も再度ご確認ください。
 
アンドロイドとiPhone、バージョンにより設定画面に多少の違いがありますが、以下を参考にして設定してみてください。
 
①友だち画面の上の方にある「設定」(歯車マーク)を押すと設定画面が開きます。  
(歯車の場所はバージョンにより違うので探してみてください)  
 
「設定」画面の中にある「プライバシー管理」をクリック。  
 
②上から4番目、「Letter Sealing」 にチェックをいれます。  
→メッセージが高度な暗号化により保護されます。
チェックを入れている友達とのトークには鍵のマークが表示されます。  
 
③さらにその下にある「アプリからの情報アクセス」をクリック。   
→次のページで「拒否」に設定する。  
 
※何もしないと常に許可設定になっていて、お友達のラインの情報を外部アプリに流出させてしまいます。
 
④プライバシー管理画面に戻り、下の方にある「情報の提供」をクリック。
→上から順にトークルーム情報、ウェブ追跡型広告の受信、LINE Beaconのすべてのチェックをはずします。   
→通知メッセージについてはクリックして次ページを開いた後、通知メッセージ受信をオフに設定。  
 
プライバシー管理設定は以上です。
いかがでしたでしょうか。  

LINEから勝手に個人情報を覗き見られる恐れ はコメントを受け付けていません。


災害時無料Wi-Fi「00000JAPAN」の悪用攻撃–政府が注意喚起

災害時無料Wi-Fi「00000JAPAN」の悪用攻撃--政府が注意喚起


内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は7月9日、災害時に無料開放されるWi-Fiサービス「00000JAPAN」を悪用するサイバー攻撃への注意をTwitterで呼び掛けた。

 「00000JAPAN」では、通信事業者などが提供している平時のWi-Fiアクセスポイントが地震や洪水といった災害時に無料開放される。ただし緊急時の利便性の確保を最優先にしていることから認証や暗号化などが行われていないため、偽のアクセスポイントを通じて通信内容が盗聴されるなどの危険がある。

 NISCは、「00000JAPAN」の利用をやむを得ない場合の安否確認や情報収集のみとして、ID、パスワード、個人情報などの入力や金銭が関係するサービスの利用は極力避けるべきとし、可能であれば携帯電話回線が利用すべきと解説。「00000JAPAN」に限らず、無料のWi-Fiサービスを利用する場合はVPNソフトウェアによる通信を推奨する。

 「00000JAPAN」はアクセスポイントの名称(SSID)になるため、「0」の数を細工するだけなく、悪意ある人物が同じSSIDを設定する恐れがあり、正式な「00000JAPAN」のサービスエリア内で設定された場合にユーザーが真偽を一目で見分けるのが難しい場合がある。

 7月9日午後6時現在、大雨災害に伴って岡山県、広島県、愛媛県の全域でNTTドコモ、KDDI、ワイヤ・アンド・ワイヤレス、ソフトバンクが「00000JAPAN」を提供している。

災害時無料Wi-Fi「00000JAPAN」の悪用攻撃–政府が注意喚起 はコメントを受け付けていません。


「窃盗グループが被災地に入っている」はデマ 広島県警が呼びかけ

またデマ「窃盗グループが被災地に入っている」 広島県警が呼びかけ


西日本で被害が拡大している「平成30年7月豪雨」。災害発生時はデマや曖昧な情報が出回る。広島県警は7月9日、「デマ情報に惑わされないで!」とTwitterで呼びかけた。
「デマ情報に惑わされないで!」広島県警が呼びかけ
9日頃からTwitterには、「レスキューの服を着た泥棒が大量にいる」「泥棒軍団の車両は倉敷ナンバー◯◯◯」などの情報が拡散されていた。

広島県警は9日、Twitter公式アカウントで「災害に乗じた盗難や詐欺にはくれぐれも注意してください。また、デマ情報に惑わされず、冷静な行動をお願いします」と呼びかけた。

また、広島県警が最新の犯罪に注意を呼びかける犯罪情報官速報では「現在、SNSなどで『レスキュー隊のような服を着た窃盗グループが被災地に入っている』『犯人が乗っている車は○○で、ナンバーは○○○○』などといった情報が拡散されていますが、警察では、そのような事実は把握していません」と拡散されている情報がデマであることも述べた。

ほか「冷静に行動するため」として以下4点を挙げている。

1.被災地を狙った盗難被害には十分に注意してください。
2.デマ情報(フェイクニュース)の可能性が疑われる場合は,情報の発信元を確認しましょう。
3.不確定な情報をSNSなどで拡散させないでください。
4.不確定な情報に惑わされることなく、冷静な行動に努めましょう。

「窃盗グループが被災地に入っている」はデマ 広島県警が呼びかけ はコメントを受け付けていません。


高3自殺 「命守れず痛恨の極み」新潟県教委と校長謝罪

高3自殺 「命守れず痛恨の極み」新潟県教委と校長謝罪


6月下旬に自殺した下越地方の県立高校3年の男子生徒(17)をめぐり、高校で12日に記者会見した校長は「生徒が命を絶ち、大変残念。悩みをくみ取れず申し訳ない」と謝罪した。男子生徒は複数の生徒からいじめを受けており、県教育委員会の担当者は「痛恨の極みで重く受け止めている。命を守りきれずおわびする」と頭を下げた。

県教委などによると、高校ではいじめに関するアンケートを年4回実施。直近の6月20日も含め、いじめを訴える内容はこれまでなかった。男子生徒は周囲とのコミュニケーションに問題はなく、自殺前も変わった様子はなかったという。

生徒が残したメモやいじめの詳細、加害者側の生徒との関係などは「遺族の了承がなく、答えられない」として校長らは明かさなかった。加害者側の生徒らは学校側の調査に対し反省の態度をみせているという。

高校は6月29日に全校集会、今月11日に緊急保護者会を開き、概要を説明。ショックを受けている生徒もいたという。県教委は今後、常設の第三者委員会でいじめと自殺の関係などを調べるとしている。

高3自殺 「命守れず痛恨の極み」新潟県教委と校長謝罪 はコメントを受け付けていません。


7・13水害から14年 見つめ直す教訓

7・13水害から14年 見つめ直す教訓

県内で15人が犠牲になった7・13水害から14年が経ちました。大きな被害を受けた三条市と長岡市ではそれぞれ五十嵐川と刈谷田川が決壊した場所を公園として整備していて、13日朝から献花台を設置。堤防が決壊した時間に合わせて追悼式典が営まれました。参列者は当時を思い、教訓を見つめ直すとともに、今なお被害が拡大している西日本豪雨の被災地を思いました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00010000-niigatatvv-l15

7・13水害から14年 見つめ直す教訓 はコメントを受け付けていません。


【気象情報】長期間の高温と少雨

今後2週間は高温に注意

[情報元:新潟地方気象台]
新潟県では、6月下旬から気温が高く、降水量の少ない状態が続いています。この状態は、今後2週間程度は続く見込みです。農作物や家畜の管理、水の管理、熱中症などの健康管理等に十分に注意してください。

新潟県では6月下旬以降、日本の南東海上で太平洋高気圧が強まり、晴れて気温のかなり高い日が多く、また、7月上旬には梅雨前線の影響で降水のまとまった所もありましたが、6月下旬以降の降水量は少ない所が多くなっています。
今後2週間程度も、本州付近は太平洋高気圧に覆われる日が多く、新潟県では平年より気温がかなり高くなる見込みです。また、少雨の状態を解消するようなまとまった雨の降る可能性は小さい見込みです。
農作物や家畜の管理、水の管理、熱中症などの健康管理等に十分に注意してください。

平均気温と降水量(6月21日から7月11日まで)(速報値)
(気象官署及び特別地域気象観測所)
平均気温(度)平年差(度)
相川 23.7 +2.4
新潟 24.6 +2.5
高田 24.9 +2.5

降水量(ミリ)平年比(%)
相川 234.0 169
新潟 75.5 53
高田 77.0 45

平均気温と降水量(6月21日から7月11日まで)(速報値)
(アメダス)
平均気温(度)平年差(度)
新津 24.5 +2.4
寺泊 23.9 +1.9
三条 25.1 +3.0
津川 23.1 +1.9
長岡 25.3 +3.2
柏崎 24.4 +2.6
守門 23.2 +2.3
大潟 24.5 +2.8
小出 24.4 +2.3

降水量(ミリ)平年比(%)
新津 55.5  39
寺泊 61.0  30
三条 47.5  29
村松 55.5  34
津川 45.5  23
宮寄上 52.0  23
室谷 60.0  25
長岡 46.0  28
栃尾 48.5  25
柏崎 45.5  26
守門 71.0  36
大潟 55.0  32
小国 66.5  36
小出 69.5  38
川谷 65.0  30

今後の気象情報等に留意してください。

【気象情報】長期間の高温と少雨 はコメントを受け付けていません。


団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp