厄年って何歳?厄払いはいつする?忘れた場合の風水とは?

厄年って何歳?厄払いはいつする?

厄年(やくどし)は厄災が降りかかるかもしれないとされる年齢のこと。平安時代には、文献にすでにその記述が確認されています。

昔から言い伝えられてきた風習の中には、既に廃れてしまっているものも多いが、「厄年」に関するものが未だ根強く信じられているのは、厄年になると体調を崩す人が多かったりなど、信じるに足る何かが私たちの周りに存在するからなのではないだろうか。

■そもそも厄年って何歳?

厄年一覧(日本国内の一般例)
 前厄  本厄  後厄

24歳 25歳 26歳
41歳 42歳 43歳
60歳 61歳 62歳

18歳 19歳 20歳
32歳 33歳 34歳
36歳 37歳 38歳

 

 

 

 

 

 

 

 

男性42歳、女性33歳が大厄

一般的に男性と女性の厄年は異なり、本厄は男性の場合は、数え年で25歳、42歳、61歳、女性の場合は19歳、33歳、37歳とされています。
特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれ、凶事や災難に遭う率が非常に高いので十分な警戒を要するとされています。

いずれの厄年にもその前後1年間に前厄・後厄の期間があり、本厄と同様に注意すべきとされます。
本厄の年に「厄祓い」・「厄除け」を行い、神仏の加護を受けて凶事や災難を未然に防ぐ慣習があります。

■厄払いは、いつする?

旧暦の年初は節分(立春の日)

厄年は通常、数え年で数えます。
数え年は、新暦の1月1日を年初として加算するという考え方もあれば、旧暦の年初すなわち節分(立春の日・2月4日)に加算するという考え方もあります。

前者の考え方の場合は、その年の1月1日から厄年になるため、
元旦1月1日に厄除け・厄祓い(厄払い)をしてもらうのがよいですし、後者の場合は、節分にしてもらうのがよいということになります。

一般的な厄除けの期間は、1月1日から節分までと考えられています。

「子どもの七五三は覚えていたんだけど、自分の厄年は、忙しくてうっかり忘れてしまった…働き盛りの人にはありがちなうっかりです。
厄年のことを忘れるほど、バリバリと忙しく働くことができている訳ですから、厄払いし忘れた程度のことは問題ないと言えば問題ないのかもしれませんが、それでも、どうしても気になるという方には、今からでも間に合う「風水カンタン厄除け」をご紹介します。

■厄払いを忘れてしまったら、どうする?

そもそも風水って?

風水は、気の流れを物の位置で制御する思想で、古代中国では都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきました。

世の中には、季節の巡り、血液の循環…同様に、目に見えない“気の流れ”というものが存在します。その気の流れを読み取り、操り、活用していくことで開運していきましょう。

それでは、風水カンタン厄除けをご紹介します。

風水カンタン厄除け

●「陰」の気を溜めない。
水気の多い所は「陰」の気が溜まりやすいと言われているので、まずはお風呂やトイレをよく掃除してピカピカきれいにしましょう。

●「盛り塩」
塩には「邪気を払って、その場の“気”を浄化する」という作用があるので、それを小皿に盛り付け、玄関や水まわり付近に置きます。
ただし、正しいやり方で行わねば、マイナスエネルギーや厄を払うことはできません。

まず、皿は直径5cmくらいの小皿であること。
陶器などの自然に近いものが望ましく、100円ショップやホームセンターで販売されているもので十分です。
お皿が用意できない場合は、正方形の無地の白い紙(半紙が望ましい)を敷いても結構です。

塩の盛り方は、円錐、三角錐、八角錐といろいろ。

円錐がもっとも一般的ですが、末広がりの「八」が入っているので縁起が良いとされ、八角錐型を好む方もいます。
また、神社などで執り行われる神事では三角錐型が使われるケースが多いことから、三角錐には霊的パワーが強いとも言われています。

三角錐や八角錐にすることを難しく感じるかもしれませんが、塩を錐状に盛るためのセットなどが売られているので、それを使えば簡単です。

●「赤」を使う

風水では「色」を重視します。

厄除けに効果のある色は「赤」です。
陽の気が大変強い色なので陰の気を焼き尽くすと言われています。

ただし、「最近、ツイてないなぁ」と感じている人は、既に厄を受けてしまっている恐れがありますので、その場合には浄化の効果のある「白」を使うとよいと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です