飲む点滴!甘酒はアンチエイジングなノンアルコール菌活健康飲料

最近、コンビニなどでも目にすることが多くなった「甘酒」。なぜ?いま甘酒?…と不思議に感じていた人も多いのではないでしょうか。
甘酒って、実は体に良い働きをする「菌」たっぷりの健康飲料。おまけに、ノンアルコールで、美白やアンチエイジングにも抜群の効果あり。
さあ、今日から、あなたも甘酒で「菌活」生活を始めませんか!?

アルコール入っていないの?

甘酒はブドウ糖を多く含み、すぐにエネルギーになるので、身体の疲労回復に役立つと言われています。また、ビタミンB群も豊富に含まれているので、体力回復に優れています。その他、アミノ酸、葉酸、オリゴ糖、食物繊維、コウジ酸等、豊富な栄養が濃縮されていて、点滴の成分と非常に近いことから「飲む点滴」と言われるようになりました。

甘酒は、もとは神事のときの供物として作られてきましたが、桃の節句の白酒のかわりに飲まれたり、冬場に身体をあたためるために飲まれてきました。また、滋養強壮のために、江戸時代の庶民の間では手軽な栄養補給食品として夏に冷やして飲まれてきました。俳句においては、「甘酒」が意外にも夏の季語としても登場するのは、このためです。

さて、甘酒は、米麹を原料としたもの、酒粕を原料としたものの二種類がありますが、市販されているものの中には、それら両方を混ぜて作られているものもあります。

米麹を原料としたものは、米麹と米・水を混ぜて発酵させて作ります。
このタイプはノンアルコールですので、子どもでも飲むことができますし、また、やさしい甘さは麹由来のもので、基本的には砂糖を使用していないので、カロリーが気になる方にもおススメです。

発酵がすすみ十分に糖化されると、おかゆのようなペースト状になりますが、この状態のほうが好きだというドロドロ派と、甘みほのかで水っぽいほうが好きだというサラサラ派の二派に分かれます。あなたはどちら?

次に、酒粕を原料にしたもの。

酒粕を水に溶かして砂糖を加えて煮込んで作ります。酒粕にはそもそもアルコールが含まれていますが、作る過程で煮込むため、アルコール度数はかなり低くなっています。ただし、完全に飛んでしまっているわけではないので、アルコールに弱い人はご注意を。言うまでもなく、子どもも同様です。

また、このタイプは、砂糖を加えて作るため、カロリーが気になる方には不向きと言えば不向きですが、そもそもが100g当たり81kcalと低カロリーですので、ジュースのようにたくさん飲まなければ気にするほどのことではありません。

甘酒の栄養と効能は?

まず、米麹原料の甘酒と酒粕原料の甘酒の二種類の内、健康に効果的なのは前者の米麹から作られた甘酒のほうです。最近は、テレビで「甘酒ダイエット」が紹介され、その傾向に拍車が掛かりました。

甘酒の栄養成分はほぼ20%がブドウ糖で、ビタミンB群や食物繊維、腸内細菌のエサにもなるオリゴ糖が豊富です。

ブドウ糖は血糖値を上げて、満腹感を与えてくれるので、食前に飲めば、食べ過ぎの防止が期待できます。

それ以外にも、麹菌がアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、ペクチナーゼなど30種類以上の酵素を生成し、それらの酵素には、でんぷんをブドウ糖に、たんぱく質をアミノ酸に、脂肪を脂肪酸とグリセリンにそれぞれ効率的に分解して消化・吸収を助ける役割や、吸収された栄養分を効率よくエネルギーに変える働きがあります。

甘酒に多く含まれるビタミンB群は、肌の細胞を活性化させてターンオーバーを促し美肌に導きます。

また甘酒に含まれる必須アミノ酸には、筋肉を増強させるもの、精神の健康を保つもの、成長を促すもの、満腹中枢を司るもの、肌の乾燥を防ぐ効果など、さまざまな効果が期待でき、米麹に含まれるコウジ酸には、シミやくすみ・そばかすの原因にもなるメラニン生成を抑える働きがあり美白にも期待できます。さらにこの他にも、甘酒には腸内環境と整えるオリゴ糖や美白効果のある麹酸が多く含まれていることから、便秘の解消や美肌効果、ダイエット効果があります。

以上の通り、甘酒には、体の内部で合成できないが、なくてはならないものがたくさん含まれているため、体によい飲み物だということが分かっていただけたと思いますが、ただし、注意が一つ。

甘酒に含まれる麹菌や酵素などは高温に弱いため、市販品の高温殺菌しているものは、酵素による効能は期待できません。

市販品でも「生甘酒」と記載されているものを選べば、高温殺菌をしていないものを手に入れることができますので、購入の際にはその点に注意が必要ですが、実際に探してみるとなかなか見つからないことが多いです。一方、甘酒に使う米麹は市販されていて、スーパーなどでも簡単に見つけることができ、そして、温度管理さえきちんとすれば、自宅で甘酒を手作りすることは案外容易にできるので、高温殺菌されていない甘酒を探して、あちらの店からこちらの店と、あちこちハシゴして探し回るより、米麹を購入してきて自分で作るほうがよほど簡単ですので、おススメします。

自家製甘酒の作り方

甘酒を作るのは思ったよりもずっとカンタン!

おかゆを作って60℃に冷まし、そこへ買ってきた米麹を加えて6~8時間保温するだけです。
このとき、酵素は熱に弱いため、60℃以上になると死滅してしまうということです。

温度を「60℃」以上にしないということが最重要ポイントなのですが、長時間適温で保温するのため火加減を調節するのは大変なので、炊飯器などを使うとよいでしょう。

炊飯器で作る本格的米麹甘酒

炊飯器を使えば意外と簡単に甘酒が作れます!その製法をご紹介します。

1,炊飯器に米を入れ2合の水の線まで水を加え(分量外)、おかゆを炊きます

2,買ってきた米麹を、袋の上からさっと揉みほぐしておきます(お湯を最後に加えるのでざっとでOK)

3, 1が炊けたらスイッチOFFにしてかき混ぜます。そして、蓋を開けたまま10分放置、粗熱を取って(70℃)から、2を加えよく混ぜ合わすと55℃程になります。

4,鍋に300㏄の水を入れ沸騰させてから火を止めて、そこへ水200㏄を加えます(この時、お湯の温度は65℃くらいになります)

5, 3の炊飯器に4のお湯を加え混ぜ合わせる(57℃)

※Point:全部混ぜ合わせた時に55~60℃になるようにします!!

6,炊飯器の蓋を開けたまま布巾をかぶせ、

7,保温スイッチONにします。

ふたを開けたまま寝かせます。発酵しだすと一時温度が上昇しますが大丈夫です。

8, 3時間ほど経過すると少々甘みがでてきます。途中2,3度かき混ぜて、さらに保温を継続します。

9, 5時間程で甘みがしっかり出てきたら出来上がりです。

粒々が気になったり料理に使う場合はバーミキサー等で撹拌し滑らかにしてもOKです。

甘酒を保存するなら冷凍保存がおすすめ

保存方法としては、冷凍保存がおススメです。

冷蔵保存で1週間程度と言われています。日数が経過するにつれて褐変して甘酒がやや黄色くなってきます。

褐変は保存温度が高いと進行が速くなりますが、冷蔵保存していても徐々に褐変が進んでしまいますので、一週間程度で消費するようにしたほうがよいでしょう。

1,炊飯器で作った甘酒を保存袋に入れバットへ平らに置き冷凍します。
このようにしておくと、必要分パキパキ折って取り出せるので便利です。

2,一週間以上経過すると、麹菌が発酵し続けることによる酸味が出てきます。

発酵を止めたい場合や、より長く冷蔵保存したい場合は、保存袋に入れる前の温かい状態のうちに甘酒を鍋に入れ火にかけ、この時に混ぜながら沸騰はさせないことに注意しながら4、5分ほど温めると、麹菌が死滅するので発酵が止まります。

甘酒があまり甘くならない場合の対処法

適温(50~60℃)で保温することが麹を発酵させ「糖化」を進行させます。

今までより1,2時間長めに保温してみてください。

そして、一旦、保温のスイッチを切り、蓋をして一時間ほど放置します。すると、60℃程の内釜の温度では、50℃以下に下がります。たとえ、室温まで下がってしまうことがあっても、炊飯器のスイッチを保温にセットしてゆっくり糖化させると、甘みがぐんと増してくるはずです。一度お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です