[ カテゴリー:子ども ]

夏休み明け 子の悩み受けとめて

夏休み明け 子供の異変に目をこらそう

夏休みが終わり、新学期の授業が始まる時期が来た。子供の様子に変化がないか。周囲の大人が目をこらしたい。

政府の自殺対策白書によると、過去10年では、8、9月に小中高生の自殺が多い。昨年の未成年者の自殺者は599人で、他の世代が 概 おおむね減少する中、前年比で6%ほど増えていた。

友達とうまくいかない。授業についていけない。集団生活が苦手だ――。そんな理由から、新学期で学校生活に戻ることに、不安を感じる子供もいるだろう。最悪の選択をさせないためには、悩みを受けとめることが欠かせない。

「だれにでもこころが苦しいときがある」「どんなに苦しくても、必ず終わりがある」。北九州市が作成した、子供向けの自殺予防ちらしのメッセージだ。浮かない顔の子供に、教員がこんな言葉をかけ、心をほぐしてほしい。

どうしても登校したくないと思う子にとっては、無理をせずに学校を休むのも一つの選択肢だ。

今月開設されたウェブサイトには、全国150か所以上の子供の居場所が紹介されている。9月中旬までは、フリースクールや食堂、外遊びを楽しめるプレーパークが無料や割安で利用出来る。関連施設が協力する初の試みという。

悩みを共有する仲間に出会えば、気持ちも楽になろう。子供たちが各施設で過ごす時間を通じて、元気を取り戻せるといい。

この5年間で、不登校の小中学生は急増した。背景の一つには、教育機会確保法が成立し、フリースクールなど、学校以外の学びの場が認知されたことがある。
https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/20190820-567-OYT1T50329.html

コメントを受け付けておりません。

Facebook にシェア
[`tweetmeme` not found]

団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp