[ カテゴリー:ネット問題, 災害 ]

「窃盗グループが被災地に入っている」はデマ 広島県警が呼びかけ

またデマ「窃盗グループが被災地に入っている」 広島県警が呼びかけ


西日本で被害が拡大している「平成30年7月豪雨」。災害発生時はデマや曖昧な情報が出回る。広島県警は7月9日、「デマ情報に惑わされないで!」とTwitterで呼びかけた。
「デマ情報に惑わされないで!」広島県警が呼びかけ
9日頃からTwitterには、「レスキューの服を着た泥棒が大量にいる」「泥棒軍団の車両は倉敷ナンバー◯◯◯」などの情報が拡散されていた。

広島県警は9日、Twitter公式アカウントで「災害に乗じた盗難や詐欺にはくれぐれも注意してください。また、デマ情報に惑わされず、冷静な行動をお願いします」と呼びかけた。

また、広島県警が最新の犯罪に注意を呼びかける犯罪情報官速報では「現在、SNSなどで『レスキュー隊のような服を着た窃盗グループが被災地に入っている』『犯人が乗っている車は○○で、ナンバーは○○○○』などといった情報が拡散されていますが、警察では、そのような事実は把握していません」と拡散されている情報がデマであることも述べた。

ほか「冷静に行動するため」として以下4点を挙げている。

1.被災地を狙った盗難被害には十分に注意してください。
2.デマ情報(フェイクニュース)の可能性が疑われる場合は,情報の発信元を確認しましょう。
3.不確定な情報をSNSなどで拡散させないでください。
4.不確定な情報に惑わされることなく、冷静な行動に努めましょう。

コメントを受け付けておりません。

Facebook にシェア
[`tweetmeme` not found]

団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp