[ カテゴリー:医療 ]

小千谷市感染者1人目(県内28例目)の行動歴など

※本情報提供は、感染症の予防啓発のために行うものです。

3月24日に確認された市内感染者1人目(県内28例目)の行動歴について

○ 患者の概要
1 年 代:50 歳代
2 性 別:男性
3 国 籍:日本
4 職 業:自営業
5 居住地:長岡保健所管内(小千谷市)
6 症状、経過
 3月16日 発熱、倦怠感あり
 3月23日 症状改善せず、長岡保健所の帰国者・接触者相談センターに連絡
  同センターが帰国者・接触者外来への受診を調整し、受診
 3月24日 保健環境科学研究所における検査の結果、陽性が判明
7 行動歴
 3月6日~3月11日 フィリピンへの渡航歴あり
 その他行動歴は現在調査中
8 濃厚接触者について
 現在調査中


新潟県HP
https://www.pref.niigata.lg.jp/uploaded/attachment/209927.pdf

小千谷市感染者1人目(県内28例目)の行動歴など はコメントを受け付けていません。


新型コロナウィルス相談窓口(小千谷市)

【相談窓口】
・感染が疑われる方(帰国者・接触者相談センター
一般相談窓口
・上記以外の方(新潟県コロナウィルス感染症コールセンター

■相談、受診の前に心がけていただきたいこと
・発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み、外出を控えましょう。
・発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定し記録しましょう。

■症状の目安
・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければいけない時を含みます。)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

くわしくは↓
https://www.city.ojiya.niigata.jp/soshiki/kenko/korona-soudan.html#1-3

新型コロナウィルス相談窓口(小千谷市) はコメントを受け付けていません。


新潟県コロナウイルス感染症コールセンター

新潟県コロナウイルス感染症コールセンター

症状がない方やどこに相談したらよいか迷った方の相談を受ける窓口です。
ご自身の症状に不安がある方に対しては、症状に応じて地域の保健所の「帰国者・接触者相談センター」及び「一般相談窓口」で相談を受け付けています。
電話番号受付時間
新潟県防災局危機対策課025-282-1754
月曜日~金曜日(祝日除く)の午前8時30分~午後5時


新潟県コロナウイルス感染症コールセンター はコメントを受け付けていません。


新型コロナウィルス感染症についての一般相談窓口(小千谷市)

一般相談窓口

電話番号受付時間
長岡保健所0258-33-4932
  • 平日
    午前8時30分~午後5時15分
  • 土曜日・日曜日・祝日
    午前9時~午後5時
新潟県保健福祉部健康対策課025-280-5200
小千谷市健康・こどもプラザ あすえ~る0258-83-3640午前9時~午後5時


新型コロナウィルス感染症についての一般相談窓口(小千谷市) はコメントを受け付けていません。


新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた小千谷市長メッセージ(令和2年3月24日)

小千谷市民の皆様へ

3月24日、当市において初めてとなる新型コロナ
ウイルス感染者が確認されました。
現在、新潟県が行動歴や濃厚接触者等について
調査を実施しているところです。

市民の皆様には、新しい情報が得られ次第、迅速に
情報を提供してまいります。ぜひ落ち着いて、過剰
に心配することなく、引き続き、不要不急の外出を
お控えいただきたいと思います。

また、これまで通り咳エチケットや手洗いなど感染
症対策を徹底し、人ごみの多い場所は避けるなど、
健康維持に十分にご配慮いただきますようお願い申
し上げます。

市民の皆様には大変ご不便をおかけしますが、市内
での感染拡大防止に向け、全力で取り組んでまいり
ますので、皆様のご理解とご協力を切にお願い申し
上げます。

令和2年3月24日

小千谷市長 大塚昇一  

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた小千谷市長メッセージ(令和2年3月24日) はコメントを受け付けていません。


【新型コロナ】県内26例目(長岡市内1例目)の報告がありました。

3月21に県保健環境科学研究所の検査により確認され
た、新型コロナウイルス感染症患者(県内 26 例目)
についての続報についてお知らせします。

○ 患者の概要
1 年 代:30 歳代
2 性 別:男性
3 国 籍:日本
4 職 業:会社員
5 居住地:長岡保健所管内(長岡市)
6 症状、経過
 3月 15 日 悪寒、関節痛
 3月 17 日 38℃台の発熱あり A医療機関を受診
 3月 19 日 発熱・咳・下痢症状あり、A医療機関に電話で相談
  主治医が総合的に新型コロナウイルス感染症疑いと判断し、
  長岡保健所の帰国者・接触者相談センターに連絡
   同センターが帰国者・接触者外来への受診を調整
  B医療機関受診 インフルエンザ(-)
 3月 20 日 帰国者・接触者外来を受診、検体を採取
 3月 21 日 保健環境科学研究所における検査の結果、
        陽性が判明 長岡赤十字病院入院
7 行動歴
 3月 10 日~11 日 福岡に出張(1泊) ※マスク着用
 3月 11 日~12 日 福岡から東京に移動 ※マスク着用
 3月 15 日 東京に日帰りで出張 ※マスク着用
 3月 16 日~17 日 東京に出張(1泊) ※マスク着用
 3月 17 日 帰宅後は家族等他者と接しないよう別室で自宅療養
  17 日以降、会社を休んでいる。

8 現在把握している濃厚接触者について
  家族、職場、医療機関等を合わせて、18 名(18 名の検体を採取)

新潟県ホームページ
https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/kenko/corona0321.html


【新型コロナ】県内26例目(長岡市内1例目)の報告がありました。 はコメントを受け付けていません。


新型コロナウィルス感染症についての相談窓口(長岡市)

【相談窓口】

新型コロナウイルス感染症の疑いのある方の相談、症状・受診方法、予防対策等の市民相談窓口を設けます。
また、下記の症状や疑い例の定義に当てはまる方は、マスクを着用するなどの咳エチケットを確実に実施した上で、速やかに長岡保健所(帰国者・接触者相談センター)に相談をお願いします。センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。

■症状の目安:
・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
(解熱剤を飲み続けなければいけない時を含みます。)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
※なお、以下の方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
・高齢者
・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患のある方や透析を受けている方
・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
※妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに御相談ください。
※小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はないことから、目安どおりの対応をお願いします。

■疑い例の定義:
※(1)もしくは(2)、現時点の定義であり、今後変更可能性があります。

(1)発熱(37.5度以上)または呼吸器症状を有し、新型コロナウイルス感染症であることが確定したものと濃厚接触歴がある。
(2)下記のA・Bを満たすもの。
 A:発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状を有している。
 B:発症から2週間以内に、(ア)・(イ)のいずれかを満たす。
 (ア)下記の新型コロナウイルス感染症に関する流行地域への渡航または居住歴 がある。
 (イ)「下記の新型コロナウイルス感染症に関する流行地域への渡航または居住歴がある人」との濃厚接触歴(下記※1)がある。

■新型コロナウイルス感染症に関する流行地域
・中華人民共和国
 湖北省及び浙江省
・大韓民国
 大邱広域市、慶尚北道清道郡、慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡及び軍威郡
・イラン・イスラム共和国
 ギーラーン州、コム州、テヘラン州、アルボルズ州、イスファハン州、ガズヴィーン州、ゴレスタン州、セムナーン州、マーザンダラン州、マルキャズィ州及びロレスタン州
・イタリア共和国
 ヴェネト州、エミリア=ロマーニャ州、ピエモンテ州、マルケ州及びロンバルディア州
・サンマリノ共和国

■※1 濃厚接触とは、次の範囲に該当するものである。

・新型コロナウイルス感染症が疑われるものと同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があったもの
・適切な感染防護無しに新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を診察、看護若しくは介護していたもの
・新型コロナウイルス感染症が疑われるものの気道分泌液若しくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高いもの

感染症指定医療機関は患者発生時の入院に対応する医療機関です。問い合わせ等が多く入りますと通常の診療に支障をきたす場合がありますので、上記の症状や疑い例の定義に当てはまらない方におかれましては、咳エチケットを実施の上、かかりつけ医に相談・受診くださるようお願いします。


情報元:長岡市健康課HP
https://www.city.nagaoka.niigata.jp/fukushi/cate01/yobou/new-coronavirus.html#cons


新型コロナウィルス感染症についての相談窓口(長岡市) はコメントを受け付けていません。


新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた長岡市長メッセージ(令和2年3月21日)

長岡市民の皆様へ

3月21日、当市において初めてとなる新型コロナ
ウイルス感染者が確認されました。

現在、新潟県が行動歴や濃厚接触者等について
調査を実施しているところです。市民の皆様には、
新しい情報が得られ次第、迅速に情報を提供して
まいります。ぜひ落ち着いて、過剰に心配するこ
となく、引き続き、不要不急の外出をお控えいた
だきたいと思います。

換気が悪く、多くの人が密集し、近距離での会話
や発声が行われるという、専門家会議が示した3つ
の条件が同時に重なるような場を避ける行動をお願
いいたします。

また、これまでどおり、咳エチケットや手洗いなど
の感染予防と健康維持に十分にご配慮いただきます
ようお願い申し上げます。

市民生活と地域経済への影響を最小限に抑えること
も考慮しつつ、市民の健康と長岡の医療を守るため
に、市内での感染拡大防止に向け、全力で取り組ん
でまいります。

市民の皆様、関係者の皆様のご理解とご協力を切に
お願い申し上げます。

令和2年3月21日

長岡市長 磯田達伸



[情報元:長岡市秘書課]

新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた長岡市長メッセージ(令和2年3月21日) はコメントを受け付けていません。


長岡市内での新型コロナウイルス感染症発生を受けた対応について

【長岡市より】
21日、長岡市内に居住する方の新型コロナ
ウイルス感染症の症例が、新潟県から報告
されました。

長岡市では、これを受け、
21日午後3時30分に「長岡市新型コロナ
ウイルス感染症対策本部(本部長:市長)」
を設置しました。
会議では、感染拡大の防止を図るため、
すでに実施している対策に加え、本文下方に
記載のとおり応急的な対応を実施することと
しました。

現在、新潟県が行動歴や濃厚接触者等につい
て調査を実施しています。
今後、新潟県などの関係機関と連携しながら、
必要な対策を行うとともに、市民の皆さまへ
迅速かつ正確な情報提供に努めます。

[情報元:長岡市危機管理防災本部]

長岡市内での新型コロナウイルス感染症発生を受けた対応について はコメントを受け付けていません。


医師が教える「花粉症を悪化させる」NG習慣6つ

NG1:水道水で鼻を洗う

多くの人がやりがちなのが、この“水道水で鼻を洗う”という行為です。鼻洗浄は花粉症の症状緩和に有効ですが、水道水や自分で作った食塩水などで洗浄するのはNGなのだそう。...
多くの人がやりがちなのが、この“水道水で鼻を洗う”という行為です。鼻洗浄は花粉症の

NG2:鼻毛の切りすぎ

身だしなみに気をつかうことは大切ですが、鼻毛には空気中のホコリやゴミの吸い込みを防ぐ大切な働きがあります。鼻毛の量が少ないと花粉が鼻から入りやすくなってしまい、症状を悪化させてしまうこともあります。
花粉が気になる季節については、必要以上に鼻毛を切りすぎないように注意しましょう。特に男性で、鼻毛カットが習慣になっている人もいるので、妻から夫に切りすぎないように注意してあげてください。

NG3:入浴せずに寝る

花粉は衣類だけではなく、髪の毛にもたくさん付着します。外出して体や髪に花粉がついているにもかかわらず、入浴しないで寝てしまうと、寝具にたくさんの花粉が付着して、症状が悪化することがあります。
外から帰ったら、必ずお風呂に入る、またはシャワーを浴びるなどして、体や髪についた花粉をきれいに洗い流しましょう。また、帰った後はすぐに、うがい、手洗い、洗顔をして花粉を洗い流すことも忘れずに。

NG4:ウール素材の服を着る

ウール素材の服は綿素材に比べて、10倍も多くの花粉が付着します。外出するときは、花粉のつきやすいウール素材の服の着用は絶対にやめましょう。
ナイロン素材の服はツルツルしていて花粉がつきにくいので、花粉が気になる季節は、ナイロン素材のコートなどを着て外出するといいでしょう。最近では、花粉対策用の花粉のつきにくいコートなども売られていますので、それらを活用するのもいいと思います。
また、帰宅した際には、家の中に入る前に服についた花粉をしっかり払い落としてから室内に入るようにしてください。払い落としただけではすべての花粉を取り除くことができないので、すぐに部屋着など別の服に着替えることも大切です。

NG5:コンタクトレンズの使用

コンタクトレンズはとても花粉が付着しやすいため、花粉の多い時期に使用すると症状が悪化しやすくなります。また、コンタクトレンズをしたまま目をこすると、目が充血したり、手や指からの細菌が目に入り込んで感染症を引き起こすこともあります。
花粉の多い季節は、花粉から目を守る効果もあるメガネの着用がおすすめです。どうしてもコンタクトレンズをつけなくてはいけない場合は、コンタクトレンズの上からでも使える目薬を使用して、かゆみを抑えて目をかかないように注意しましょう。

NG6:飲酒・喫煙

アルコールは血管を拡張する作用があるため、鼻づまりや目の充血、かゆみ等の症状を起こしやすくなります。花粉症の症状が出ているときには、飲酒によってさらに症状が悪化してしまうので十分に注意しましょう。
また、タバコの煙も鼻の粘膜を刺激して鼻づまりを悪化させてしまうので、症状が出ているときは控えるようにします。タバコの煙はタバコを吸わない人にも影響を与えますので、家庭内に喫煙者がいる場合は、空気清浄機を利用するなどして、きれいな空気を保つように心がけましょう。

いかがでしたか? これらは実際に花粉症に悩むかたがやりがちなNG行為ばかりですので、たぶん皆さんの中にも「ゲッ、やっちゃってた!」という人もけっこういるのではないでしょうか。
これからはNG行為に気をつけて花粉症の症状を悪化させないようにし、まだしばらく続く花粉症のつら~い季節を上手に乗り切っていきましょう。
(ライター 土田奈々子)

医師が教える「花粉症を悪化させる」NG習慣6つ はコメントを受け付けていません。


団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp