[ カテゴリー:医療 ]

「2種同時」インフル猛威…1シーズン2回感染も

今年1月に過去20年で最多を更新したインフルエンザの患者数はようやく減少に転じたが、流行は依然続いている。A型の2種類が同時流行したことで感染者を増やしたとみられ、専門家は「今はA型の中でも高齢者が重症化しやすいA香港型が優勢になっており、流行のピークを越えても十分に警戒を」と呼びかけている。

「ひと冬にA型に2回かかることがあるんですか?」

長女(5)の感染を疑い、かかりつけ医を受診した大阪市内の女性(34)は4日夜、検査結果を聞いて耳を疑った。長女はつい1か月前にもインフルエンザの「A型」と診断されていたからだ。

女性は「可能性はあると聞いていたが、まさかわが家で起きるとは」と驚く。
診察した冨吉医院(同市阿倍野区)の冨吉泰夫院長は「あまりないケースのはずだが、今季は同様の患者がほかにもいる。1度かかった人も油断せず、人混みをなるべく避け、手洗いを徹底してほしい」と話す。

国内で流行するA型には二つのタイプがある。一つは2009年に新型として世界で大流行した「H1N1型」、もう一つは1968年以降、流行を続ける「A香港型」だ。このほかB型も2種類ある。

東北大の押谷仁教授(ウイルス学)は「今季はA型の二つが勢いよく広がっており、流行の規模を大きくしている」と分析する。

ここ数年でみると、2014~15年はA香港型、15~16年はH1N1型、16~17年はA香港型と交互に流行してきた。押谷教授は「前季流行した型は、多くの人が一定の免疫を得ているとされる。このため翌シーズンは別の型がはやり、同時流行は起きにくいと考えられてきた」と説明する。

その形が昨季(17~18年)は崩れ、A型2種類とB型1種類がほぼ均等に表れた。「詳しい原因は不明だが、昨季は典型的な流行パターンにならず、A型が2種類とも大きく広がらなかった。結果的に免疫を持つ人が少なくなり、今季の同時流行を招いたのではないか」と推測する。

【インフルエンザの患者数】  国立感染症研究所によると、全国約5000か所の定点医療機関から報告された1週間の患者数は、1月21~27日に1施設あたり57・09人となり、現行の調査が始まった1999年以降で最多を記録した。

直近1週間(1月28日~2月3日)は43・24人で、近畿や中四国では、徳島県(39・84人)や京都府(37・73人)、鳥取県(37・34人)などが高く、和歌山県(26・67人)を除く全ての府県で警報を出す基準値(30人)を超えている。

A香港型が主流に…高齢者は重症化恐れ、警戒を
注意すべき点は「2回感染」にとどまらない。現在、高齢者が重症化しやすいA香港型が主流になっているからだ。

今年に入り、兵庫県淡路市の養護老人ホーム「 北淡ほくだん 荘」で7人が死亡するなど、各地の高齢者施設で集団感染が相次いだ。専門家の間では「A香港型が原因では」との見方が強い。

実際に国立感染症研究所の統計でも、昨秋~昨年末はH1N1型が主流だったが、今年1月以降はA香港型の割合が高まり、H1N1型を逆転している。

同じA型でも、H1N1型のウイルスは過去にはやったAソ連型と性質が似ており、高齢者の多くが一定の免疫を持っている可能性がある。

一方、A香港型はより変異しやすく、感染して得た免疫が翌年以降は十分に働かないことも多い。変異のしやすさからH1N1型に比べてワクチンの効果を上げにくいことも、再感染や重症化につながる一因になっている。

インフルエンザ対策に詳しい「けいゆう病院」(横浜市)の菅谷憲夫医師は「A香港型の怖さを理解し、家庭や高齢者施設で発症者が出たら周囲の人に抗ウイルス薬の予防投与を検討するなど、引き続き緊張感を持って対応してほしい」と警鐘を鳴らす。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190212-OYTET50005/

「2種同時」インフル猛威…1シーズン2回感染も はコメントを受け付けていません。


初診料60円上げ、10月から

厚生労働省は6日、今年10月に予定されている消費税率10%への引き上げに伴い、医療機関に支払われる初診料(現在2820円)を60円、再診料(同720円)を10円それぞれ引き上げることを決めた。同日開かれた中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に示し、大筋で了承された。引き上げにより、10月以降は患者の窓口負担が増える。3割負担の患者の場合、初診料が18円増の864円、再診料は3円増の219円となる。入院基本料なども引き上げられる。保険医療機関の医療費は非課税となっており、医療機器などを仕入れる際に負担する消費税を医療費に転嫁できない。このため、診療報酬を増額して補充する。2014年に消費税率が8%に引き上げられた際は、医療機関に支払われる初診料は120円、再診料は30円それぞれ引き上げられた
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190207-OYTET50005/

初診料60円上げ、10月から はコメントを受け付けていません。


ファイザー、76万4千錠回収 発がん可能性物質が混入

製薬大手ファイザーは8日、高血圧症治療剤に発がんの可能性がある物質が含まれているとして、約76万4千錠を自主回収すると発表した。これまでに健康被害の報告はないとしている。服用中止による症状悪化のリスクがあるため、医療機関と相談した上で対応を決めてほしいと呼びかけている。

 回収対象となるのはアムバロ配合錠「ファイザー」のうち、昨年12月3日から今年1月23日までに出荷された薬品の一部。使用期限は2021年4月か7月となっている。医療用医薬品で、一般の人は医師の処方がなくては購入できない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000092-kyodonews-soci

ファイザー、76万4千錠回収 発がん可能性物質が混入 はコメントを受け付けていません。


声のかすれは重大病のサイン?

重大病の可能性…声の“しわがれ”や“かすれ”は危険なサイン

声、かすれてますよ――。そんな指摘を周囲から度々受けるようになったら、耳鼻咽喉科を受診した方がいい。思いもしない重大病のサインの可能性があるのだ。

「声の変化で病気が見つかることは、“声”を専門にしている医療機関では、珍しいことではありません」

 こう言うのは、「フケ声がいやなら『声筋』を鍛えなさい」の著書がある国際医療福祉大学東京ボイスセンターセンター長の渡邊雄介医師だ。

 普段とは違うかすれ声、しわがれ声、弱々しい声などを「嗄声」と呼ぶ。加齢や声の出し過ぎ、歌い過ぎ、喫煙や飲酒などでも嗄声は起こる。また、風邪をひいたり、乾燥が続いていたりしても、声が変化する。

「しかしこれらは、一時的なものです。たとえば今の季節は乾燥しているため、日常的に声がかすれ気味になりやすいですが、お風呂など湿度の高いところにいれば、自然と声が普通にもどっていきます。怖いのは、継続する嗄声です」(渡邊医師=以下同)

 メーカーの営業職で都内在住のAさん(50代)は、ヘビースモーカーであり、仕事柄、夜遅くまでの深酒が習慣化していた。体調が悪くても、「酒か睡眠不足が原因だろう」と考えていた。

 ある頃から、声がかすれ始めた。そのうち、食事が喉につっかえるようになってきた。耳鼻咽喉科を受診すると、食道がんが見つかった。

「まさに食道がんは、嗄声が自覚症状のひとつ。それだけではありません。下咽頭がん及び喉頭がん、肺がん、甲状腺がん、進行した乳がんなどさまざまながんが声の変化と関係しています」

 下咽頭がん及び喉頭がんは、硬いがんが軟らかい声帯部分にできることで、声帯の働きが妨げられ、嗄声となる。一方、食道がん、肺がん、甲状腺がん、進行した乳がんなど声帯と無関係のように思えるがんによる嗄声は、声帯を動かしている神経、反回神経が障害されていることが原因だ。

「反回神経は脳から喉に向かって下行し、喉を素通りして大動脈弓や鎖骨下動脈へと向かい、反回して上行し、声帯へ到着します。この反回神経が接するところには、食道、肺、甲状腺、乳房があり、これらの部位にがんができると反回神経が障害されるのです」

■大動脈瘤の2割は声の変化で発見

 同様の理由で、反回神経に隣接する大動脈に瘤ができる大動脈瘤も、声の変化が表れる。瘤が破裂すると高率で死に至る大動脈瘤は、2割が声の変化で発見されるともいわれている。

「発症して早期で嗄声になるか、進行してからかは、病気の種類やがんの位置によって異なります。ただはっきりと言えるのは、声の変化を甘く見てはいけないということです」

 近年、日本では性感染症の梅毒が増加傾向にある。国立感染症研究所が11日に発表した内容によると、2018年の患者数速報値は6923人で、前年より約1100人増え、48年ぶりに6000人を超えた。

「梅毒へ感染すると大動脈瘤のリスクが高まる。そして大動脈瘤が大きくなると反回神経に影響して声がかすれる」

 声の出し過ぎも嗄声の原因になると前述した。ところが、声を出さないでいることによる嗄声もある。

「機械を使わなければサビるのと同じイメージです。声の酷使か、あるいは使わないことが問題かを正しく見極めて、後者であれば、声を専門とする言語聴覚士の指導のもと、正しい声の出し方を身に付けなくてはなりません」

 声の変化は、耳に聞こえるからこそチェックしやすい。聞き落とさないようにしよう。

声のかすれは重大病のサイン? はコメントを受け付けていません。


声のかすれは重大病のサイン?

重大病の可能性…声の“しわがれ”や“かすれ”は危険なサイン

声、かすれてますよ――。そんな指摘を周囲から度々受けるようになったら、耳鼻咽喉科を受診した方がいい。思いもしない重大病のサインの可能性があるのだ。

「声の変化で病気が見つかることは、“声”を専門にしている医療機関では、珍しいことではありません」

 こう言うのは、「フケ声がいやなら『声筋』を鍛えなさい」の著書がある国際医療福祉大学東京ボイスセンターセンター長の渡邊雄介医師だ。

 普段とは違うかすれ声、しわがれ声、弱々しい声などを「嗄声」と呼ぶ。加齢や声の出し過ぎ、歌い過ぎ、喫煙や飲酒などでも嗄声は起こる。また、風邪をひいたり、乾燥が続いていたりしても、声が変化する。

「しかしこれらは、一時的なものです。たとえば今の季節は乾燥しているため、日常的に声がかすれ気味になりやすいですが、お風呂など湿度の高いところにいれば、自然と声が普通にもどっていきます。怖いのは、継続する嗄声です」(渡邊医師=以下同)

 メーカーの営業職で都内在住のAさん(50代)は、ヘビースモーカーであり、仕事柄、夜遅くまでの深酒が習慣化していた。体調が悪くても、「酒か睡眠不足が原因だろう」と考えていた。

 ある頃から、声がかすれ始めた。そのうち、食事が喉につっかえるようになってきた。耳鼻咽喉科を受診すると、食道がんが見つかった。

「まさに食道がんは、嗄声が自覚症状のひとつ。それだけではありません。下咽頭がん及び喉頭がん、肺がん、甲状腺がん、進行した乳がんなどさまざまながんが声の変化と関係しています」

 下咽頭がん及び喉頭がんは、硬いがんが軟らかい声帯部分にできることで、声帯の働きが妨げられ、嗄声となる。一方、食道がん、肺がん、甲状腺がん、進行した乳がんなど声帯と無関係のように思えるがんによる嗄声は、声帯を動かしている神経、反回神経が障害されていることが原因だ。

「反回神経は脳から喉に向かって下行し、喉を素通りして大動脈弓や鎖骨下動脈へと向かい、反回して上行し、声帯へ到着します。この反回神経が接するところには、食道、肺、甲状腺、乳房があり、これらの部位にがんができると反回神経が障害されるのです」

■大動脈瘤の2割は声の変化で発見

 同様の理由で、反回神経に隣接する大動脈に瘤ができる大動脈瘤も、声の変化が表れる。瘤が破裂すると高率で死に至る大動脈瘤は、2割が声の変化で発見されるともいわれている。

「発症して早期で嗄声になるか、進行してからかは、病気の種類やがんの位置によって異なります。ただはっきりと言えるのは、声の変化を甘く見てはいけないということです」

 近年、日本では性感染症の梅毒が増加傾向にある。国立感染症研究所が11日に発表した内容によると、2018年の患者数速報値は6923人で、前年より約1100人増え、48年ぶりに6000人を超えた。

「梅毒へ感染すると大動脈瘤のリスクが高まる。そして大動脈瘤が大きくなると反回神経に影響して声がかすれる」

 声の出し過ぎも嗄声の原因になると前述した。ところが、声を出さないでいることによる嗄声もある。

「機械を使わなければサビるのと同じイメージです。声の酷使か、あるいは使わないことが問題かを正しく見極めて、後者であれば、声を専門とする言語聴覚士の指導のもと、正しい声の出し方を身に付けなくてはなりません」

 声の変化は、耳に聞こえるからこそチェックしやすい。聞き落とさないようにしよう。

声のかすれは重大病のサイン? はコメントを受け付けていません。


風俗通いで失明!?急増する梅毒と合併症の恐怖 眼科医が解説

「最近目が見えにくくなってきたなあ」。そう思い眼科に行くと、目に炎症がおきていると言われたあなた。原因不明なので精密検査をすすめられるも、忙しさにまかせてそのまま様子をみていたら完全に見えなくなってしまった。

 これを聞いてみなさんはどんな病気を考えますか?もしも事前に「性風俗に行っていた」という情報があれば、早く診断がついたかもしれません。今回は最近急増傾向にあり、失明することもある梅毒にまつわる目の病気のお話です。

 梅毒が目に出てくると最初はまぶしさ・飛蚊症・視野障害・視力低下など、炎症による症状が出てきます。最終的に視神経が萎縮すると失明に近い状態となり、治療で回復することは難しくなります。しかし私たち医者は視神経をみてすぐに梅毒が原因と特定することはできません。視神経萎縮は様々な原因でおこってくるからです。

 梅毒は性病のひとつなので、「性風俗」との関係が深いと言われています。日常的に風俗に利用していない方だと「自分は関係ない」と思ってしまうかもしれませんが、それは大間違い。梅毒はHIVなど他の性病と比べて非常に感染力が強く、たった1回の性交でも15~30%が感染するといわれているからです。

 梅毒は初診で診断をつけるのが難しい病気で、最近は診療経験のない医師も増えています。代表的な症状は湿疹・リンパ節腫脹にはじまり、進行すると臓器のゴム腫・中枢神経症状・大動脈瘤など深刻な全身症状が出現するとされています。視力低下、頭痛、関節炎、腎炎など多彩な症状をきたす一方で、症状が全くない時期もあるため「偽装の達人」と呼ばれるほど診断が難しい病気なのです。

 梅毒は性感染症ですが、ペニシリンが発見され治療可能な病気となりました。しかし1度は減少した梅毒はその後増加傾向で、国立感染症研究所は2018年に入ってからの梅毒患者報告数が2018年11月4日時点で5811人となり、昨年の値を上回ったと発表しました。20~40代男性に最も多くここ5年で4倍に増加しており、特に20代女性は5年で14倍と急増しています。梅毒は昔の病気ではなく、今まさに増加傾向の感染症なのです。

 最近は他の病気で抗菌薬が多用される傾向があり、梅毒に対する治療が不十分なまま症状がほとんど出ない無症候性梅毒が増えています。しかし症状がない期間も感染力はあり、適切な治療がされないまま時間がたつと神経梅毒へ進展し視神経障害を起こすのです。

 では私たちはなにに気をつければ良いのでしょうか。予防には「不特定多数の人との性行為を避けること、性行為の際は最初からコンドームをつけること」がいいと言われていますが、それは感染リスクを減らせるだけです。

 予防はもちろん大切ですが、感染が心配なときは検査を受けることが何より重要。簡単な血液検査で調べることができますので、不安がある方はぜひ検査をうけてください。陽性だったら確実に治療し、他人にうつさないようにすることが肝心。梅毒は何回でも感染しますので、パートナーがいるなら一緒に治療しなければまたすぐに感染してしまいます。

 医者も患者も「梅毒は過去の病気」「自分には関係ない」という認識を捨てて、梅毒の拡大を防ぐ必要があります。特に視神経萎縮は1度起こってしまうと回復は困難です。思い当たることがある方は受診のおりに、必ず伝えることをお忘れなく!

 ◆窪谷日奈子(くぼたに・ひなこ)医療法人社団吉徳会・あさぎり病院・眼科医長。眼科専門医。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000089-dal-hlth

風俗通いで失明!?急増する梅毒と合併症の恐怖 眼科医が解説 はコメントを受け付けていません。


風俗通いで失明!?急増する梅毒と合併症の恐怖 眼科医が解説

「最近目が見えにくくなってきたなあ」。そう思い眼科に行くと、目に炎症がおきていると言われたあなた。原因不明なので精密検査をすすめられるも、忙しさにまかせてそのまま様子をみていたら完全に見えなくなってしまった。

 これを聞いてみなさんはどんな病気を考えますか?もしも事前に「性風俗に行っていた」という情報があれば、早く診断がついたかもしれません。今回は最近急増傾向にあり、失明することもある梅毒にまつわる目の病気のお話です。

 梅毒が目に出てくると最初はまぶしさ・飛蚊症・視野障害・視力低下など、炎症による症状が出てきます。最終的に視神経が萎縮すると失明に近い状態となり、治療で回復することは難しくなります。しかし私たち医者は視神経をみてすぐに梅毒が原因と特定することはできません。視神経萎縮は様々な原因でおこってくるからです。

 梅毒は性病のひとつなので、「性風俗」との関係が深いと言われています。日常的に風俗に利用していない方だと「自分は関係ない」と思ってしまうかもしれませんが、それは大間違い。梅毒はHIVなど他の性病と比べて非常に感染力が強く、たった1回の性交でも15~30%が感染するといわれているからです。

 梅毒は初診で診断をつけるのが難しい病気で、最近は診療経験のない医師も増えています。代表的な症状は湿疹・リンパ節腫脹にはじまり、進行すると臓器のゴム腫・中枢神経症状・大動脈瘤など深刻な全身症状が出現するとされています。視力低下、頭痛、関節炎、腎炎など多彩な症状をきたす一方で、症状が全くない時期もあるため「偽装の達人」と呼ばれるほど診断が難しい病気なのです。

 梅毒は性感染症ですが、ペニシリンが発見され治療可能な病気となりました。しかし1度は減少した梅毒はその後増加傾向で、国立感染症研究所は2018年に入ってからの梅毒患者報告数が2018年11月4日時点で5811人となり、昨年の値を上回ったと発表しました。20~40代男性に最も多くここ5年で4倍に増加しており、特に20代女性は5年で14倍と急増しています。梅毒は昔の病気ではなく、今まさに増加傾向の感染症なのです。

 最近は他の病気で抗菌薬が多用される傾向があり、梅毒に対する治療が不十分なまま症状がほとんど出ない無症候性梅毒が増えています。しかし症状がない期間も感染力はあり、適切な治療がされないまま時間がたつと神経梅毒へ進展し視神経障害を起こすのです。

 では私たちはなにに気をつければ良いのでしょうか。予防には「不特定多数の人との性行為を避けること、性行為の際は最初からコンドームをつけること」がいいと言われていますが、それは感染リスクを減らせるだけです。

 予防はもちろん大切ですが、感染が心配なときは検査を受けることが何より重要。簡単な血液検査で調べることができますので、不安がある方はぜひ検査をうけてください。陽性だったら確実に治療し、他人にうつさないようにすることが肝心。梅毒は何回でも感染しますので、パートナーがいるなら一緒に治療しなければまたすぐに感染してしまいます。

 医者も患者も「梅毒は過去の病気」「自分には関係ない」という認識を捨てて、梅毒の拡大を防ぐ必要があります。特に視神経萎縮は1度起こってしまうと回復は困難です。思い当たることがある方は受診のおりに、必ず伝えることをお忘れなく!

 ◆窪谷日奈子(くぼたに・ひなこ)医療法人社団吉徳会・あさぎり病院・眼科医長。眼科専門医。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000089-dal-hlth

風俗通いで失明!?急増する梅毒と合併症の恐怖 眼科医が解説 はコメントを受け付けていません。


インフル患者222万人、1999年度以降で最多 全都道府県で警報レベル

厚生労働省は1日、全国約5000の定点医療機関から報告されたインフルエンザの患者数が、1月21~27日の1週間で1医療機関当たり57.09人になったと発表した。前週(53.91人)から増加し、現在の方法で統計が始まった1999年度以降で最多となった。この1週間で受診した患者数は約222万6000人と推計される。

 都道府県別では、多い順に▽埼玉84.09人▽新潟77.70人▽千葉73.00人▽宮城69.81人▽神奈川67.94人。東京(64.18人)と大阪(47.99人)を含む31都道府県で前週より患者数が増えた。全ての都道府県で、流行の警報レベルを超えている。

 根本匠厚労相は同日の閣議後記者会見で「外出後の手洗いや、せきエチケットなどの予防策に努めてほしい」と呼びかけた。【熊谷豪】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000036-mai-soci

インフル患者222万人、1999年度以降で最多 全都道府県で警報レベル はコメントを受け付けていません。


インフル患者222万人、1999年度以降で最多 全都道府県で警報レベル

厚生労働省は1日、全国約5000の定点医療機関から報告されたインフルエンザの患者数が、1月21~27日の1週間で1医療機関当たり57.09人になったと発表した。前週(53.91人)から増加し、現在の方法で統計が始まった1999年度以降で最多となった。この1週間で受診した患者数は約222万6000人と推計される。

 都道府県別では、多い順に▽埼玉84.09人▽新潟77.70人▽千葉73.00人▽宮城69.81人▽神奈川67.94人。東京(64.18人)と大阪(47.99人)を含む31都道府県で前週より患者数が増えた。全ての都道府県で、流行の警報レベルを超えている。

 根本匠厚労相は同日の閣議後記者会見で「外出後の手洗いや、せきエチケットなどの予防策に努めてほしい」と呼びかけた。【熊谷豪】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000036-mai-soci

インフル患者222万人、1999年度以降で最多 全都道府県で警報レベル はコメントを受け付けていません。


ぜんそく原因「PM2・5」地下鉄で高濃度…地上の5倍、ブレーキ時に発生か

ぜんそくなどの原因となる微小粒子状物質(PM2・5)の濃度を地下鉄の駅構内で調べたところ、地上に比べて最大で5倍だったとの調査結果を、慶応大などの研究チームがまとめた。地下鉄が駅に停車する際のブレーキなどで金属の微小粒子が発生した可能性があるといい、日本の専門誌「大気環境学会誌」に論文が掲載された。
 奥田知明・慶大准教授(環境化学)らの研究チームは昨年7月、横浜市内の地下鉄駅構内に測定機器を置き、午前5時から午後8時までのPM2・5濃度の変化を調べた。その結果、濃度は始発電車が到着した頃から上がり始め、午前8~10時頃の通勤時間帯には大気1立方メートルあたり100マイクロ・グラムを超えた。同じ時間帯に屋外で測った濃度の約5倍だった。
 粒子の成分を詳しく分析したところ、鉄の濃度が屋外の約230倍だったほか、チタンや銅、亜鉛などの金属類の濃度が高い傾向にあった。研究チームは、ブレーキや車輪とレールの摩擦によって鉄などの微小粒子が発生したとみている。奥田准教授は「他の駅でも濃度が高い可能性があり、調査の規模を広げる必要がある」と話す。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190116-OYTET50008/

ぜんそく原因「PM2・5」地下鉄で高濃度…地上の5倍、ブレーキ時に発生か はコメントを受け付けていません。


団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp