[ カテゴリー:振り込め詐欺 ]

【フェニックス安全安心情報】敬老の日にプレゼントしませんか?

オレオレ詐欺や電話セールスなど不審な電話は、電話機能で防げます。特に、防犯機能付き電話機が有効です。是非、おじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントを。


○防犯機能付き電話機とは?
 警告メッセージ機能があります。→他の電話機にはありません!

未登録の電話番号には、「この通話は迷惑電話防止のために録音されます。」と相手に警告する機能があります。

○詐欺の犯人などは、声を録音されるのを嫌います。詐欺に遭わないために効果的です。

【フェニックス安全安心情報】敬老の日にプレゼントしませんか? はコメントを受け付けていません。


「新たな手口の架空請求詐欺」の発生(新潟県内では発生なし)

『総合消費料金に関する訴訟最終通知のお知らせ』 なる題材の封書が郵送されてきた  通知書内には「次の電話番号に電話して下さい」と書かれていた という新たな手口の架空請求詐欺の前兆事案が発生しました。 この様な架空請求詐欺の手口は、  誰にでも見える(読める)状態のはがきでの郵送という手口から  保護シール(左下部分をめくって内容を確認する)付のはがきでの郵送 という手口にバージョンアップし、さらに、今回は「はがき」から「封書」による郵送  封書の表には、朱色で「重要」との印影がある という手口にバージョンアップされました。 犯人は、電話してきた人に対して、金額によりコンビニエンスストアに行って、電子マネーギフト券を購 入して、裏の番号を教えろ(コンビニキャッシュ支払等も含む) 家に取りに行くので、お金をおろしておけなどという方法により、お金を騙し取ろうとする(受け取る)ものと思われ ます。 新潟県内での発生(相談)はありませんが、今後、新潟県での発生が懸念されます。

「新たな手口の架空請求詐欺」の発生(新潟県内では発生なし) はコメントを受け付けていません。


特婦欺掘防止推進員だより

低金利の融資は要注意!

県内では、 7月末現在で、7件・820万円 の融資保証金詐欺の被害が発生しています。
被害に選っている方は、男女問わず、 20代から70代の方で幅広い年齢層がだまされています。
だましの手段として、携帯電話への着信や会社・自宅へのFAX受信などがあります。
被害書に対し、 「即日融資」 「無担保」「低金利」などと言って、融資の話を持ち
かけ、保証金や手数料等を振り込ませようとします。
突然身に覚えのないFAXが送られてきたら詐欺を疑いましょう。

困ったらここに確認

日本貸金業協会
03-5了39-386l


[長岡警察署生活安全課]

特婦欺掘防止推進員だより はコメントを受け付けていません。


【フェニックス安全安心情報】オレオレ詐欺に注意!

例年、9月に入ると、「オレオレ詐欺」が増加する傾向があります。東京等では、息子や親族を装って「フルーツを送る」と電話をした後、現金をだまし取る新たなオレオレ詐欺の手口が発生しています。
○犯人の声やだましのテクニックを紹介します。
長岡市ホームページで紹介をしています。ご確認ください。
電話に出ないことが一番です。
・犯人は自分の声を残すことを嫌います。留守番電話を設定しましょう。
・高齢者の家族には、防犯機能付き電話機をプレゼントしましょう。
○家族の間で合言葉を決めましょう。
「オレ」「私」と電話がきたら、本当の家族か合言葉で確認しましょう。
こんなオレオレ詐欺に注意!
→長岡市ホームページ
犯人の声はこれだ!
→長岡市ホームページ
犯人のだましのテクニック
→長岡市ホームページ
防犯機能付き電話機の紹介
→長岡市ホームページ
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kurashi/cate15/bouhan-tel.html

【フェニックス安全安心情報】オレオレ詐欺に注意! はコメントを受け付けていません。


【フェニックス安全安心情報】こんな詐欺もあります。危険!

こんな詐欺もあります。危険!


孫や息子の名前をかたる「オレオレ詐欺」、身に覚えのない請求がハガキやメールで送られてくる「架空請求」、市職員をかたり医療費等を返還があると甘言する「還付金詐欺」、融資を受ける前に保証金の請求をする「融資保証金詐欺」の他にもこんな詐欺があります。

○身に覚えのない請求や「儲かる」というフレーズがあれば詐欺です。無視しましょう。

○無視することが不安なら、警察や家族に相談しましょう。

○在宅時でも留守番電話設定。

○おじいちゃん、おばあちゃんには防犯機能付き電話機をプレゼントしましょう。


こんな詐欺にも注意!
→長岡市ホームページ
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kurashi/cate15/sagi-caution.html 


犯人の声はこれだ!
→長岡市ホームページ

防犯機能付き電話機の紹介

→長岡市ホームページ



【フェニックス安全安心情報】こんな詐欺もあります。危険! はコメントを受け付けていません。


年金支給日は注意!

【フェニックス安全安心情報】8月15日(水)は年金支給日

[情報元:長岡市市民課防犯交通係]長岡市内に詐欺ハガキや詐欺メールが多く出回っています。
また、詐欺電話にも気を付けましょう。犯人は年金支給日に合わせて、あなたのお金を狙ってます。


○犯人に連絡したら思うツボです。無視しましょう。

○無視することが不安なら、警察や家族に相談しましょう。

○在宅時でも留守番電話設定。

○おじいちゃん、おばあちゃんには防犯機能付き電話機をプレゼントしましょう。


詐欺ハガキ・詐欺メールに注意!

→長岡市ホームページ

犯人の声はこれだ!
→長岡市ホームページ

最近のオレオレ詐欺の手口に注意!
→長岡市ホームページ

防犯機能付き電話機の紹介
→長岡市ホームページ
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kurashi/cate15/bouhan-tel.html

年金支給日は注意! はコメントを受け付けていません。


佐川急便を名乗るスパムが急増、SMSから偽サイトに誘導 自動でプリペイドカードを買わされるなどの被害も

佐川急便を名乗るスパムが急増、SMSから偽サイトに誘導 自動でプリペイドカードを買わされるなどの被害も

以前から被害が報告されていた、佐川急便の名を語ったスパムメールが急増しています。佐川急便の公式サイトでは7月19日より、「佐川急便を装った迷惑メールが届くというお問い合わせが急増しております」として再度注意喚起。26日には内閣サイバーセキュリティセンターからも注意が呼びかけられています。

佐川を名乗るSMS(ショートメール)には「配送物は下記よりご確認ください」「再配達ご希望でしたら、こちらから日時設定をお願い致します」といった文面と共に、偽サイトへのリンク(多くの場合「sagawa.○○」といったURL)がセットになっており、サイトにアクセスすると詐欺アプリ(マルウェア)のインストールを勧めてくる手口。偽サイトは本物の公式サイト同様に有名俳優の写真が使われており、一見しただけでは詐欺サイトだと分かりません。

アプリをインストールしてしまったという人からはスマホが自動で意図しない動作を始め、勝手にプリペイドカードを購入させられたり、スパムメールを大量に送信するようになったという被害が報告されています。

万が一アプリをインストールしてしまった場合は、フライトモードにする、電源を切るといった手段でスマホの動作をいったん止め、アプリの削除や携帯会社のサポートに相談するといった対応が必要になります。





佐川急便を名乗るスパムが急増、SMSから偽サイトに誘導 自動でプリペイドカードを買わされるなどの被害も はコメントを受け付けていません。


「消費生活相談センター」からの「訴訟告知確認書」ハガキは無視してください!

「『消費生活相談センター』と名乗る機関から、『訴訟告知確認書』というハガキが届いた。身に覚えがなく、怪しいので情報提供する」という相談が消費生活センター等に寄せられました。
 ハガキには、「貴方の利用されていた契約会社ないしは運営会社側から契約不履行による民事訴訟として、訴状が提出されました事をご通知致します」と記載されており、「裁判の取り下げ」「身に覚えがない場合」のいずれの場合でも、固定電話の問い合わせ先に連絡するように誘導しています。
 また、連絡がない場合は、「原告側の主張が全面的に受理され、執行官立ち合いのもと、給料及び不動産の差し押さえ対象となる事例がございます」などと脅して不安にさせる文言も記載されています。
 全国の自治体に設置された消費生活センター等はこのハガキの「消費生活相談センター」と一切、関係はありません。全国の消費生活センター等から「訴訟告知」の通知をすることはありませんので、ハガキが届いても絶対に連絡を取らないようにしてください。
 少しでも不安を感じたら、全国の自治体に設置された消費生活センター等(消費者ホットライン188(いやや))にご相談ください。
  1. ※「消費者ホットライン 局番なしの188(いやや)番」をご利用ください。お住まいの地域の市区町村や都道府県の消費生活センター等をご案内する全国共通の3桁の電話番号です。
  1. ※ハガキに記載されている機関の名称は、消費生活センターや国民生活センターを装ったり、法務省の名称を不正に使用したりするなど様々です。連絡をすると消費者にお金を支払わせようとしたり、消費者から個人情報を得ようとしたりしますので、このようなハガキは無視してください。

「消費生活相談センター」からの「訴訟告知確認書」ハガキは無視してください! はコメントを受け付けていません。


キャッシュカードを渡さないで!

新潟県内全域で特殊詐欺前兆電話が多発!(情報元:長岡警察署生活安全課)



自分のカードを他人に渡すなんて馬鹿げている...あなたはきっと、そう一笑に付すことでしょう。
そんなあなたも是非、次の事例をご覧になってみてください。
そもそも奇妙な点のあることに気が付いていただけるでしょうか?

これからお話しする事例は、新潟県内では長岡警察署管内で真っ先に被害を発生させた、「カード取り換え」という最新手口の実例です。

────────────
【事例】
まず家電量販店の店員を騙り「あなたのカードで買い物をしようとしている人がいる」や「あなたのカードが悪用されている」などの連絡が入ります。
その後、「全国銀行協会」等の金融機関職員を名乗る者から電話が掛かってきて「預金を守るため、キャッシュカードを預かりに行く」などと言われる。
そして、実際に訪ねてきた男にキャッシュカードを渡してしまい、現金を引き出される。
[情報元:長岡警察署生活安全課]
────────────

買い物の支払い時に使うカードは「クレジットカード」です。
ところが、電話を掛けてきた金融機関職員は「キャッシュカードを預かる」と言う。
ここには明らかな不整合があると思いませんか?
実は、これは、犯人グループの作戦なのです。

家人が話の不整合に気付くかどうか...これは、犯人グループにとって、詐欺の成否を占うリトマス試験紙なのです。

もしも、不整合に気が付いた素振りを少しでも見せれば、犯行の続行を諦める。
反対にその素振りを見せない場合は、次段階に移行する。
次段階で、家人をできるだけ不安がらせ、その中で「どうすればいいですか?」の一言を引き出せれば、それは既に家人が混乱状態に陥って判断力を失っているサイン。
以後は一気呵成にたたみ掛けます。

最初の電話からわずか1時間後に実際に訪問する金融機関職員役の男は、キャッシュカードを封印するなどと言って、家人の目の前で封筒の中に受け取ったキャッシュカードを入れ、さらに、綴じしろに割印を押すよう求めます。
すると、家人はほとんどの場合、印鑑を取りに家の奥へ行きます。その隙に封筒の中のカードを別のカードと取り替えるのです。

犯人は、印鑑を手に戻ってきた家人の目の前で綴じしろに割印を押し、「この封筒は、こちらから連絡あるまで決して開かないでください」などと促して手渡します。
カード入り封筒を家人の手に戻すことで信用させ、さらに、調査票用紙に記入を促します。そこに暗証番号を書き込ませるわけです。
封筒の中身のカードが入れ替えられているとは夢にも思わない家人は、手元にカードがあることで安心し、調査票に暗証番号を書き込みます。
これでキャッシュカードの詐取が完了です。
その時間はわずか2時間程度。
家族が帰宅した夕方は、時すでに遅し。
口座からは多額の現金が既に引き落とされてしまっています。

いかがでしたでしょうか?
あなたは、本当に「自分は決して騙されない」と笑っていられますか?
この手口では、対象は高齢者ばかりではなく、40代、50代も騙されています。

ご注意ください。

キャッシュカードを渡さないで! はコメントを受け付けていません。


警察官を名乗る詐欺電話が多発中!!

[内容]
本日、見附市内で警察官を名乗る詐欺電話が多発しています。
内容は、
「オレオレ詐欺の電話がかかってきたことはありませんか」
「あなたの個人情報が漏れていて、口座が狙われています」
などの内容です。

警察官が通帳やキャッシュカードを預かることはありません。
電話は在宅時でも留守電に設定し、不審な電話には出ないようにしましょう。

ご相談は警察相談ダイヤル「#9110」へ!

警察官を名乗る詐欺電話が多発中!! はコメントを受け付けていません。


団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp