[ カテゴリー:気を付けよう!, 食の安全 ]

有毒植物の誤食に注意しましょう

例年、春の山菜シーズンに、有毒な野草などの植物を間違えて食べたこと
による食中毒が発生しています。
 新潟県では過去に、家庭菜園で野菜と有毒植物を誤って食べたことにより
死亡する事故も発生していますので、十分注意が必要です。

 食用植物と形が似ていて誤食しやすい有毒植物として、主に次のような
種類があります。

 ・食用のニラと有毒のスイセン
 ・食用のオオバギボウシ(ウルイ)と有毒のバイケイソウ
 ・食用のギョウジャニンニクと有毒のイヌサフラン

 この3組のほか、誤食しやすい植物について、画像をホームページ
「にいがた食の安全インフォメーション」の中で掲載していますので、ぜひ
ご活用ください。
 また、食用植物と有毒植物は同じ場所に生えていることがあるので、1本1本
よく確認して採取してください。

 有毒植物による食中毒を防ぐには、食用と正確に判断できない植物は絶対に
「採らない」「食べない」「人にあげない」ことを守りましょう。

毒草による食中毒の詳細はこちらから
http://www.fureaikan.net/syokuinfo/01consumer/con02/con02_03/con02_03_02.html

コメントを受け付けておりません。

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp