記事・続報詳細
2018年6月
◇台風5号
日時:18.06.08 13:49

概要:
  本日(8日) 午前3時ころ、台風5号が発生しました。

--- 第6報 ---
日時:18.06.12 11:11

12日3時ころ温帯低気圧に変わりました。

--- 第5報 ---
日時:18.06.10 13:29

【本州直撃の可能性低いが、太平洋側で局地的な強い雨の恐れ】

大型の台風5号は、10日(日)9時に「強い」勢力となり、南大東島の南南西約100kmを北北東に進んでいます。大東島地方が風速25m/s以上の暴風域に入りました。

台風は明日11日(月)朝には東海沖へ進み、午後に関東に最も近づいた後、明後日12日(火)にかけて日本の東海上に進み温帯低気圧に変わる予想となっています。

本州は台風直撃の可能性は低いものの、停滞する梅雨前線や、西から近づく寒気により、局地的に雨雲が発達。10日(日)から11日(月)にかけて、西日本や東日本の太平洋側で局地的な強い雨が降るおそれがあります。また、11日(月)以降は北日本でも雨が強まる所があるため、注意が必要です。

--- 第4報 ---
日時:18.06.10 13:09

【10日12時の実況】
大きさ:大型
強さ:強い
存在地域:南大東島付近
中心位置:北緯 25度35分(25.6度) 東経 131度20分(131.3度)
進行方向、速さ:北東 30km/h(15kt)
中心気圧:970hPa
中心付近の最大風速:35m/s(65kt)
最大瞬間風速:50m/s(95kt)
25m/s以上の暴風域:南東側 220km(120NM) 北西側 70km(40NM)
15m/s以上の強風域:南東側 750km(400NM) 北西側 300km(160NM)

--- 第3報 ---
日時:18.06.09 14:56

【09日12時の実況】
大きさ:大型
強さ-
存在地域:沖縄の南
中心位置:北緯 21度55分(21.9度)東経 127度25分(127.4度)
進行方向、速さ:北東 15km/h(9kt)
中心気圧:990hPa
中心付近の最大風速:23m/s(45kt)
最大瞬間風速:35m/s(65kt)
15m/s以上の強風域:南東側 750km(400NM)北西側 440km(240NM)

【台風5号の影響や注意期間】
10日(日)から11日(月)にかけては本州の南に延びる梅雨前線に
台風周辺の湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発化するでしょう。
特に、11日(月)は東海や関東を中心に活発な雨雲がかかり、梅雨入り早々大雨となる恐れがあります。
沿岸部を中心に風も強まり、横殴りの雨の所もあるでしょう。
12日(火)頃は台風周辺の湿った空気と別の低気圧の影響で、東北や北海道でも雨量が多くなる恐れがあります。

台風の予報円はまだやや大きく、進む速度にも幅があるような状況です。
台風の進路によって影響期間も変わってきますので、今後も最新の台風情報にご注意下さい。

--- 第2報 ---
日時:18.06.08 13:50

【08日12時の実況】
大きさ -
強さ -
存在地域:フィリピンの東
中心位置:北緯 18度10分(18.2度) 東経 126度55分(126.9度)
進行方向、速さ 北西:15km/h(8kt)
中心気圧:996hPa
最大風速:18m/s(35kt)
最大瞬間風速:25m/s(50kt)
15m/s以上の強風域:全域 440km(240NM)

--- 詳細 ---
9日(土)には沖縄の南に達し、その後は徐々に発達しながら東よりに進路を変え、11日(月)の朝には暴風域を伴って東海の沖に達する見込みです。
予報円の中心を通った場合、11日(月)の夜に関東の沖合(伊豆諸島の南)をやや離れて通過する予想ですが、本州の南海上に停滞している梅雨前線を刺激して日本海側にも大雨をもたらす恐れがあるため、台風が南の海上を離れて通ったとしても油断禁物です。

以上

[1]記事選択へ
トップページへ