[ カテゴリー:生活, 食の安全 ]

7月~9月は腸管出血性大腸菌食中毒予防強化期間です

全国の食中毒統計によると、腸管出血性大腸菌による食中毒は夏に最も多く
発生しています。そのため、新潟県では7月から9月までを「腸管出血性大腸菌
食中毒予防強化期間」と位置づけ、食品関連事業者や消費者の皆さんへ予防啓発を
行っています。

 腸管出血性大腸菌は、加熱や消毒処理に弱いですが、少量の菌数でも感染、
発症する特徴があります。
 感染すると、3日から8日間の潜伏期間ののち、下痢や腹痛などの胃腸炎症状を
引き起こし、激しい腹痛や血便を伴うこともあります。

  新潟県内では、今年は腸管出血性大腸菌による食中毒は発生していませんが、
感染症と推定される腸管出血性大腸菌患者が発生しています。腸管出血性大腸菌に
よる食中毒の予防方法は、感染症対策にも有効ですので、ぜひ実践してください。

  予防のポイント
  ・食品を加熱する際は、中心部まで十分に加熱する。(75℃で1分間以上の
   加熱が目安)
  ・調理器具はしっかり洗浄、消毒したものを使用する。
  ・焼肉やバーベキューでは、生肉をつかむ箸やトングと食べる箸を区別する。
  ・野菜類は流水で十分に洗う。
  ・調理前や生肉を扱った後は、手をよく洗う。
  ・手洗いの際は、石けんで泡立てて、しっかりと流水で洗い流す。


腸管出血性大腸菌について詳しくはこちらから
http://www.fureaikan.net/syokuinfo/01consumer/con02/con02_02/con02_02_06.html

コメントを受け付けておりません。

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

団体理念  │  活動展開  │  団体構成  │  定款  │  プライバシーの考え方  │  セキュリティについて  │  事業  │  メディア掲載  │  関連サイト  │  お問い合わせ

copyright © JMJP HOT TOWN Infomaition Inc. All Rights Reserved.   NPO法人 住民安全ネットワークジャパン

〒940-0082 新潟県長岡市千歳1-3-85 長岡防災シビックコア内 ながおか市民防災センター2F TEL:0258-39-1656 FAX:020-4662-2013 Email:info@jmjp.jp