[ カテゴリー:医療 ]

インフルエンザ 全国で流行入り

インフルエンザ、全国で流行 接種は12月中旬までに
インフルエンザが全国的な流行期に入った。厚生労働省は14日、直近1週間(12月3〜9日)に全国約5千カ所の定点医療機関から報告があった患者数が1カ所あたり平均で1・70人に上り、流行の開始の目安となる1人を超えたと発表した。昨季より約2週間遅いが、例年並みの流行期入りという。

 発表によると、報告があった患者数は計8438人。都道府県別の1医療機関あたりの患者数は、香川が4・00人で最も多く、次いで北海道3・96人、愛知3・43人と続いた。流行入りしたのは28都道府県で、4県を除き前週の報告数より増えた。

 入院患者数は88人で、年代別では80歳以上が30人で最多。休校や学年・学級閉鎖をした保育所や幼稚園、小中高校は前週の約2・8倍にあたる291施設に上った。

 検出されたウイルスは、直近の5週間だと2009年に新型として流行した後に季節性となった型が最も多く、次いでA香港型、B型の順だった。

 昨季はワクチンの供給が遅れ、予定通り入荷できない医療機関が続出。厚労省によると、今季は昨季の使用量を上回るワクチンが供給できる見込みだという。ただし、安定して供給できるよう、昨季同様、13歳以上の接種は原則1回とするよう呼びかけている。

 インフルエンザは例年1月末〜3月上旬に流行のピークを迎える。ワクチンは抗体ができるまで時間がかかるので、12月中旬ごろまでに接種するのが望ましい。(水戸部六美)
https://news.goo.ne.jp/article/asahi/life/ASLDB6T5BLDBULBJ01N.html

インフルエンザ 全国で流行入り はコメントを受け付けていません。


風疹の流行対策「補正予算で対応」…30~50歳代男性の接種は無料化の方向

根本厚生労働相は27日午前の閣議後の記者会見で、流行が続く風疹について、「(今年度第2次)補正予算での対応を含めて検討する」と述べ、対策を急ぐ考えを示した。風疹患者の3分の2を占める30~50歳代の男性を定期接種の対象に加える方向で検討している。定期接種になれば、患者負担は原則なくなる。

厚労省は風疹対策に関して、29日に厚生科学審議会の部会を開いて有識者の意見を聞く。
その上で速やかに対策をまとめる方針だ。


https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181127-OYTET50021/

風疹の流行対策「補正予算で対応」…30~50歳代男性の接種は無料化の方向 はコメントを受け付けていません。


インフルワクチン需給、一時的に逼迫…厚労省が安定供給要請

全国でインフルエンザワクチンの需給が一時的に 逼迫ひっぱく しているとして、厚生労働省は、製造会社と卸売業者に対し、ワクチンの在庫管理と流通を改善し、医療機関への安定供給に努めるよう、協力を要請した。

厚労省によると、今冬のインフルエンザワクチンの生産量は約2720万本。例年の需要量より約100万本多く、全体でワクチンが不足することはない。

ただ、ワクチンの需要は11月下旬から12月上旬にピークを迎えるため、現在、一時的に供給が行き渡りにくい状況だという。厚労省予防接種室は「12月第2週頃には、供給が増えて、問題は解消する見通しだ」と説明している。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181127-OYTET50020/

インフルワクチン需給、一時的に逼迫…厚労省が安定供給要請 はコメントを受け付けていません。


風疹の定期接種拡大検討 厚労省

風疹の定期接種を拡大へ 患者多い30〜50代男性対象

 首都圏を中心に流行している風疹について、厚生労働省は26日、公的な予防接種
の対象年齢を拡大する検討を始めた。ワクチンの接種率の低い30〜50代の男性へ
の拡大を想定している。定期接種になれば、基本的に無料で受けられる。

 同日の衆院予算委員会で根本匠厚労相が「予防接種法の位置づけも含め、風疹の予
防接種の推進方策も検討していきたい」と述べた。風疹患者は今年に入って2千人を
超え、30〜50代の男性が3分の2を占める。

 定期接種は現在、1歳と小学校入学前1年間の計2回。制度変更で、40〜50代
男性はワクチンを受けておらず、抗体保有率は80%前後。30代男性も接種回数が
1回だけだったり、接種を受けていなかったりして、十分に抗体を持っていない人が
少なくない。

 妊婦はワクチン接種ができない。妊娠初期の女性が感染すると、赤ちゃんに心臓病
や難聴、白内障などの障害が出る恐れがある。(黒田壮吉)

https://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/ASLCV3HG6LCVULBJ004.html

風疹の定期接種拡大検討 厚労省 はコメントを受け付けていません。


リンゴ病の流行拡大、33都府県で患者増 – 宮城で警報値の2倍超、「過去の傾向と異なる」

 頬が赤くなることからリンゴ病とも呼ばれる「伝染性紅斑」の患者報告数が33都府県で増加したことが20日、国立感染症研究所の患者報告で分かった。警報基準値の2倍超を記録した宮城県は、「患者報告数が過去の傾向とは異なる動向」を示していると指摘。妊婦が感染した場合、胎児の異常(胎児水腫)や流産を引き起こす恐れがあることを挙げ、注意を呼び掛けている。【新井哉】

同研究所によると、5日から11日までの週の定点医療機関当たりの患者報告数は、前週比約45%増の0.64人で、2015年から16年にかけての流行以降で最も多い報告数となっている。

都道府県別では、宮城が4.95人で最も多く、以下は新潟(1.7人)、東京(1.54人)、神奈川(1.41人)、岩手(1.05人)、埼玉(1.02人)、千葉(0.87人)、栃木(0.79人)、青森(0.74人)、山形と山梨(共に0.67人)などの順だった。

東北や関東では、保健所管内の患者報告数が警報基準値(2.0人)を上回るケースが目立ってきた。県内全体の報告数が4週連続で警報基準値を上回った宮城県は、咳が出る時はマスクを着用するといった咳エチケットを心掛けるよう求めている。

東京都内でも感染が拡大しており、八王子市(4.55人)、多摩小平(3.13人)、江東区(2.67人)、文京と台東(共に2.5人)、多摩府中(2.19人)の保健所管内で警報基準値を上回っている。

伝染性紅斑の原因はヒトパルボウイルスB19感染で、感染した人の唾液、たん、鼻の粘液などに触れ、それが自分の口や鼻の粘膜に付いたり、咳の飛沫を吸い込んだりして感染する。10―20日ほどの潜伏期間の後に頬に赤い発疹が現れ、手や足にも網目状の発疹が現れる。小児が感染してもほとんどが重症化せずに軽快する。

成人では、頬の赤い発疹などの特徴的な症状が出ることは少ないが、強い関節痛のために歩けなくなることもある。妊婦が感染すると、本人には全く症状がなくても胎盤を介して胎児に感染し、流産や死産となる可能性がある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-19300000-cbn-soci

リンゴ病の流行拡大、33都府県で患者増 – 宮城で警報値の2倍超、「過去の傾向と異なる」 はコメントを受け付けていません。


風疹患者2000人超、昨年の22倍…東京が最多

国立感染症研究所は20日、風疹患者が11日までの1週間で新たに139人報告され、今年に入ってからの累計では2032人になったと発表した。2000人を超えるのは2013年(1万4344人)以来で、93人だった昨年の約22倍に達している。
都道府県別では、東京が前週から54人増えて716人と最も多い。次いで、千葉294人(前週比9人増)、神奈川275人(25人増)、埼玉138人(11人増)などとなっている。関東以外では愛知97人、大阪83人、福岡70人が目立つ。
風疹は、せきやくしゃみなどで感染する。妊娠初期の女性がかかると、おなかの中の赤ちゃんにもウイルスが感染し、難聴や白内障、心臓病などになる恐れがある。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181120-OYTET50031/

風疹患者2000人超、昨年の22倍…東京が最多 はコメントを受け付けていません。


女性のがん死亡数1位!炭水化物ダイエットに大腸がんリスク

「大腸がんの原因は、はっきり解明されていません。しかし大腸がんの約70%は、肛門のすぐ上、便がたまりやすい直腸とS字結腸にできるんです。つまり便秘になると、大腸がんになるリスクが高まると考えられます。腸内に老廃物をため込まないことが予防になるのです」

こう語るのは、これまで4万件以上の大腸内視鏡検査を行ってきた腸の専門医で、『腸はぜったい冷やすな!』(光文社)など、多くの著書を発表している、松生クリニックの松生恒夫院長(63)。

9月に厚生労働省が発表した「平成29年人口動態統計」によると、昨年の女性のがん死亡者数1位は、15年連続で大腸がん(結腸、直腸)だった。その数は2万3,347人。

さらに、国立がん研究センターが同時期に発表した今年のがん死亡者数予測でも、2万4,800人と、今年も女性の死亡者数1位は大腸がんと予測されている。

30年前と比べて倍以上に増えている大腸がんによる死亡者数。多くの女性たちがこの病いが原因で命を落としてきた。

「大腸がん増加は、日本人のライフスタイルの変化、特に食生活の変化が、腸に負担をかけていることが原因だと考えられています。それを改善するためにも、最初に自分の腸の健康状態を把握してください」(松生院長・以下同)

松生院長監修のもと本誌が作成した、次のチェックリストをやってみよう。

□ふだんから、野菜や生の果物をあまり食べない □水分をあまり取らない □炭水化物の摂取を避けている □牛肉や豚肉、加工肉(ベーコン、ソーセージなど)をよく食べる □下痢と便秘を繰り返している □排便後も残便感がある □排便時にときどき下血することがある □運動をしない □肥満気味だ □過度の飲酒や喫煙の習慣がある

チェック数が、「3個以下」=特に問題なし。「4〜5個」=やや問題があるので、チェック項目を見直そう。「6〜8個」=要注意。生活習慣の改善を。「9個以上」=全面的な生活習慣の見直しが必要。

近年、はやっている“炭水化物抜きダイエット”。

「米やパンといった炭水化物は食物繊維と糖質でできています。食物繊維の摂取量が減ると、腸内に老廃物がたまりやすくなってしまいます。つまり便秘になりやすくなるわけです」

一方、肉は大腸がんのリスクを高めるといわれているので、取りすぎは気を付けたい。さらに、夜にトイレに起きるのが、めんどうくさいなどの理由で、水分摂取を控えている人も注意が必要だ。

「本来、便は腸内で泥状になっており、S状結腸で初めて固形便になります。水分が不足すると、S状結腸に至る前に固形化してしまって、便秘を引き起こします」

食事や水分だけではなく、運動不足も腸の大敵だ。

「大腸は、内容物を肛門のほうに送り出すぜん動運動を行っているのですが、筋力が衰えると、ぜん動運動が起こりにくくなり、便を押し出す力が弱くなってしまいます」


https://news.goo.ne.jp/article/jisin/life/jisin-https_jisin.jp_p_1683184.html

女性のがん死亡数1位!炭水化物ダイエットに大腸がんリスク はコメントを受け付けていません。


風疹猛威、週100人増ペース…「空白の世代」30~50代男性は予防接種を

風疹の流行が拡大している。国立感染症研究所(感染研)によると、この2か月間、国内の患者報告数は毎週100人以上のペースで増え続けている。患者の多くは、子どもの頃に予防接種の機会がなかった30~50歳代の男性。風疹は妊婦が感染すると赤ちゃんに深刻な影響が出る恐れがあり、接種費用を企業や自治体で負担する動きが広がっている。検査や予防接種、全額負担する企業も
大手プラントメーカーの日揮(横浜市)は今年、出張や赴任で渡航する全ての社員と新入社員に、風疹の抗体の有無を調べる検査を始めた。抗体がない社員には予防接種を受けてもらう。検査と予防接種で1万円程度かかる費用は会社が全額負担する。労務チームマネージャーの難波宗広さん(42)は「仕事で海外に行く機会も多いので感染症対策の一環として始めた。国内で風疹が流行している今、さらに社員の意識を高めたい」と話す。医療機器会社のサクラファインテックジャパン(東京都中央区)は、1万7000人近い風疹患者が出た2012~13年の流行を受け、13年から予防接種の費用を全額補助している。10月24日に社内で実施した集団接種では、昨年の約2倍の約60人が接種を受けた。1979年4月以前に生まれた男性、抗体なく…
感染研によると、患者報告数は14年の319人から17年の93人へと減少傾向にあったが、今年は先月28日までで1692人。男性が8割以上で、30~50歳代がその約8割を占める。現在は定期接種化されているが、1979年4月1日以前に生まれた男性は、風疹の予防接種を公的に受ける機会がなかった。このため、働き盛りの男性が、風疹の抗体がない「空白」世代となっている。風疹は妊娠初期の女性がかかると生まれてきた子が難聴や白内障、心臓病などになることがある。先天性風疹症候群と呼ばれ、命を落とすこともあるため、妊婦にうつす恐れのある男性への対策は急務だ。東京都は先月25日、風疹の予防接種の重要性などを訴える企業向けの説明会を行った。15年度から継続的に開催しており、従業員の9割以上に抗体を持ってもらうのが目標だ。国立国際医療研究センター(東京都新宿区)の 忽那賢志くつなさとし ・国際感染症センター医長は「企業には、検査や予防接種の費用負担などの環境整備を進めてほしい。発熱や発疹があり、風疹の感染が疑われる人は、仕事を休ませることも大切だ」と指摘する。関東の自治体、抗体検査促す動き

 風疹患者が多い東京都や千葉県、神奈川県などの自治体でも、抗体検査などを促す動き
広がる。
東京都足立区は、今月から19歳以上の全区民を対象に、抗体検査の無料化と予防接種の半額助成に踏み切った。昨年1人だった同区の風疹患者は、今年はすでに33人(今月4日現在)で、男性が22人に上る。
従来は妊娠・出産を希望する19~49歳の女性だけが対象だったが、区の担当者は「男性も対象にしないと風疹の 蔓延まんえん は防げない。費用で二の足を踏む人を減らしたい」と話している。妊婦感染で子供11人死亡…2012~13年の流行時
せきやくしゃみなどで感染し、2~3週間で発症する風疹。発熱や発疹、リンパ節の腫れなどの症状が特徴だが、出ないこともある。怖いのは、妊婦の感染から起こる先天性風疹症候群だ。感染研の調査では、前回流行した12~13年は、少なくとも45人の妊婦が感染し、生まれてきた11人の子どもが亡くなっている。先天性風疹症候群で長女を失い、患者・家族会「風疹をなくそうの会」の共同代表を務める可児佳代さんは、5日に自民党の小泉進次郎・厚生労働部会長と面会し、職場の風疹予防体制の整備などを要望した。可児さんは「風疹は防げる病気。この流行を最後にしてほしい」と訴える。

風疹猛威、週100人増ペース…「空白の世代」30~50代男性は予防接種を はコメントを受け付けていません。


風疹猛威、週100人増ペース…「空白の世代」30~50代男性は予防接種を

風疹の流行が拡大している。国立感染症研究所(感染研)によると、この2か月間、国内の患者報告数は毎週100人以上のペースで増え続けている。患者の多くは、子どもの頃に予防接種の機会がなかった30~50歳代の男性。風疹は妊婦が感染すると赤ちゃんに深刻な影響が出る恐れがあり、接種費用を企業や自治体で負担する動きが広がっている。検査や予防接種、全額負担する企業も
大手プラントメーカーの日揮(横浜市)は今年、出張や赴任で渡航する全ての社員と新入社員に、風疹の抗体の有無を調べる検査を始めた。抗体がない社員には予防接種を受けてもらう。検査と予防接種で1万円程度かかる費用は会社が全額負担する。労務チームマネージャーの難波宗広さん(42)は「仕事で海外に行く機会も多いので感染症対策の一環として始めた。国内で風疹が流行している今、さらに社員の意識を高めたい」と話す。医療機器会社のサクラファインテックジャパン(東京都中央区)は、1万7000人近い風疹患者が出た2012~13年の流行を受け、13年から予防接種の費用を全額補助している。10月24日に社内で実施した集団接種では、昨年の約2倍の約60人が接種を受けた。1979年4月以前に生まれた男性、抗体なく…
感染研によると、患者報告数は14年の319人から17年の93人へと減少傾向にあったが、今年は先月28日までで1692人。男性が8割以上で、30~50歳代がその約8割を占める。現在は定期接種化されているが、1979年4月1日以前に生まれた男性は、風疹の予防接種を公的に受ける機会がなかった。このため、働き盛りの男性が、風疹の抗体がない「空白」世代となっている。風疹は妊娠初期の女性がかかると生まれてきた子が難聴や白内障、心臓病などになることがある。先天性風疹症候群と呼ばれ、命を落とすこともあるため、妊婦にうつす恐れのある男性への対策は急務だ。東京都は先月25日、風疹の予防接種の重要性などを訴える企業向けの説明会を行った。15年度から継続的に開催しており、従業員の9割以上に抗体を持ってもらうのが目標だ。国立国際医療研究センター(東京都新宿区)の 忽那賢志くつなさとし ・国際感染症センター医長は「企業には、検査や予防接種の費用負担などの環境整備を進めてほしい。発熱や発疹があり、風疹の感染が疑われる人は、仕事を休ませることも大切だ」と指摘する。関東の自治体、抗体検査促す動き

 風疹患者が多い東京都や千葉県、神奈川県などの自治体でも、抗体検査などを促す動き
広がる。
東京都足立区は、今月から19歳以上の全区民を対象に、抗体検査の無料化と予防接種の半額助成に踏み切った。昨年1人だった同区の風疹患者は、今年はすでに33人(今月4日現在)で、男性が22人に上る。
従来は妊娠・出産を希望する19~49歳の女性だけが対象だったが、区の担当者は「男性も対象にしないと風疹の 蔓延まんえん は防げない。費用で二の足を踏む人を減らしたい」と話している。妊婦感染で子供11人死亡…2012~13年の流行時
せきやくしゃみなどで感染し、2~3週間で発症する風疹。発熱や発疹、リンパ節の腫れなどの症状が特徴だが、出ないこともある。怖いのは、妊婦の感染から起こる先天性風疹症候群だ。感染研の調査では、前回流行した12~13年は、少なくとも45人の妊婦が感染し、生まれてきた11人の子どもが亡くなっている。先天性風疹症候群で長女を失い、患者・家族会「風疹をなくそうの会」の共同代表を務める可児佳代さんは、5日に自民党の小泉進次郎・厚生労働部会長と面会し、職場の風疹予防体制の整備などを要望した。可児さんは「風疹は防げる病気。この流行を最後にしてほしい」と訴える。

風疹猛威、週100人増ペース…「空白の世代」30~50代男性は予防接種を はコメントを受け付けていません。


風疹患者 男性は女性の4.5倍 「ワクチン接種を」

風疹の患者数は、先月28日までの1週間に新たに170人報告され、ことしこれまでの患者は1692人に上りました。1週間の患者数が100人を超えたのは8週連続で、国立感染症研究所は妊娠した女性が感染したときに赤ちゃんに障害がでる「先天性風疹症候群」が増えるおそれがあるとして、女性は妊娠する前に2回のワクチンを接種することなどを呼びかけています。
風疹は発熱や発疹などの症状が出るウイルス性の感染症で、妊娠中の女性が感染すると生まれてくる赤ちゃんの目や耳、それに心臓などに障害がおきる「先天性風疹症候群」となるおそれがあります。

国立感染症研究所によりますと、先月28日までの1週間に全国の医療機関から報告された風疹の患者数は170人で、ことしこれまでの患者は1692人に上りました。1週間の患者が100人を超えるのは8週連続となったほか、前の週にあたる先月21日までの1週間の患者の数は、追加の報告などを受けて修正されて215人と、ことし初めて200人を超えていたということです。

都道府県別では
▽東京都が前の週から60人増えて589人、
▽千葉県が19人増えて269人、
▽神奈川県が24人増えて233人、
▽埼玉県が13人増えて110人、
▽愛知県が4人増えて88人、
▽大阪府が7人増えて56人などとなっていて、
首都圏の患者が全体のおよそ7割を占める一方で首都圏以外の地域でも患者の数が増えてきています。

男女別では、
▽女性の305人に対して、
▽男性は1387人と4.5倍多く、男性患者全体の8割を30代から50代が占めています。
また、女性では20代が最も多く、患者数は108人に上っています。

国立感染症研究所は、今後「先天性風疹症候群」が増えるおそれがあるとして、女性は妊娠する前に2回ワクチンを接種するほか、妊婦の家族など周りにいる人もワクチンの接種が重要だと呼びかけています。

風疹患者 男性は女性の4.5倍 「ワクチン接種を」 はコメントを受け付けていません。


団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp