[ カテゴリー:事件 ]

患者虐待の元看護師に懲役10年判決 神戸地裁姫路支部

寝たきりの高齢入院患者の肋骨(ろっこつ)を折ったり目をボールペンで突いたりしたとして、傷害罪に問われた兵庫県佐用町の佐用共立病院の元看護師、羽室沙百理(はむろ・さおり)被告(27)の判決が25日、神戸地裁姫路支部であった。杉田友宏裁判長は、懲役10年(求刑懲役12年)を言い渡した。 羽室被告は2008年12月~09年1月、入院中の男女6人(70~90代)の胸を手で強く押して肋骨を折る重傷を負わせたほか、男性の入院患者(当時80)の右目をボールペンの先で突くなどして1週間のけがを負わせたとして起訴された。 検察側は「上司に叱られるなどして不満を抱き、十分な意思疎通ができない患者をいら立ち解消の道具にした」と主張。弁護側は執行猶予付きの判決を求めていた。羽室被告は昨年12月の被告人質問で「なかなか仕事での評価が得られなかった。『看護師としてこうありたい』という理想とのギャップがあり、いらいらしていた」と述べていた。 http://www.asahi.com/health/news/OSK201102250074.html
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

コメントする

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp