[ カテゴリー:災害, 警報注意報 ]

台風13号も日本列島へ?再び異例のコースを取る可能性も

予報円は、ほぼ日本列島の中に収まる


台風13号は暴風域を伴う台風へと発達し、北上を続けています。
今後も海水温が28℃~29℃程度の暖かな海面上を発達しながら北上し、あさって月曜日に小笠原の東を通過したあと、火曜日頃には北緯30度ラインを越えて、伊豆諸島の南東の海上に進んでくる予想です。

水曜日~木曜日にかけて、予報円の真ん中を進むと、まさに首都圏直撃のコースもあり得そうですが、木曜日(5日先)の予報円の直径は1400キロで、本州付近をスッポリと包み込んでいる状況です。
今後の台風の進路は高気圧次第。
考えられる3つのシナリオは以下の通り。

高気圧がブロック?再び西進する異例のコースも?


高気圧と台風の関係(ウェザーマップ)
高気圧と台風の関係(ウェザーマップ)
高気圧と台風の関係(ウェザーマップ)
高気圧と台風の関係(ウェザーマップ)
高気圧と台風の関係(ウェザーマップ)
高気圧と台風の関係(ウェザーマップ)


A,太平洋高気圧が弱まれば東の海上へ

月曜日は日本の東海上で太平洋高気圧が弱まっているため、もしこのままの状況が続けば、台風はまっすぐに日本の東の海上を北上し、そのまま北日本の東へ抜けていくことになります。

B,高気圧が手をつなげば西寄りへ

高気圧が日本付近で手をつなぐように強まり、北日本方面に張り出せば、台風はここを突っ切って北上することは出来ません。
台風は西寄りに進んでいくことになります。

C,壁に阻まれ、西日本縦断。

さらに、日本の東側で高気圧の壁が出来れば、台風は更に西へ向かい、西日本へ進む可能性もあります。
このように太平洋高気圧のブロック次第では先日の台風12号と同様に日本付近を北方向ではなく、北西方向に進みます。

現時点ではB、あるいはCの可能性が高い。
いずれにしても来週の中頃には日本付近に大きく影響している可能性が高いと思われます。
今後の最新情報に十分ご注意下さい。

コメントを受け付けておりません。

Facebook にシェア
[`tweetmeme` not found]

団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp