[ カテゴリー:医療 ]

猛暑で発症増加?夏場の心筋梗塞

急性心筋梗塞は年間15万人発症し30%が死亡 男女で“危ない時間”は違う

【猛暑に気を付けたい病気】急性心筋梗塞

不眠不休で働く心臓に必要な血液を供給しているのが冠動脈。これが詰まるのが「心筋梗塞」で日本人の3大死因のひとつに数えられる。特に急性心筋梗塞(AMI)は年間約15万人が発症してそのうち30%が死亡している。このAMIは酷暑に増えるという。なぜか。

東邦大学名誉教授で平成横浜病院総合健診センター長の東丸貴信医師に聞いた。

「心筋梗塞の主な原因は、“高血圧症”“糖尿病”“脂質異常症”などにより冠動脈硬化が起こることです。喫煙もそのリスク要因で、約4万人の日本人を約11年間追跡した疫学調査によると、たばこを吸わない男性に比べて男性喫煙者の心筋梗塞のリスクは3.6倍、女性喫煙者のリスクは2.9倍で、1日に吸う本数が増えるほど、そのリスクは高まります」

心筋梗塞の症状は胸痛のほかに、冷や汗を伴う腹、肩、背中、喉、歯などの痛みやめまいなど。

一般に冬場に発症しやすいとされる。体外に熱を逃がさないよう血管を収縮させるため、血圧が上昇、動脈硬化がある部位にストレスがかかり、そこに血栓ができやすいからだ。

「逆に、血管が広がる夏は比較的心筋梗塞は起きないとされてきました。しかし、暑さに弱い人が増えて、猛暑が続くようになり、状況が変わりました。猛暑による脱水で、血液中の水分が減って血液が濃くなる。血液同士の摩擦で血小板が固まりやすくなり、これを核に赤血球や白血球がくっついてきて、血栓ができて、冠動脈を詰まらせるようになったのです」

猛暑におけるAMIの増加率についての正確なデータはほとんどないが、2017年の3万人の患者を対象とした米国調査研究によると、猛暑で10%の発症増加が認められたという。

「夏場の心筋梗塞では、リスクのある高齢者はもちろん、40代の若い人も注意が必要です。炎天下に運動をしていて、胸が急に苦しくなる人が増えています。明らかに脱水症がきっかけで起こってくるタイプの心筋梗塞です。だるさやめまいなど、熱中症症状だけを訴えるAMIの人もいる。熱中症と症状が似ていることも多く、より注意が必要なのです」

脱水で心筋梗塞が起きた場合、できる血栓が大きくなるため、症状が重くなる危険性があるとの指摘もある。

AMIには“魔の時間”がある。

AMIの発症時刻を調べた大阪の1252例、ハーバード大の3882例の調査研究では、一般的に朝(8〜12時)と夜(20〜24時)の2つのピークがみられ、日本では朝は女性と65歳以上、夜は男性と65歳未満、飲酒者、喫煙者、就業者が多かった。

7カ国でAMIを発症した2270症例を対象にした検証でも、四季のある国では夏の夜間に発症しやすい傾向だったという。

「こうした研究結果を踏まえると、喫煙者や高血圧症などの生活習慣病のある人は、夏の夜間は特にAMI発症リスクを頭に置いておく方がいいでしょう」まずは、就寝前にコップ1杯の水を飲むことから始めよう。https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/life/nikkangendai-564946.html

コメントを受け付けておりません。

Facebook にシェア
[`tweetmeme` not found]

団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp