[ カテゴリー:子育て ]

「スマホ育児」問題点は?

物の認知、遅れる可能性

    親戚の家に行ったら赤ちゃんがスマートフォン(スマホ)で遊んでいたのよ。
  ヨミドック  親が乳幼児にスマホで遊ばせる「スマホ育児」ですね。長期に科学的に検証した結果はありませんが、健やかな成長を妨げる恐れがあります。
    赤ちゃんを泣きやませようと、スマホを渡す親もいるみたい。
    民間団体の調査では、スマホやタブレット端末などを使っている子供は、0歳で2割、1歳で4割、2歳以上では半数を超すという結果がでています。近年のスマホの普及の影響でしょう。
    どんな問題があるの?
    乳幼児は、水や草花、乗り物など身の回りの物を見たり触ったりしながら、五感を使って覚えていきます。スマホを長時間使っていると、そうした物の認知が遅れる可能性があります。
    画面を見てるだけではダメなの?
    物や感覚を覚えるには、見る、触ると同時に、親から適したタイミングで「水だよ」「冷たいね」と声がけされることが大切です。画面だけでは頭に入りにくいと考えられます。

    はい。乳幼児は自分の言動に対する親の表情や口調を見聞きして、相手の気持ちが分かるようになっていきます。親の愛情のこもった声がけによって、安心感や自分への自信が培われます。成長して人間関係を築き、困難に立ち向かう際の土台となります。    対話が重要なのかな。
    スマホは目にも悪そうだね。
    幼少期は、〈1〉形をとらえる〈2〉物の動きを追う〈3〉いろんな距離に焦点を合わせる〈4〉立体的に物を認識する――などの目の能力が育つ大事な時期です。近くをずっと見ることになるスマホの利用は目の発達を妨げかねません。また、スマホ育児が続き体を動かさないと、運動能力の発達が遅れることも心配されます。
    どう使えばいいの?
    ぐずる乳幼児はおもちゃや絵本であやし、スマホは極力渡さないようにしましょう。外出先などでやむを得えず使う際は親と一緒に15分を上限にしてください。
 (米山粛彦/取材協力=神川晃・神川小児科クリニック院長、仁科幸子・国立成育医療研究センター眼科医師)

「スマホ育児」問題点は? はコメントを受け付けていません。


専門家に聞いた赤ちゃんの“発達にいい”色と形

赤ちゃん自身の「発達しようとする力」をうまく引き出すにはどうしたらいいのでしょうか。子育て実用誌『AERA with Baby スペシャル保存版 早期教育、いつから始めますか?』の中から、最新の赤ちゃん研究の成果を踏まえて、「赤ちゃんの脳を活性化する方法」を紹介します。

*  *  *
 生まれたばかりの赤ちゃんは何もできない無力な存在。だから親がいろいろと手をかけてあげなければ。そう思っているママやパパは、多いでしょう。

 日本赤ちゃん学会理事長で、同志社大学赤ちゃん学研究センターの小西行郎先生は、そんな思いこみに基づく育児は「脳の発達によくない」と言います。

「赤ちゃんには自発的に学習し、発達していく力が備わっていることがわかってきました。脳の発達には、赤ちゃんがやろうとすることを邪魔しないことが重要です」

 生後1歳未満の赤ちゃんを対象に視知覚能力の発達を研究する中央大学の山口真美教授によると、生まれたばかりの赤ちゃんの視力は0.02ほどです。

 大人の近視のように近くに寄れば見えるわけではありません。赤ちゃんは視覚情報の処理能力が未熟で、例えていうなら、近づいても遠ざかってもピントがずれてしまう、壊れたカメラ。ただ、

「ピンボケでも動きはわかります。赤ちゃんは顔が大好きなので、表情豊かに話しかけてあげてください」(山口教授)

 この頃は、髪形やメガネなどのわかりやすい特徴でママやパパの顔を覚えていますが、生後5〜6カ月頃になると目や鼻で顔を記憶できるようになり、視力も0.2程度まで発達します。

 この時期のポイントは、ママやパパが正面からしっかり赤ちゃんを見てあげること。山口教授の研究で、赤ちゃんは生後7〜8カ月くらいにならないと横顔を顔として認識せず、脳も反応しないことがわかっています。横顔だと目が一つしか見えないため、「顔」として処理できないのです。

 正面から顔を見て視線を合わせれば、赤ちゃんの脳は活発に反応します。赤ちゃんをひきつけているのは、実は人間の「白目」。

「白目があるのは人間だけ。白と黒はコントラストがはっきりしているので、視力が低くても見えるのです」(同)

 赤ちゃんは目が合うと、しげしげとこちらを見つめてくれます。ママやパパもうれしくて、より積極的に視線を合わせたくなりますね。山口教授はこれを、赤ちゃんが親として成長するきっかけを与えてくれる行為だと考えています。

「視線を合わせることは、コミュニケーションの土台。スマホ片手に赤ちゃんのお世話をして横顔ばかり見せるのではなく、真正面から向きあってコミュニケーションすることが大切です」

 最新の赤ちゃん研究では、赤ちゃんの見える色や好きな形などもわかってきました。そこには、絵本やおもちゃ選びのヒントが詰まっています。

●認識できる色が増え目の前には豊かな世界

 赤ちゃんは生まれたときから色が見えていますが、明るさの違いを見分けるほうが得意です。やがて、色を認識する力が発達し、生後2カ月頃には赤と緑、生後4カ月頃には青と黄色の違いがしっかりわかるようになっていきます。

 これまでは、言葉を覚えた段階で違いを区別すると考えられてきましたが、山口教授らの研究で、言葉を覚える前の生後5〜7カ月の乳児が色を見分けていることがわかりました。

 根拠とされるのは、脳の色を認識する働きがある部分の血流が増えて、脳活動が高まったこと。

 山口教授は言います。

「言葉を知る前の赤ちゃんにも、豊かな世界が広がっているのです」

 赤ちゃんに見えやすい、「好きな色」ベスト5を山口教授に挙げてもらうと、1位から青、赤、紫、オレンジ、黄色。どれもはっきりした、大人にはちょっとキツく感じるような色ですね。形や模様も、ギザギザ、とげとげ、しましま、ぐるぐる、といった特徴的なものを好みます。

 赤ちゃんへのプレゼントには、優しい、淡い色合いのものを選びがちですが、これだと見えていない可能性もあります。欧米のおもちゃのようにカラフルなものがいいですね。

 色と同様に、立体の認識もぐんぐん発達します。最初は平面の世界しか見えていませんが、生後7、8カ月の頃には、立体を認識したり、質感がわかるようになったりします。山口教授らの研究では、7、8カ月の月齢の赤ちゃんは、金色を特別な色と認識し、好むこともわかっています。(編集部/深澤友紀)
https://news.goo.ne.jp/article/dot/life/medical/dot-2017082900058.html

専門家に聞いた赤ちゃんの“発達にいい”色と形 はコメントを受け付けていません。


RSウイルス患者が急増、昨年同期の5倍近く

乳幼児に肺炎などを引き起こす可能性がある「RSウイルス感染症」の患者が国内で急増し、8月6日までの1週間で昨年同期と比べて5倍近い4934人に上ることが、国立感染症研究所の調べで分かった。
流行が例年より早く始まり、専門家が感染予防を呼びかけている。
  同感染症は、発熱やせきなど、かぜのような症状が表れる。呼吸器に症状が出て、乳幼児や高齢者を中心に気管支炎や肺炎を起こしやすい。一般的に秋から冬に患者が増える。
同研究所によると、全国約3000の小児科からの報告のあった患者数は、前週に比べて約1600人増えた。都道府県別では、東京(583人)、神奈川(519人)、大阪(400人)、福岡(374人)、愛知(175人)と大都市圏で多いほか、北海道(245人)、福島(189人)、鹿児島(163人)、新潟(152人)、愛媛(120人)、岩手(100人)などで目立った。

RSウイルス患者が急増、昨年同期の5倍近く はコメントを受け付けていません。


RSウイルス患者が急増、昨年同期の5倍近く

乳幼児に肺炎などを引き起こす可能性がある「RSウイルス感染症」の患者が国内で急増し、8月6日までの1週間で昨年同期と比べて5倍近い4934人に上ることが、国立感染症研究所の調べで分かった。
流行が例年より早く始まり、専門家が感染予防を呼びかけている。
  同感染症は、発熱やせきなど、かぜのような症状が表れる。呼吸器に症状が出て、乳幼児や高齢者を中心に気管支炎や肺炎を起こしやすい。一般的に秋から冬に患者が増える。
同研究所によると、全国約3000の小児科からの報告のあった患者数は、前週に比べて約1600人増えた。都道府県別では、東京(583人)、神奈川(519人)、大阪(400人)、福岡(374人)、愛知(175人)と大都市圏で多いほか、北海道(245人)、福島(189人)、鹿児島(163人)、新潟(152人)、愛媛(120人)、岩手(100人)などで目立った。

RSウイルス患者が急増、昨年同期の5倍近く はコメントを受け付けていません。


感染力強い「手足口病」、大流行の兆し

ウイルス性の感染症で、今年は大流行の懸念があるとして、専門家が注意を呼びかけている。
国立感染症研究所によると、7月2日までの1週間で、全国約3000の小児科から報告があった患者数は、1医療機関あたり3・53人で、昨年同時期の0・48人と比べて7倍程度多い。
手足口病は、2~5ミリほどの 水疱すいほう ができ、発熱がある場合も数日中に治るが、まれに高熱を伴う髄膜炎や脳炎などを起こすことがある。感染力が強く、予防は、おもちゃやタオルの共有を避けることが重要だという。同研究所感染症疫学センターの藤本嗣人・第4室長は「感染していても症状が出ない人もいる。周囲にウイルスがあると思って予防してほしい」としている。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170712-OYTET50034/

感染力強い「手足口病」、大流行の兆し はコメントを受け付けていません。


感染力強い「手足口病」、大流行の兆し

ウイルス性の感染症で、今年は大流行の懸念があるとして、専門家が注意を呼びかけている。
国立感染症研究所によると、7月2日までの1週間で、全国約3000の小児科から報告があった患者数は、1医療機関あたり3・53人で、昨年同時期の0・48人と比べて7倍程度多い。
手足口病は、2~5ミリほどの 水疱すいほう ができ、発熱がある場合も数日中に治るが、まれに高熱を伴う髄膜炎や脳炎などを起こすことがある。感染力が強く、予防は、おもちゃやタオルの共有を避けることが重要だという。同研究所感染症疫学センターの藤本嗣人・第4室長は「感染していても症状が出ない人もいる。周囲にウイルスがあると思って予防してほしい」としている。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170712-OYTET50034/

感染力強い「手足口病」、大流行の兆し はコメントを受け付けていません。


叱るよりも!「わが子が困った行動をとった時」親がすべき接し方

「何回言ったらわかるの!」そんな台詞が口癖になっていませんか? そういう時は叱る、悪いことをする、叱る……の悪循環に陥っている可能性大です。
今回は『あんふぁんぷらす子育て&マネーセミナー』で伺った、株式会社子育て支援・代表取締役の熊野英一さんのお話を参考に、子どもが困る行動をする背景や、そんな時親が叱るのではなく、すべき接し方についてお伝えします。

 どうして子どもは親の困ることをするの?

熊野さん曰く、子どもの行動の目的の多くは“親の注目を得る”こと。注目を十分に得られている子どもは、健全にすくすく育ちやすいのだそう。
一方、注目を十分に得られていない子どもは、なんとかして親の目を自分のほうへ向かせようとして、不適切な行動を起こして注目を浴びようとします。
二人以上の子どもをもつ方に関しては、上の子の“赤ちゃん返り”が分かりやすい例と言えるでしょう。
そうでない方も、長電話をしているときや忙しいときに限って「ママー!」と、子どもがわざとのようにちょっかいをかけてくるといった経験があるのではないでしょうか。これは自分に注目してほしいサインです。

熊野「子どもの“見て見て!”、“こっち来て!”といった要求に、“あとで”と対応がおざなりになっていると、どんどん子どもは不適切な行動を起こすようになります。叱られてでも良いから注目を得たい、という作戦を、わざわざ選択しているということです。

子どもが困る行動をする背景には、親のこういった行動が関わっているのです」


子どもの適切な行動に“注目する”

子どもが適切な行動を選択するようになるポイントは、子どもの適切な行動に対して“注目”をすることだそう。
身近なところでいくと、片付けをしたり、お手伝いをしてくれたり、といったことです。

熊野「こうした自立に向けた行動ができているときには、“えらいね、すごいね”とほめ言葉をかけるよりも、“ありがとう”、“助かるわ”と感謝を伝えましょう。これが子どもを勇気づける注目の仕方です。

特に注目に値しないような、ただ座っているだけ、のような時にも“あなたが産まれてきてくれて、嬉しいよ”と、子どもの存在そのものにいつも注目していることを伝えてください」

適切な行動(ただ生きているだけでも、十分に適切な行動ですね)への注目を日頃から行っていると、子どもは自分が役に立った喜びを知り、自分の存在価値を見出すことができるのだと言います。
自尊感情の高い子どもは、自分自身だけでなく他者をも受け入れていけるようになりますので、親の話を聴くことも、自分の意見を述べることも自然にできるようになるのだとか。そうなれば子どもとの関係が今よりぐっとよくなると思いませんか?

不適切な行動には“注目しない”

一方注目してはいけないのが、子どもが困った行動を起こしたときだと言います。

熊野「子どもの適切な行動に対してさほど注目しないのに、不適切な行動をとったときにだけ怒る、つまり“注目”する、これはやってはいけません。

不適切な行動を起こしたときに親が怒りにやってくる、そうすると、子どもは“困った行動を起こせば注目してもらえるんだ”と思うようになってしまいます。その結果、不適切な行動が増えてしまうのです」

では不適切な行動を起こしたときにはどのように対応すればいいか? それは注目しないこと、だそうです。“無視”とは異なりますので、その違いに注意してください。

熊野「“あなたが注目してもらいたくてやっているのはわかってるよ。でもママはその手にはのりません。いちいち叱らないよ”と毅然とした態度で注目しないことを伝えるのです。

“その代わりに、あなたがお話を聴いてほしいときにはちゃんとお話聴くよ。いつもあとでになってごめんね”と、子どもと約束をしましょう」

子どもは叱られるより、話を聴いてくれるほうがよっぽど嬉しいのです。当然ですよね?

叱るよりも!「わが子が困った行動をとった時」親がすべき接し方 はコメントを受け付けていません。


叱るよりも!「わが子が困った行動をとった時」親がすべき接し方

「何回言ったらわかるの!」そんな台詞が口癖になっていませんか? そういう時は叱る、悪いことをする、叱る……の悪循環に陥っている可能性大です。
今回は『あんふぁんぷらす子育て&マネーセミナー』で伺った、株式会社子育て支援・代表取締役の熊野英一さんのお話を参考に、子どもが困る行動をする背景や、そんな時親が叱るのではなく、すべき接し方についてお伝えします。

 どうして子どもは親の困ることをするの?

熊野さん曰く、子どもの行動の目的の多くは“親の注目を得る”こと。注目を十分に得られている子どもは、健全にすくすく育ちやすいのだそう。
一方、注目を十分に得られていない子どもは、なんとかして親の目を自分のほうへ向かせようとして、不適切な行動を起こして注目を浴びようとします。
二人以上の子どもをもつ方に関しては、上の子の“赤ちゃん返り”が分かりやすい例と言えるでしょう。
そうでない方も、長電話をしているときや忙しいときに限って「ママー!」と、子どもがわざとのようにちょっかいをかけてくるといった経験があるのではないでしょうか。これは自分に注目してほしいサインです。

熊野「子どもの“見て見て!”、“こっち来て!”といった要求に、“あとで”と対応がおざなりになっていると、どんどん子どもは不適切な行動を起こすようになります。叱られてでも良いから注目を得たい、という作戦を、わざわざ選択しているということです。

子どもが困る行動をする背景には、親のこういった行動が関わっているのです」


子どもの適切な行動に“注目する”

子どもが適切な行動を選択するようになるポイントは、子どもの適切な行動に対して“注目”をすることだそう。
身近なところでいくと、片付けをしたり、お手伝いをしてくれたり、といったことです。

熊野「こうした自立に向けた行動ができているときには、“えらいね、すごいね”とほめ言葉をかけるよりも、“ありがとう”、“助かるわ”と感謝を伝えましょう。これが子どもを勇気づける注目の仕方です。

特に注目に値しないような、ただ座っているだけ、のような時にも“あなたが産まれてきてくれて、嬉しいよ”と、子どもの存在そのものにいつも注目していることを伝えてください」

適切な行動(ただ生きているだけでも、十分に適切な行動ですね)への注目を日頃から行っていると、子どもは自分が役に立った喜びを知り、自分の存在価値を見出すことができるのだと言います。
自尊感情の高い子どもは、自分自身だけでなく他者をも受け入れていけるようになりますので、親の話を聴くことも、自分の意見を述べることも自然にできるようになるのだとか。そうなれば子どもとの関係が今よりぐっとよくなると思いませんか?

不適切な行動には“注目しない”

一方注目してはいけないのが、子どもが困った行動を起こしたときだと言います。

熊野「子どもの適切な行動に対してさほど注目しないのに、不適切な行動をとったときにだけ怒る、つまり“注目”する、これはやってはいけません。

不適切な行動を起こしたときに親が怒りにやってくる、そうすると、子どもは“困った行動を起こせば注目してもらえるんだ”と思うようになってしまいます。その結果、不適切な行動が増えてしまうのです」

では不適切な行動を起こしたときにはどのように対応すればいいか? それは注目しないこと、だそうです。“無視”とは異なりますので、その違いに注意してください。

熊野「“あなたが注目してもらいたくてやっているのはわかってるよ。でもママはその手にはのりません。いちいち叱らないよ”と毅然とした態度で注目しないことを伝えるのです。

“その代わりに、あなたがお話を聴いてほしいときにはちゃんとお話聴くよ。いつもあとでになってごめんね”と、子どもと約束をしましょう」

子どもは叱られるより、話を聴いてくれるほうがよっぽど嬉しいのです。当然ですよね?

叱るよりも!「わが子が困った行動をとった時」親がすべき接し方 はコメントを受け付けていません。


自主避難の中学生自殺 長岡市教委「いじめなかった」

自主避難の中学生自殺 長岡市教委「いじめなかった」


 東京電力福島第1原発事故の影響で福島県から長岡市に自主避難していた中学3年の男子生徒が自殺していたことが16日、分かった。同市教育委員会は学校でのいじめやトラブルは確認されていないとして、自殺の経緯を調べている。

 男子生徒は今月12日に自宅で自殺したとみられる。16日開かれた市議会の文教福祉委員会で、同市の高橋譲教育長は「将来ある生徒の命が失われたことは大変残念。学校と警察の調べでは学校生活でのいじめやトラブルはなかった」と説明した上で「何とか気付いてあげられなかったかという思いでいっぱい」と述べ、無念さをにじませた。

 市教委は全生徒へのアンケートのほか、親しく付き合っていた生徒や全教職員への聞き取り調査の結果、学校でのトラブルはなかったとしている。

 一方、今月10日に死亡した十日町市の市立中学校の男子生徒が、自殺を図ったとみられることが16日までに分かった。市教委や学校側は死亡の事実は認めながらも、遺族の意向として詳細を明らかにしていない。

自主避難の中学生自殺 長岡市教委「いじめなかった」 はコメントを受け付けていません。


自主避難の中学生自殺 長岡市教委「いじめなかった」

自主避難の中学生自殺 長岡市教委「いじめなかった」


 東京電力福島第1原発事故の影響で福島県から長岡市に自主避難していた中学3年の男子生徒が自殺していたことが16日、分かった。同市教育委員会は学校でのいじめやトラブルは確認されていないとして、自殺の経緯を調べている。

 男子生徒は今月12日に自宅で自殺したとみられる。16日開かれた市議会の文教福祉委員会で、同市の高橋譲教育長は「将来ある生徒の命が失われたことは大変残念。学校と警察の調べでは学校生活でのいじめやトラブルはなかった」と説明した上で「何とか気付いてあげられなかったかという思いでいっぱい」と述べ、無念さをにじませた。

 市教委は全生徒へのアンケートのほか、親しく付き合っていた生徒や全教職員への聞き取り調査の結果、学校でのトラブルはなかったとしている。

 一方、今月10日に死亡した十日町市の市立中学校の男子生徒が、自殺を図ったとみられることが16日までに分かった。市教委や学校側は死亡の事実は認めながらも、遺族の意向として詳細を明らかにしていない。

自主避難の中学生自殺 長岡市教委「いじめなかった」 はコメントを受け付けていません。


団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp