« 茨城県沖、有感地震が12回も…緊急地震速報は間に合わず | メイン | 愛知・高1殺害 遺体の口にタオル、騒がれないためか »

横浜市立中「裏サイト」7割超に存在/15校で深刻トラブルも

 横浜市立中学校の七割超に、いわゆる「学校裏サイト」が存在していることが、同市教育委員会の調査で分かった。「ウザイ」「キモイ」などの書き込みが原因でいじめや不登校など深刻な問題に発展した学校も十五校に上っていた。市教委は「子供たちはインターネットの負の部分に予想以上に巻き込まれている」と分析している。裏サイトに関する実態調査は全国でも珍しいという。

http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiimay0805103/ -神奈川新聞

 横浜市教委が七日公表した。調査は四月二十四日、全百四十五校で二〇〇七年度を対象に実施。自校の裏サイトの存在を確認した中学校は、全体の72%に当たる百五校に上った。

 深刻な問題に発展した例は、「なめんじゃないよ」と書き込まれた生徒が下級生を次々と呼び出し脅迫まがいに迫ったり、書き込みに怒った数人が他校に乗り込んだりするなど、県警に相談するまでに発展したものあった。書き込みが原因で仲良しグループのうち二人が不登校になった例も。生徒の顔写真を無断掲載していたケースも報告された。

 ほとんどの中学校でネットを定期的に巡回し閲覧していたが、三十一校で教職員が誹謗(ひぼう)中傷を受けていた。削除依頼をしたことで教職員が「○○教師死ね」「そんなにエライのか」などと書き込まれたケースも七校あった。

 こうした実態に市教委は「消えていくサイトもあり、すべてを把握できないのが現状。実際の被害はもっと多いだろう」と推測。調査結果を受け、生徒に対しては個人名を出さないなどプライバシーの尊重や相手への配慮を促す指導を強化する。教職員にもモラル研修を行うという。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://121.119.188.24/mt/mt-tb-jmjp.cgi/655

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

災害時要援護者支援システムのご案内 学校ホームページの運営・支援のご案内

上記リンクをクリックした先で買い物をしていただくと当NPOに数%の手数料が入り、団体の活動費として活用されます。是非ともご協力ください。

About

2008年05月08日 08:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「茨城県沖、有感地震が12回も…緊急地震速報は間に合わず」です。

次の投稿は「愛知・高1殺害 遺体の口にタオル、騒がれないためか」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35