[ カテゴリー:子ども ]

36%の若者がネットいじめ経験 ユニセフの世界調査

【ニューヨーク共同】国連児童基金(ユニセフ)などは4日付で、世界の若者の36%がインターネットを通じたいじめを経験し、19%がネットいじめにより学校を休んだ経験があるとの報告書を発表した。フォア事務局長は「若者の教育環境を改善するには、オンラインの環境も見る必要がある」と指摘した。

 サハラ砂漠以南のアフリカでも若者の34%がネットいじめの被害を受けた経験があり、39%は、いじめ目的でクラスメートの情報を共有する私的なオンライングループが学校コミュニティー内にあることを知っていると回答した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190904-00000036-kyodonews-int

コメントを受け付けておりません。

Facebook にシェア
[`tweetmeme` not found]

団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp