[ カテゴリー:天体観測 ]

真夏のオリオン座

 

ペルセウス座流星群とは、スイフト・タットル彗星の軌道上にばらまかれた彗星のダストが地球に飛び込んできて「流れ星」として観測される現象です。

その飛び込んでくる方向がペルセウス座にあることから、「ペルセウス座流星群」と呼ばれています。

八方台の上には大勢の人がペルセウス座流星群を見るために集まっていました。

流星を見るには望遠鏡も双眼鏡も必要ありません。

強い光が当たらない、空の暗い場所で、楽な姿勢で夜空を見上げていればいいのです。

流星群が飛んでくるペルセウス座は日没と共に東の空に昇ってきて、夜明け頃に最も高くなります。

つまり、夜が更けるにつれて流れ星の数が増えていくのです。

今年は夜半頃に月が沈む好条件で、新潟県も連日好天に恵まれました。

八方台に集まって大勢の皆さんも、流れ星を堪能されたことと思います。

集まって方たちは夜明けとともに次々と山を下りて行きました。

本当なら夜明け前が一番流れ星が見れるのですが・・・

東の空にオリオン座が現れる頃、八方台の上には私しか残っていませんでした。

茜色に包まれ、真夏のオリオン座が消えていきました。

 

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

コメントする

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp